「ネイマールという屋台骨が抜けたバルサ、イチゴを欠いただけのレアルに完敗」スペイン・スーパーカップ第2レグ レアル・マドリー-バルセロナ

スポンサードリンク

いやしかし、ネイマールの移籍で確実に影響は出るとは思っていたが、ここまでクリスティアーノ・ロナウド抜きのレアルに子供扱いされるとは、いささかショックな光景だった。

バルサはネイマールを欠いた穴埋めに3-1-4-2の3バックにしてメッシとスアレスの2トップにしたのだが、今まで守備陣と前線の繋ぎを1人で受け持ち、それでもボールを預けさえすれば低い位置からメッシまで確実にボールを運び、スアレスとメッシへのマークも分散させていたネイマールが居なくなった事で、完全にチームが前後分断してしまった。

おまけに3バックも完成度は極めて低く、CBがただ横に3人並んでいるだけで誰がアタックに行って誰がカバーに入るのかという連動性は皆無。前半4分に決められたアセンシオの無回転ミドルシュートは素晴らしかったが、バイタルエリアであれだけ時間の余裕を与えてしまっては当然の結果だろう。

そして現代的な3バックの場合、攻撃時には両WBが高い位置を取るミシャ式の5トップ、またはボールと逆サイドのWB、CBが高い位置にスライドしてビルドアップする形が定石なのだが、WBはマイボールになっても低い位置に留まったままで、基点はおろかビルドアップでさえままならない状態だった。

ただそれは戦術うんぬんではなく2トップの構成に問題があるとも言え、スアレスは厳しいマークを受けて孤立、メッシは第1レグと同様にアンカーのコバチッチに存在を消され、当然ながら前からそれほどプレスをかけないので全体を押し上げる蓋にもなれず、ボールを持たなければ攻守において全くの役立たずなのだから、誰が監督をやっても悩みは一緒だろう。

そんな中で、バルサは何とか自らのDNAを守るかのように、レアルに押し込まれながらも自陣からパスで組み立てようとするのだが、WBの位置は低いし2トップでボールを受けに降りて来るのはスアレスのみでは組み立てもままならず、苦し紛れなパスは簡単にレアルのプレスに引っかかってミスを連発してしまう。

案の定、前半39分にあっさりと右サイドでボールを奪われると、オーバーラップして来たマルセロにパスを出され、ユムティティの背後から飛び出したベンゼマに息の合ったクロスが渡り、ベンゼマはワントラップから反転してシュートを叩き込み、レアルがアグリゲートスコアで5-1としてほぼ試合を決定づけてしまう。

後半になるとレアルは前からプレスをほとんどかけなくなり、自陣でゾーンを組んで守るだけになったせいで、アンドレ・ゴメスとラキティッチがアンカー横のスペースでボールをさばき、バルサがボールを保持するようになるのだが、後半7分にメッシが裏へ抜け出してシュートを打つも、レアルGKナバスの手に当たってクロスバーと決定的なチャンスに決められない。

さらにバルサにとって不運な事に、後半30分にスアレスが怪我をしてその後はまともに動けなくなり、この時点で試合はほぼ終わってしまった。スアレスは結局最後までプレイはしたけど、試合後に4週間の離脱が発表されて開幕戦はアウト。MSNのうちMしか残らないという非常事態に陥った。

こうなったらバルサはコウチーニョとデンベレの獲得に望みをかけるしか無いのだが、29歳のパウリーニョに50億を費やし、リバプールにもドルトムントにも足元を見られた状態で果たしてバルサにどれだけの交渉カードが残っているのか。レアルのようにカンテラから若い選手を抜擢するようにならないと、暗黒期への突入は避けられないかもしれないね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「風間同志の革命的思想を、結果であっさり否定してしまうシャビエル」J2第28節 町田ゼルビア-名古屋グランパス

2017/08/18 | Jリーグ

風間同志による革命サッカーの旗印のもと、絶え間なくスペースへ動いてトライアングルを作り、ショートパスで繋ぐサッカーで得点と失点を量産する名古屋グランパスと、アトレティコばりの縦横にコンパクトなゾーン・...

続きを見る

「10倍のシュートを放って90分間ボコり続けた千葉、一発のラッキーパンチで悲惨なKO」J2第28節 ジェフユナイテッド千葉-湘南ベルマーレ

2017/08/17 | Jリーグ

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という野村監督が引用して有名になった松浦静山の格言があるけど、千葉にとってはまさに不思議の負けとしか言いようがないほど、試合内容自体は90分を通じて完...

続きを見る

「やっと自由な翼を得られたネイマール、割りを食って窮屈になった選手は?」フランス・リーグアン第2節 ギャンガン-パリ・サンジェルマン

昨日は飲む用事があって酔っ払った状態での試合観戦だったので雑感のみで。 ようやく移籍許可証が発行されてデビュー戦となったネイマール。その第2節ギャンガン戦で早速1ゴール1アシストを決めて3-0で...

続きを見る

「やはりラニエリはレスターで一生分の運を使い果たしてしまったのか」フランス・リーグアン第2節 ナント-マルセイユ

ネイマールが早速移籍後初ゴールを決めたPSGの試合も気になったんだけど、いつの間にかナントの監督に就任したラニエリも気になったので、昨晩はマルセイユとの試合を観戦。 ナントはもとより主力選手2人...

続きを見る

「大岩監督のボヤケた采配、鹿島は川崎のゲーゲンプレスに屈する」J1第22節 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

2017/08/14 | Jリーグ

大岩監督就任後、リーグ戦で9試合負け無しと快進撃を続けて前節には首位に立った鹿島アントラーズ。今節の川崎戦にも勝ってきっちり首位固めをしたかったところだったが、ここはホームの川崎が意地を見せた格好にな...

続きを見る

「岡崎が開幕戦ゴールを決め、岡崎が退いてからサンドバッグでバカ試合を落とす」イングランド・プレミアリーグ 第1節 アーセナル-レスター

イングランド・プレミアリーグの開幕戦、レスターはアウェイでアーセナルとの対戦。 レスターはフートが負傷でCBにはモーガンと新加入のマグワイアが入り、中盤はチェルシーの移籍が噂されているドリンクウ...

続きを見る

「監督にしかわからない何かがある」スポーツクロス 藤田俊哉インタビュー

2017/08/11 | コラム・書評

BS朝日に、"部活応援宣言!"とか言う訳のわからないテーマを掲げてやってる「スポーツクロス」という古田敦也がキャスターをしている番組があるんですが、そこにVVVフェンロでコーチとして2部優勝を成し遂げ...

続きを見る

「早くも”普通のチーム”へと変貌した広島がこれから目指すものは?」J1第21節 サンフレッチェ広島-ガンバ大阪

2017/08/10 | Jリーグ

森保監督からヤン・ヨンソン監督へと交代、前節は初陣で初勝利を飾ったという事で、広島がどういうサッカーをするのかに注目して見てみたガンバとの試合だが、まず第一印象としては「突然普通のチームになってしまっ...

続きを見る

「ユース代表対決は判定だけなら橋岡だが、試合を決めたのはやはり久保」日本クラブユース選手権 決勝 浦和レッズU18-FC東京U18

Jクラブユース三冠のうち、夏に行われる日本クラブユース選手権。その決勝ががスカパーの無料放送日に再放送をしていたので録画で観戦。 FC東京は、U-20W杯にも飛び級で出場していた久保建英が原と並...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑