「タイ戦でも十分起こりうる、ホームチームが陥る落とし穴」ロシアW杯欧州予選 グループH ベルギー-ギリシャ

2017/03/28 | ワールドカップ

スポンサードリンク

最近は、スカパーでやってる欧州予選はほとんどフジNEXTでの放送になってしまって、本当にスカパーの海外サッカーセットの存在意義ってチャンピオンズリーグだけになってしまったなと痛感する昨今。なので、この試合は不本意ながらDAZNで観戦。

グループHで1位と2位の直接対決ではあるんだけど、総得点がベルギーの21に対してギリシャが9と、4試合で実に12の差がついている極端なチームカラー同士の対戦だけに、試合展開はまさにギリシャの固い守りをベルギーがどう崩すか、ひたすらそれだけの中身になってしまった。

ベルギーのフォーメーションは3-4-2-1で、3トップはルカク、ナインゴラン、メルテンスというメンバーで、エースのアザールは負傷のため欠場。対するギリシャは基本形が4-5-1で、守備時にはボールサイドのSHが下がった5バックになり、ラインはあまり上げずにベルギーがボールを持ったらすぐさま撤退、PAすぐ外側にゾーンを作って固める、いわゆる「バスを並べる」体制に。

しかしギリシャはただ人が並んでいるだけではなく、バイタルエリアでメルテンスやナインゴランがボールを持つと、あっという間に1人が間合いを詰めてコースを消し、周りは下がってスペースをカバーする連動が徹底されていて、そこから先へボールをほとんど運べない。1トップのルカクは常時きっちりマンマークを受けているのだが、真ん中にいるだけでスペースを作る動きをしないので、攻撃選手のポジションに変化がなくひたすら単調な攻めになってしまう。

ギリシャの攻撃も、ホームで前からプレスをかけて来るベルギーの前に中盤で全くパスが繋げず、組み立てはロングボールからセカンドボールを拾う形のみ。前半はギリシャGKの足に当たってしまったメルテンスのシュートぐらいしか無い退屈な内容になってしまったが、後半になるといきなり試合は思わぬ方向に動く。

後半1分に、ロングボールをベルギーが跳ね返したボールをまたギリシャの選手が中盤で競り勝つと、DF裏にスルッと抜け出たミトログルの前にボールが転がり、これをミトログルが冷静にファーへ流し込み、何とそれまで完全にノーチャンスだったギリシャが先制点をゲットしてしまう。ベルギーの守備陣は、エアポケットのように集中が切れてしまっていた。

次に試合が動いたのが後半20分。タフツィディスがこの試合2枚目のイエローで退場、ベルギーはここでフェライニに代えてデンベレを投入、一気に逆転を狙いに出た。が、そこからギリシャは5-3-1に変更してゴール前に壁を作って完全な撤退戦。ベルギーはサイドが手薄になったところを攻めようとするが、クロスやセットプレイの精度が悪く、カラスコは単調なドリブルばかりで得点には繋がらない。

そしていよいよベルギーの負けが見え始めて来た後半44分、ルカクにシンプルな浮き球のクロスを上げると、ソクラティスにマークされながらも胸トラップから反転シュート、これがニアに決まってベルギーがようやく同点に追いつく。ここまでルカクは仕事らしい仕事をしてなかったが、ワンプレイでチームを救ってしまった。

その後もベルギーの猛攻は続き、クロスからルカクの強烈なヘッドも、ギリシャGKカピノがまたナイスセーブ、跳ね返りが味方に当たって戻るも足で掻き出しゴールならず。最後は小競り合いからツァヴェラスまで退場になってギリシャは9人になるが、試合はそのまま終了、ベルギーにとっては首位キープながらも不満が残る勝ち点1となってしまった。

タイはギリシャほど守備が堅いわけではないけれど、やはりいくら個人の能力があっても単発のドリブルシュートや相手が守備を整えた状態でのクロスを上げてもそう簡単に点には繋がらないわけで、やはり各選手がスペースを作って早くボールを動かす、連動した攻撃が出来ないと今日の試合も苦しくなるはず。ミスを恐れず、先発が予想される岡崎の動き出しへ積極的にパスを出し、さらに周りがオーバーラップするような攻撃を期待したい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「総力戦を勝ち抜くためには、やはり清武のセットプレイが必要では」ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦展望

2017/03/27 | 日本代表

昨日は恒例のイベントで朝から晩まで出かけており、夜は当然疲労困憊で試合なんか見られず。なので、1日早いですが火曜日に行われる最終予選・タイ戦の展望を書いてみます。 木曜日の試合でオーストラリアが...

続きを見る

「バルサでは黒子、セレソンでは”メッシ”になってしまうネイマール」ロシアW杯南米予選 ウルグアイ-ブラジル

2017/03/26 | 南米

現在、ロシアW杯南米予選1位のブラジルが、2位のウルグアイホームで戦う注目の一戦は、蓋を開けてみればアウェイのブラジルが4-1で圧勝、ウルグアイがエースのスアレスを出場停止で欠くとは言え、力の差を見せ...

続きを見る

「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

2017/03/25 | 日本代表

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足でとても頭が回っていなかったので、帰宅してから改めて試合を戦術面からじっくり見直してみた。 で、見終わっての正直な感想は、「ま...

続きを見る

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

2017/03/24 | 日本代表

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまいましたが、UAE戦を振り返る前に第6節を終えたアジア最終予選の動向を見てみます。 まずグループAは、ここまで5試合で...

続きを見る

「長谷部不在の危険を全員でカバーした貴重な勝利」アジア最終予選 グループB UAE-日本

2017/03/24 | 日本代表

リアルタイムで見ていると気持ちが入りすぎて、戦術的な面を全く語れないので、また明日に時間があれば戦評を書いてみるとして、とにかくアウェイで勝ち点3が取れた事は本当に大きかった。 ひとまず選手の出...

続きを見る

「互いに攻撃は縦のスピードがキーポイント」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦展望

2017/03/23 | 日本代表

今晩の夜24時半という、勤め人には厳しい夜更かしを強要されてしまう時間帯で行われるUAE戦。 もしこれで負けてしまったら、そのまま悔しさで朝まで眠れそうにないので、ここはスッキリ勝利して翌日の仕...

続きを見る

「ガンバの代表コンビが良くも悪くも大活躍だが、参考になるかと問われると・・・」J1第4節 ガンバ大阪-浦和レッズ

2017/03/23 | Jリーグ

今日の深夜0時半から、いよいよ最終予選のUAE戦が行われるわけだが、長谷部と高萩という2人のボランチが怪我で欠場する見込みとあって、急に先発本命へと浮上して来た今野のプレイを見てみたかったのもあって、...

続きを見る

「岡崎は常に120%と思われがちだが、実はずる賢くアクセルを緩めている」イングランド・プレミアリーグ第29節 ウェストハム-レスター・シティ

ラニエリ監督が解任されるまでは公式戦5連敗、そこからシェイクスピア監督が就任して昨シーズンの戦い方に戻してからは初戦のリバプール戦から3連勝と、分かり易すぎる「原点回帰」効果を発揮中のレスター・シティ...

続きを見る

「ダルダイ監督の厳しい叱責の裏に垣間見える、原口への隠しきれない愛情?」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 ケルン-ヘルタ・ベルリン

大迫が強烈な無回転ミドルとアシストを決め、キッカー誌とビルト紙からベストイレブンに選出された事が話題になった試合だったが、その裏で原口が3失点(?)に絡んでダルダイ監督から厳しい叱責を受けたという事の...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「タイ戦でも十分起こりうる、ホームチームが陥る落とし穴」ロシアW杯欧州予選 グループH ベルギー-ギリシャ

最近は、スカパーでやってる欧州予選はほとんどフジNEXTでの放送になっ...

「総力戦を勝ち抜くためには、やはり清武のセットプレイが必要では」ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦展望

昨日は恒例のイベントで朝から晩まで出かけており、夜は当然疲労困憊で試合...

「バルサでは黒子、セレソンでは”メッシ”になってしまうネイマール」ロシアW杯南米予選 ウルグアイ-ブラジル

現在、ロシアW杯南米予選1位のブラジルが、2位のウルグアイホームで戦う...

「戦術的には、香川のところから危うく破綻しかけていた」ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦回顧

さすがに試合を見終わった午前2時半から戦評は書けないし、朝も睡眠不足で...

「ここでグループを抜け出す国が出て来るのか」ロシアW杯アジア最終予選 各グループの動向

目覚めは良いけど、単純に睡眠時間が足りなくてクソ眠い週末になってしまい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑