「整わないダーク長谷部、ナーゲルスマン監督に負け惜しみを吐かせる勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 フランクフルト-ホッフェンハイム

スポンサードリンク

現在6位のフランクフルトは、勝ち点3差で8位に付けているホッフェンハイムとの対戦。ホッフェンハイムは序盤こそ出遅れたが、ここに来て5試合負け無しと好調、ヨーロッパリーグ争いにおいて絶対にホームで負けられないところ。

フランクフルトは前の試合に続いて長谷部がアンカーに位置した3-1-4-2で、前線はレビッチとハラーの2トップにガチノヴィッチとローデがインサイドハーフに入る形。対するホッフェンハイムは一応並び的には3-4-2-1のフォーメーションだが、流動的に最終ラインの数が変化して4バックのようにもなるナーゲルスマン監督らしい戦術。

試合は、長谷部がDFラインにいない分、フランクフルトの3バックがいつもよりやや低めで、ホームの割にはイーブンな展開だなと思ったら、19分にPAやや右でFKをゲットすると、レビッチのキックが壁に当たってゴールイン、フランクフルトがワンチャンスで先制する。

その後はホッフェンハイムが高い位置からプレスをかけてボールを奪うと素早く前に展開する攻撃の前に、フランクフルトの守備は後手に回って何とかPA付近でタックルで防いだりと、長谷部もDFラインに吸収されてギリギリの対応を迫られる。

途中の前半37分でホッフェンハイムのデミルバイが怪我で退場するが、交代で入ったサライとベルフォディルが2トップになった4-4-2のような形に目まぐるしくフォーメーションを変更する。

すると前半43分に、ホッフェンハイムは右サイドでブレネトがオーバーラップ、交代で入っていたサライにはマークが付いていたがヒールで流され、裏にいたベルフォディルに押し込まれてフランクフルトは同点に追いつかれる。

後半もホッフェンハイムがそのままボールを支配、9分には長谷部が倒れた後にバイタルに攻め込まれクロスバーに当たる強烈なシュートを食らい、その後のセットプレイからのシュートもGKトラップがしっかりキャッチする。

しかし後半15分、ホッフェンハイムはカウンターからアダムスが大きなサイドチェンジ、それを逆サイドで受けたベルフォディルがカットインからDFの股を抜くシュートを決めて逆転に成功する、が、20分にそのアダムスが2枚目のイエローで退場してしまう。

その後はフランクフルトがポゼッションするもチャンスに前線が決めきれず、後半35分にローデを下げてパシエンシアを投入、この采配が結果的に当たる。

フランクフルトは後半37分に長谷部が強烈なミドルを放つもGKバウマンにファインセーブされ、直後にガチノヴィッチがDF裏でダイレクトで合わせたシュートも枠を外れる。

しかし後半44分に、フランクフルトは素早いショートコーナーからガチノヴィッチのクロスにハラーが頭で合わせて同点、長谷部がゴールパフォーマンスをせずにプレイを急がせる。

6分あった後半ロスタイムも得点出来ず、このまま試合終了かと思われた95分、GKトラップから持ち出した長谷部に対してホッフェンハイムがクロスと身構えた一瞬、長谷部からグラウンダーのパスがハラーに渡り、クロスをパシエンシアが頭で押し込み、フランクフルトが劇的な逆転ゴール。そしてそのまま試合終了。

いや~、きっと生で見ていたら痺れる試合だっただろうね。とにかく後半は終始劣勢だった流れで試合をひっくり返した事は大きい。フランクフルトにとってもリーグのターニングポイントとなるかもしれない試合だった。

キャプテン長谷部はとても35歳とは思えない運動量で、中盤の危ないところに顔を出し続け、最後は決勝点に繋がるスルーパスを出すなど、疲れを知らない働きぶりは凄まじかった。これからミッドウィークにインテル戦が待ち受けているが、またアンカー起用されるとさすがに潰れてしまうのではないかと心配になるぐらいだ。

試合後にメディカルスタッフを侮辱したとナーゲルスマン監督に非難されたが、1人少なくなっての時間稼ぎだと思って長谷部もエキサイトしたのだろう。ぶっちゃけナーゲルスマンの負け惜しみだよね。たまには「整わない」長谷部もあっていいんじゃないだろうか(笑)。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シー...

記事を読む

「大迫は、とうとう”大迫にパスを出す大迫”を育てる決心をしたのかも?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-アウクスブルク

怪我人が続出して守備崩壊、開幕から2連敗と最悪のスタートとなったブレー...

記事を読む

「大迫がボールを繋ぎ、得点まで決めてもブレーメンが勝てない理由」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム-ブレーメン

前節の開幕戦はデュッセルドルフに1-3で敗戦、厳しいスタートになってし...

記事を読む

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑