「延長でのウノゼロという結果以上に、欧州王者の余裕が見えた試合」FIFAクラブワールドカップ 決勝 リバプール-フラメンゴ

スポンサードリンク

今年は欧州王者対南米王者の顔合わせになったクラブW杯決勝。フラメンゴは準決勝と全く同じスタメンで、リバプールはマネ、フィルミーノ、サラーの3トップにCBにはファン・ダイクが復帰、ほぼベストメンバーでの試合になった。

試合はリバプールが序盤に2度のチャンスを作るが決められず、フラメンゴがマンマークの対象を整理した事で上手く膠着状態に持ち込み、後半も同じようにリバプールがフィルミーノらが決定機を作るが得点には至らず。

各選手が粘り強く守るフラメンゴに対し、後半のリバプールは3トップが裏狙いの単調な動きが多くなってしまい、攻撃の幅が作れずチャンス自体が作れなくなってしまう。29分にはチェンバレンが怪我でララーナと交代。

後半残り10分になってリバプールがようやくエンジン全開、両SBが攻撃参加して分厚い攻めを見せるが、ヘンダーソンの強烈なミドルもフラメンゴGKジエゴ・アウヴェスがスーパーセーブ。

ところがロスタイム、スルーパスにマネが抜け出したところをラフィーニャが倒してPKの判定、しかしVARでノーファールと判定されてスコアレスドローのまま90分が終了、試合は延長戦へ。

そして延長前半9分、DFライン裏へ抜け出したマネのパスを受けたフィルミーノが、落ち着いて切り返しからのシュートを決めてやっとこさリバプールが先制。そのまま波乱無くリバプールが守りきって試合終了。

試合の序盤にアクセルを踏み込み、そこで点を取ったらあとは流す、それが無理だったら最後の10分間にフルスロットルで試合を決めに行く、という省エネサッカーの定石で行ったはいいけど、どちらも決まらず延長までもつれ込んでしまったのはリバプールにとって誤算だっただろう。

ただ、メンバーが連戦のフラメンゴは90分で体力が尽きてしまったのに対し、リバプールはターンオーバーとペースを落とした試合運びで明らかに体力的に余裕があった事が勝負を決めた感じ。結果は延長での1-0決着と僅差だったが、それ以上にリバプールの底力を実感させられた試合だった。Jリーグ勢も頑張らないとね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だった...

記事を読む

「長谷部の”整えない”力が生み出した大量5点劇」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 フランクフルト-アウグスブルク

前節はDFBポカールで長谷部が先発し、強豪ライプツィヒに勝利したフラン...

記事を読む

アジア・チャンピオンズリーグは日本勢が好発進!

昨年は決勝トーナメントが始まってから渋々BSで放送していましたが、グル...

記事を読む

「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくな...

記事を読む

「連携に期待しても無駄ならドリブル突破あるのみ」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 エスパニョール-マジョルカ

試合は後半開始から見始めたのだが、序盤はマジョルカがサルバ・セビージャ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だった...

「長谷部の”整えない”力が生み出した大量5点劇」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 フランクフルト-アウグスブルク

前節はDFBポカールで長谷部が先発し、強豪ライプツィヒに勝利したフラン...

アジア・チャンピオンズリーグは日本勢が好発進!

昨年は決勝トーナメントが始まってから渋々BSで放送していましたが、グル...

「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくな...

「連携に期待しても無駄ならドリブル突破あるのみ」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 エスパニョール-マジョルカ

試合は後半開始から見始めたのだが、序盤はマジョルカがサルバ・セビージャ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑