「”指定席”に久々復帰の酒井、盤石の守備でチームの完勝に大きく貢献」フランス・リーグアン第26節 マルセイユ-ボルドー

2018/02/20 | 未分類

スポンサードリンク

現在4連勝と絶好調のボルドーをホームに迎えたマルセイユ。中華圏のテレビ向けのサービスなのか、この試合ではユニフォームの氏名表記が漢字になっていて、他の選手は発音の当て字だったのに、酒井宏樹は「樹」が簡体字だった以外はそのまんまでちょっと笑ってしまった。

さてマルセイユのメンバーだが、1トップにジェルマン、2列目にパイェ、サンソン、トヴァンと並んだ4-2-3-1で、SBはアマヴィが先発、酒井は久々に右SBでのスタートになった。

試合は序盤からホームのマルセイユが圧倒的にボールを支配。フォーメーションの表記上は4-3-3のボルドーだが、マルセイユがボールを持つと自陣に4-1-4-1の形でコンパクトなゾーンを敷いてカウンターを狙う形で対抗。酒井も相手のSHが前に出て来ないので、最初から高い位置取りで序盤から積極的なオーバーラップで攻撃に絡む。

ただ上位のリヨンを3-1で破ったボルドーの守備は非常に固く、マルセイユがサイドをいくら支配しても強固なブロックのおかげでバイタルにはほとんど入り込む事ができない。ようやく前半22分にCKからザンボがヘディング、ファーに飛んだボールをボルドーGKコスティルが何とか触り、こぼれ球を拾ったジェルマンがシュートという決定機を作るが、ゴールマウスにいた選手にクリアされてしまう。

30分を過ぎるとマルセイユの攻撃に勢いが無くなり、これは膠着した展開になってしまったかなと思った前半34分、左からのCKに一瞬フリーになったトヴァンがヘッド、これが上手くコースに飛んでトヴァン自身リーグ14得点目となるゴールを決めて、ホームのマルセイユが先制する。

実にマルセイユがポゼッションで75%を記録した前半だったが、後半になると一転してボルドーが反撃。それまで相手陣内でプレスをかけて来なかった2列目の位置取りが見るからに高くなり、ボルドーにもゴール前でのシーンが増え始める。逆にマルセイユもそれまでほとんどスペースが無かった中盤を使えるようになり、試合は攻守が激しく入れ替わる展開に。

後半4分には右サイドのコンビネーションから酒井がクロス、コースは良かったが惜しくもタイミングが合わず、13分にはカウンターからラミが持ち上がり、パイェのスルーパスからサンソンがGKと一対一になるもシュートはコスティルの股に当たってゴールならず。ボルドーも後半15分に、遠めのFKからヘディングを放つもマルセイユGKプレがしっかりキャッチする。

ただ、マルセイユはボールを奪ってカウンターになりそうな機会は多かったものの、あまり無理に攻め急がずボールを落ち着かせる形が多くなり、おそらく監督の指示なのだろうか後半途中から酒井もほとんど攻撃参加せず、明らかに試合を殺しにかかり始める。

そしてその後は互いにシュートを打つような場面はほとんど無くなり、危なげなく試合を運んだマルセイユは、後半ロスタイムにサンソンの強烈なミドルを打つシーンはあったが、GKコスティルにファインセーブで防がれ、試合は結局1-0のまま終了。スコア的には最小点差ではあったが、マルセイユの盤石な試合運びが際立つ内容だった。

酒井のプレイは、1度逆サイドのクロスに相手にマークを外してフリーでシュートを打たれるシーンを作ったものの、それ以外はほぼパーフェクトな守備。特にサイドの高い位置で基点を作りたいボルドーに対して、ロングボール争いでほとんど競り勝っていたのは大きい。これが長友だとそうは行かないからね。現代サッカーではSBにも高さが必要だという証明でもある。

ただ攻撃では、1本良いクロスがあったぐらいでトヴァンのサポート役に終始。前節はアウトサイドでのクロスでアシストと、また酒井の違った面が見られただけに、試合を見ているこちら側としては左SBのほうが新鮮味があって面白いような気がする。ま、贅沢な話なんだけどね(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「チーム力としてはエイバルが上回るも、乾以外の攻撃陣に冷静さを欠く」リーガ・エスパニョーラ第24節 エイバル-バルセロナ

リーグ戦4試合負け無しで7位と好調のエイバルが、首位を独走中のバルセロナをホームに迎えてどんな試合をするのかと注目していたのだが、結果だけを見れば0-2とスコアレスの完敗であったものの、内容的にはむし...

続きを見る

「温存の酒井は出場即アシストの余裕、チームも快勝で絶好調」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第1レグ オリンピック・マルセイユ-ブラガ

こちらも決勝トーナメントが始まったヨーロッパリーグ。酒井が所属するマルセイユの相手は、グループCを首位で突破したポルトガルのブラガ。ただチャンピオンズリーグ出場権獲得を優先しているマルセイユは、酒井、...

続きを見る

「確かな切り札を持つレアルと、札があっても使い方が分からないPSG」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-パリ・サンジェルマン

今期のチャンピオンズリーグで、優勝候補と見られるレアル・マドリーとパリ・サンジェルマンが早くもベスト16で対決するという事で、非常に注目が集まった試合。 レアルのフォーメーションはベンゼマ、クリ...

続きを見る

「イタリア凋落の象徴になってしまうのか、外弁慶で蘇るのかユベントス」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ ユベントス-トッテナム・ホットスパー

昨日は飲み会からの帰宅後に酔っ払った状態で観戦したため、レポートは簡単に。 いきなり試合開始2分に、後ろのピアニッチからの浮き球をボレーで合わせたイグアインのビューティフルゴールが決まり、さらに...

続きを見る

「バチュアイゴールも残る攻撃面の課題、香川の”走らされ問題”はいつ解決するのか」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

ひとまず前節は新加入のバチュアイがゴールを決めて引き分け地獄から脱出、香川もずっと先発で起用されて良いリズムに見えるドルトムントだが、オーバメヤンが使い物にならなくなってからはずっと攻撃面での問題を引...

続きを見る

「バルサ相手に前回のようなヒーローにはなり損ねた柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 バルセロナ-ヘタフェ

現在リーガでは勝ち点9の差を付けて圧倒的な首位に立っているバルセロナ相手に、柴崎が先発したアウェイのヘタフェがスコアレスながらドローに持ち込んだと聞いたら、やっぱりその試合を見ざるを得ないよね。 ...

続きを見る

「攻撃陣には辛い塩サッカーで、久保が1G1Aの結果を出せた重み」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ヘント-シントトロイデン

チームは最近の4試合で2勝2分け負け無しと好調だったが、この3ヶ月はずっと得点を決める事が出来ていなかった久保。しかし今節、冨安は怪我で日本人対決にはならなかったが、シントトロイデン戦でようやく今シー...

続きを見る

「セレッソが強いというよりは、サッカーの質的な違いによる時間差の結果」ゼロックス・スーパーカップ2018 川崎フロンターレ-セレッソ大阪

2018/02/11 | Jリーグ

最近はスカパーがしょぼいのもあって、HDRで録画予約をするという習慣が無くなり、おかげで地上波のみの放送であるゼロックス・スーパーカップの録画をすっかり忘れてしまい、慌てて出先でスマホのリモコン機能を...

続きを見る

「酒井の結果オーライアシストも、チームの省エネがたたってドローに終わる」フランス・リーグアン第25節 サンテティエンヌ-マルセイユ

昨日は別の用事があってサッカーが見られず、昨日の深夜に行われたリーグアンのマルセイユとサンテティエンヌの試合をDAZNで観戦。 雪が降るサンテティエンヌのホームで行われた試合は、マルセイユがジェ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”指定席”に久々復帰の酒井、盤石の守備でチームの完勝に大きく貢献」フランス・リーグアン第26節 マルセイユ-ボルドー

現在4連勝と絶好調のボルドーをホームに迎えたマルセイユ。中華圏のテレビ...

「チーム力としてはエイバルが上回るも、乾以外の攻撃陣に冷静さを欠く」リーガ・エスパニョーラ第24節 エイバル-バルセロナ

リーグ戦4試合負け無しで7位と好調のエイバルが、首位を独走中のバルセロ...

「温存の酒井は出場即アシストの余裕、チームも快勝で絶好調」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第1レグ オリンピック・マルセイユ-ブラガ

こちらも決勝トーナメントが始まったヨーロッパリーグ。酒井が所属するマル...

「確かな切り札を持つレアルと、札があっても使い方が分からないPSG」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-パリ・サンジェルマン

今期のチャンピオンズリーグで、優勝候補と見られるレアル・マドリーとパリ...

「イタリア凋落の象徴になってしまうのか、外弁慶で蘇るのかユベントス」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ ユベントス-トッテナム・ホットスパー

昨日は飲み会からの帰宅後に酔っ払った状態で観戦したため、レポートは簡単...

→もっと見る

PAGE TOP ↑