スポンサーリンク
ドイツ・ブンデスリーガ

「代表で冷遇された鬱憤を晴らすように走り回った原口」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 ウニオン・ベルリン-ヘルタ・ベルリン

代表帰りの原口は、古巣ヘルタ・ベルリンとのベルリン・ダービーに3-1-4-2の右インサイドハーフで先発出場。まだ原口の恩師と呼べるダルダイ監督が率いている13位のヘルタは、4-2-3-1のフォーメーション。 試合はダービーらしく激しい...
ドイツ・ブンデスリーガ

「結果を出しているのに、森保監督の視界に入れない不憫な奥川」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 アルミニア・ビーレフェルト-ヴォルフスブルク

スタメンでバリバリ出場しているのに、全く代表に声がかからない奥川が所属するビーレフェルトは、ホームでリーグ4位の強豪ヴォルフスブルクと対戦。奥川は4-2-3-1の左SHで先発、対するヴォルフスブルクは3-4-3のフォーメーション。 試...
ドイツ・ブンデスリーガ

「不調の鎌田さえ生き返らせる長谷部マジックで上位撃破」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 フライブルク-フランクフルト

現在リーグ3位と絶好調のフライブルクに対し、公式戦で連勝とようやくリズムが出て来たフランクフルトが挑んだ試合。フォーメーションはどちらも3-4-2-1の形で、フランクフルトは長谷部がリベロ、鎌田がシャドーで先発。 試合はアウェイのフラ...
イングランド・プレミアリーグ

「冨安個人は頑張っていたけど、攻守に差を見せつけられた挙げ句に南野ゴール」イングランド・プレミアリーグ第12節 リバプール-アーセナル

代表ウィーク明けにいきなりのビッグマッチ。ホームのリバプールはいつもの4-3-3で、アーセナルはオーバメヤンとラカゼットが縦に並んだ4-4-1-1の形。右SBで当然のように先発した冨安にはマネがマッチアップする形。 とは言え、マネは比...
ドイツ・ブンデスリーガ

「田中碧は3試合ぶりに先発復帰のフル出場、孤軍奮闘も・・・」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第14節 ディナモ・ドレスデン-デュッセルドルフ

ここ3試合は先発から外れていた田中碧が、代表帰りなのに先発へ復帰したので、昨日はスカパーの動画配信サービス「SPOOX」でライブ観戦。 現在6連敗中のディナモ・ドレスデンは中盤ダイヤモンドの4-4-2で、デュッセルドルフは中盤フラット...
Jリーグ

「ACL出場権争いのデッドヒートはまだ続く」J1第36節 ガンバ大阪-名古屋グランパス

激動の2021シーズンJ1も残り3試合。優勝は川崎フロンターレで決まり、2位も横浜Fマリノスでほぼ確定したが、残り1つのACL出場枠を鹿島、名古屋、浦和が争う激戦がまだ続いている。 名古屋は4-2-3-1のフォーメーションで、1トップ...
ワールドカップ

「A組は羨ましいぐらいの無風、B組はまだまだ大混戦」カタールW杯アジア最終予選 各グループの動向

昨日は酒を飲んで帰ってきたので試合観戦はパス。なので、アジア最終予選の各グループの動向をおさらい。 AFCアジア最終予選 #RoadToQatar📋順位表(2021年11月17日現在)✔️第6節 試合結果🔥グループA🇱🇧#レバノン 0...
ワールドカップ

「ケーヒルロスのオーストラリア、強みに徹しきれず痛恨のドロー」カタールW杯アジア最終予選 中国-オーストラリア

昨日は、次に対戦する中国の偵察と、オーストラリアが引き分けた理由が見たかったので、DAZNで中国対オーストラリアの試合を観戦。ホーム扱いの中国は4-4-2でエウケソンとアランの2トップ、オーストラリアは4-2-3-1のフォーメーション。 ...
日本代表

「前半45分間の森保縛りプレイを耐え忍び、勝ち点3で2位浮上」カタールW杯アジア最終予選 オマーン-日本

いや~、さっさとライブで見るのは諦めて、4時ぐらいにたまたま目が覚めてDAZNで試合を見たんだけど、ぶっちゃけ大迫、南野、柴崎、長友が出場していた前半の45分は、寝てて良かったと思ったね(笑)。 何しろ、左サイドにボールが出ても、長友...
日本代表

「フォーメーションの相性は無関係、柴崎のおかげでザックジャパンが復活?」カタールW杯アジア最終予選 オマーン戦展望

DAZNでしか放送しなかったのに加え、試合内容に乏しいウノゼロの勝利という事で全く盛り上がらなかったベトナム戦、さらに明日は最大の勝負所と見られているオマーン戦なのに、これまた世間からはシカトされた状態ですが、一応展望はやってみます。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました