「FIFAクラブワールドカップ」 一覧

「鹿島が日本に教えてくれた、審判ではない”12人目の選手”を利用する意味」FIFAクラブ・ワールドカップ 決勝 レアル・マドリー-鹿島アントラーズ

昨日は鹿島の健闘が本当に嬉しかったし、後半44分に間違いなく2枚目のイエローで退場するはずだったセルヒオ・ラモスが、審判の政治的判断でカードを出されなかった事、ロスタイムにフリーで放ったシュートが枠を...

続きを見る。

「まだ5割の力しか出していないレアルを、鹿島は本気にさせられるかどうか」FIFAクラブ・ワールドカップ 準決勝 レアル・マドリー-クラブ・アメリカ

昨日はレアル・マドリーのクラブW杯初戦のクラブ・アメリカ戦だったが、また年末の飲み会があった後に試合を見たので雑感的な感想で。 まだレアルが5割程度の力しか出していなかったとは言え、クラブ・アメリカ...

続きを見る。

「鹿島がアジア勢史上初の決勝進出を決めた要因は、”神がかり”と”学習能力”」FIFAクラブ・ワールドカップ 準決勝 アトレティコ・ナシオナル-鹿島アントラーズ

しかしアジア王者でも何でもない、単なる開催国枠で出場した鹿島アントラーズが、南米王者のアトレティコ・ナシオナルを3-0で破って決勝に進出するとは、いったい誰が大会前に予想できただろうか(笑)。 間違...

続きを見る。

「”アフリカのチーム”にモデルチェンジして復活した鹿島」FIFAクラブ・ワールドカップ 準々決勝 マメロディ・サンダウンズ-鹿島アントラーズ

クラブ・ワールドカップが始まるのをすっかり忘れていて鹿島の初戦を見逃し、ようやく準々決勝のマメロディ・サンダウンズ戦を録画で観戦。 結果としては鹿島が2-0で快勝、明日の水曜日に吹田スタジアムで行わ...

続きを見る。

「何も無いところから簡単に得点を決めてしまうバルサの錬金術」クラブW杯 決勝 リーベルプレート-バルセロナ

準決勝の広島対リーベルの試合を見て、後半の序盤を除けばリーベルに本気を出させてないなと思ったのだが、その本気全開のリーベルを全く相手にせず3-0で楽々勝ってしまうバルサの強さには言葉を失ってしまう思い...

続きを見る。

「Jリーグ勢の、異常な”世界3位”率の高さ」クラブW杯 3位決定戦 サンフレッチェ広島-広州恒大

この後に決勝戦もあるので、広島の3位という結果は嬉しいけど感想はあっさり目で(笑)。 まあ毎度おなじみと言おうか、試合開始4分でCKから相手の高さとゴール前での集中力にやられて先制点を奪われた時には...

続きを見る。

「常識ではあり得ないバルセロナの大胆なビルドアップ」クラブW杯 準決勝 バルセロナ-広州恒大

昨日は本業での今年最大の懸案が片付き、個人的に祝杯を揚げて帰って来てから試合を見たため若干記憶が曖昧になってしまったので、とりあえず印象のみの感想を。 まあ試合全体の感想としては、広州恒大が自陣にコ...

続きを見る。

「リーベルの本気を引き出した時には、既に広島の力が尽きていたという勝負の残酷さ」クラブW杯 準決勝 サンフレッチェ広島-リーベル・プレート

1-0という最少失点差、前半で4つの決定機を作った広島に対し、リーベルの決定機はその半分という結果を見れば、勝てる試合だった、リーベルを追い詰めたと言う人は多いだろう。しかし個人的には、「世界との差は...

続きを見る。

「アフリカの弱点を正確に突ける、サンフレッチェの驚くべき冷静さ」クラブW杯 準々決勝 サンフレッチェ広島-TPマゼンベ

準々決勝の第1試合で、アジア王者の広州恒大が北中米カリブ王者のクラブ・アメリカに逆転勝ちした結果を受けての、サンフレッチェ広島とアフリカ王者TPマゼンベが対戦した第2試合。 試合の前半はマゼンベのペ...

続きを見る。

「戦略と結果は完璧だったが、好事魔多しとはこの事か」クラブW杯1回戦 サンフレッチェ広島-オークランドシティ

先週の土曜日にチャンピオンシップを戦い、クラブW杯を勝ち抜いた場合は準決勝まで中2日の試合が連続するという、超過密スケジュールに直面した広島は、オークランドシティ相手の開幕戦で先発を6人入れ替えるとい...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑