「進化した浦和の攻撃に、5バックマンマークは最悪の選択だった」アジア・チャンピオンズリーグ

スポンサードリンク

生放送の時は他の予約とかぶっていて見られなかった、浦和とウェスタン・シドニー・ワンダラーズの試合を、昨日は再放送で録画観戦。

既に日にちが経っているので得点経過については省略するが、結果的に言えばシドニーが通常の4バックじゃなくて、浦和の3-4-3に対して全く同じ形でミラーゲームを仕掛けて来た事が完全に裏目に出た試合だったと言える。

シドニーのポポヴィッチ監督の狙いとしては、マンマークでフィジカル勝負を仕掛け、浦和のパスワークを寸断させる事だったのだと思うが、今の浦和の攻撃は、以前よりも進化して攻め手の数が増えており、浦和の選手たちは余裕を持ってマンマークを回避出来ていた。

その1つが、ブラジルW杯でドイツが制覇した要因である「ローテーション戦術」。マンマークはマッチアップの相手を常時視界に置いて守備をするのが主眼なのだが、それに対して選手が様々に入れ替わり、しかもポジションのバランスを崩さず、違う選手がその場所で同じ役割を果たすことで、マンマークする相手を混乱に陥れる戦法である。

浦和の場合、武藤と関根、李と駒井が中と外でポジションを入れ替わったり、森脇や槙野がオーバーラップして来たりと、サイドなら攻守のどの位置でもプレイできるしクォリティに遜色がない。そのため、シドニーの選手はマークが後手に回り、セカンドボールを自由に拾われてしまっていた。

そして攻撃でも、ウイングが降りてクサビの縦パスを受けるのを基本として、ボランチからのダイレクトパスでサイドが裏抜け、ウイングが張って中にWBの選手が入って間受け、相手が前に出てきたらロングボールを裏にと、様々なシチュエーションに対する攻撃が用意され、それぞれに選手のオートマティズムが浸透している。ターンオーバーをしながらこの攻撃の完成度は驚異的である。

とは言え、このままアジアを簡単に制覇するには課題は多い。攻撃では威力を発揮する浦和3バックの高さ不足は明白で、この試合でもサイドの深い位置からクロスを上げられると、シドニーのCFサンタラブにあっさり競り負けていたし、ゴリゴリと力任せに来られるドリブルにも弱く、1対1に晒されるととたんに不安定さを露呈してしまう。

つまり浦和の守備は中盤や前線のプレスバックが命であり、戦術的・運動量的にどこまでコンパクトなサッカーを保ち続けられるか、これからやって来る過密日程と夏の暑さの中で、選手のやり繰りを含めてミシャ監督の手腕が問われて来る事になるだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「せっかくのドッピエッタの絶好機を失敗するとは、久保もやっぱり人間だった」ベルギー・ジュビラー・プロリーグ 優勝プレーオフ第5節 ズルテ・ワレヘム-ゲント

前節は優勝プレーオフで最下位のオーステンデを相手に、久保のゴールでかろうじて引き分けるという失態をホームで演じてしまったゲントだったが、今節はアウェイでズルテ・ワレヘムに対して久保の先制点を含む2-0...

続きを見る

「蔚山GKキム・ヨンデが、鹿島にまさかのトリプル逆アシスト」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 蔚山現代-鹿島アントラーズ

現在グループ2位と順調ではあるが、この試合に負けると勝ち点1差の3位に転落してしまう難しいアウェイでの蔚山戦だったが、結果は4-0と意外にも鹿島が大勝、裏の試合でムアントンがブリスベンに勝利したため、...

続きを見る

「Jリーグの負けパターンを救った、チョン・ソンリョンともう1人」アジア・チャンピオンズリーグ 水原三星-川崎フロンターレ

昨日は酒を飲んで帰ってからの録画観戦だったので簡単に。 正直、川崎の内容はACLで日本勢が負けるいつものパターンそのまんまだった。 グループ突破のためには絶対勝つしか無かった川崎は、4-2...

続きを見る

「個人能力ショーと化したエル・クラシコを最後に飾った、千両役者の見事な復活劇」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 レアル・マドリー-バルセロナ

ともにミッドウィークでチャンピオンズリーグを戦った直後のエル・クラシコ。レアルは120分の延長戦をこなして中4日、バルサはユーベに負けて中3日でネイマールが出場停止と、メンタル面とレアルホームという地...

続きを見る

「バイエルン相手の大健闘で、武藤にとってガンとなる存在が浮かび上がってしまった」ドイツ・ブンデスリーガ第30節 バイエルン-マインツ

プレーオフ圏のアウグスブルクと勝ち点で並び、残留争い真っ只中のマインツ。第30節はアウェイでのバイエルン戦という絶対的なハードモードを迎えたわけだが、何と武藤のPKゲットなどでバイエルンから2点を奪い...

続きを見る

「厳しい環境を与えられても、最低限の結果を出してしまう職人・久保」ジュビラー・プロリーグ優勝プレーオフ第4節 ゲント-オーステンデ

昨日は夜10時半からブンデスリーガの生放送がいくつかあったけど、ちょっとそれまでに酒が入っていて2時間も試合を見られる自信が無かったので、先にベルギーリーグの試合を見ることにした。 ここまで優勝...

続きを見る

「メッシの至近距離シュートをも曲げる、ブッフォンの反重力」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ バルセロナ-ユベントス

ベスト16ではPSGに対する4点差のビハインドを、ホームのカンプ・ノウで6-1の歴史的な大勝でひっくり返したバルセロナ。同じように3点差を付けられた準々決勝で、ユベントス相手に前回の再現を狙った試合だ...

続きを見る

「”絵に描いた餅”戦術と”調子だけで決める”人選が表したトゥヘルの限界」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ モナコ-ボルシア・ドルトムント

ドルトムントホームでの第1レグを2-3で落とし、敵地で2点差以上の勝利が必要だったドルトムントだったが、第2レグでは前半20分までにいきなり2失点を喫してしまい、モナコを追い詰めるところまで行かずに敗...

続きを見る

「ミラクル・レスターの長い物語、一瞬の隙にてあえなく終焉」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ レスター・シティ-アトレティコ・マドリー

アトレティコホームでの第1レグを1-0で落とし、レスターが逆転を狙ってホームで迎えたチャンピオンズリーグ・準々決勝の第2レグ。レスターはヴァーディと岡崎を前線に並べたベストメンバーの4-4-2で、アト...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑