「森保ジャパンとスールシャール・マンUとの類似性、PSGはもちろんあのチーム」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-パリ・サンジェルマン

スポンサードリンク

今週から始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。その中でも注目カードであるマンU対PSGの試合を見てみた。

ホームのマンUはラッシュフォードの1トップに、ウイングがマルシャルとリンガード、インサイドハーフがポグバとエレーラ、アンカーにマティッチを置いた4-3-3、エースのネイマールが怪我で欠場のPSGは、1トップがムバッペ、2列目にディ・マリア、ドラクスラー、ダニ・アウヴェスを並べた4-2-3-で臨む。1

試合は、互いにラインを上げてコンパクトな形を保つ中で、ワイドに展開してからの個人技、それに対する守備のデュエルが繰り返され、前半35分までに5枚のイエローカードが飛び交う激しい展開で始まる。

その中でポイントになっていたのが中盤の関係性。基本的には3対3のマッチアップになっていたのだが、マンUのほうはポグバが大きく動いて攻撃に絡む一方、そのせいでアンカーのマティッチが戻りきれない時にポッカリとスペースを作るスキがあるのに対し、PSGのヴェッラッティとマルキーニョスは上手くコンビでバランスを取って攻撃を封じ込めている。

マンUはラッシュフォードが左右に流れ、マルシャルやリンガードとの縦関係でサイドでの優位を図っているが、サイド一発だけでは無理があるため必ず中へとボールを戻すタイミングがあるのだが、そこをPSGのダブルボランチがしっかり網を張ってポグバを自由にさせていない。

さらにマンUは前半のうちにマルシャルが痛み、一度は復帰したものの後半からマタと交代、ロスタイムにリンガードが怪我でアレクシス・サンチェスと交代し、せっかくリズムを作れていたサイド攻撃が鳴りを潜めてしまう。

そんな中、先手を取ったのがPSG。後半8分にディ・マリアのCKでマティッチがキンペンベのマークを見失い、背後に回られてゴールを与えてしまう。さらに後半15分、オフサイドギリギリで抜け出したディ・マリアが中へ折り返すと、ムバッペが驚異的なスピードでDFを振り切って2点目を決める。

その後はマンUがボールを支配するものの、中央をしっかり固めるPSGに対し、サイドへ展開してはクロスという単調な攻めに終始、ポグバはしびれを切らして前線に上がりまくるがボールには絡めず。さらには後半43分に2枚目のイエローで退場と踏んだり蹴ったり。

後半ロスタイムも動き無く、そのままあっさりとマンUは無得点で試合終了、PSGがアウェイゴール2つを取って大きなアドバンテージを持った状態で、ホームでの第2戦に臨む事になった。

スールシャール監督は、それまでモウリーニョ監督の規律と戦術でがんじがらめになっていた選手を解き放ち、ある程度戦術を選手の裁量に任せた事で無敗の快進撃を実現したが、PSGのようにきっちりと相手を研究し、綿密な戦術プランを立てて来る相手には通用しなかった。と書くと、アジアカップ決勝のカタール戦と非常に類似している事が良く分かる。もちろんマンUが日本でカタールがPSGである事は言うまでもない。

今までは戦術的に何もしない事で勝てて来たマンUにとって最大のピンチ。ポグバもいない第2戦で、いったいマンUはどういうプランで臨んで来るのか、スールシャール監督の真価が問われる試合になるのは間違いない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「加入初戦で先発の乾はイキイキとプレイしたが、天気晴朗なれども波高し」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 アラベス-レバンテ

ベティスで出番を失っていた乾は、冬にアラベスへレンタル移籍。そして早速、加入後の初戦でスタメンに名を連ねた。アラベスのフォーメーションは4-3-3で、乾は右ウイングで先発。対するレバンテは3-1-4-...

続きを見る

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノーファーの原口は4-4-2の左SHとして先発、ニュルンベルクは同じ4-4-2のフォーメーションで、久保はすっかり出番を失ってベンチ...

続きを見る

「自慢の攻撃陣が行方不明でボコボコのフランクフルト、長谷部が必死に整え勝ち点1」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ライプツィヒ-フランクフルト

現在リーグ4位のライプツィヒと、勝ち点差は5と開いているが5位に付けているフランクフルトとの直接対決。フランクフルトはアウェイだが、チャンピオンズリーグを狙うためには負けると相当厳しくなるシックスポイ...

続きを見る

「木下康介、ヒールキックが相手と自分に当たるラッキーな決勝ゴールデビュー!」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-ワースランド・べフェレン

アジアカップから戻った冨安は当然のようにスタメンに復帰したが、シント・トロイデンはこれまでの3-1-4-2をやめて、冨安とテイシェイラが2CBで入り、アサモアがアンカー、インサイドハーフに鎌田とデサー...

続きを見る

「バロテッリはどこに行ってもやっぱりバロテッリ」フランス・リーグアン第24節 ディジョン-マルセイユ

マルセイユは酒井がアジアカップから復帰しての2戦目。1トップにバロテッリ、2列目がオカンポス、トヴァン、サール、ボランチにはいつの間にかストロートマンが加わっていてちょっとビックリ。酒井は右SBでこの...

続きを見る

「シント・トロイデンの経営を牛耳る黒幕は誰?」スカパー・FTLにシント・トロイデンの会長が出演

昨日は、スカパーのフットボールタイムライン#17に、日本人選手6人を獲得してベルギーリーグ1部で健闘している、シント・トロイデンの会長を勤めている村中悠介氏が登場していたらしいので、再放送を見てみる事...

続きを見る

「バロテッリ、トヴァン、パイェ、サポーター、相手選手と次々に人が消えて行く怪試合」フランス・リーグアン第18節 マルセイユ-ボルドー

フランスで繰り広げられている反政府デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」の影響で順延になっていた第18節延期分のボルドー戦。しかし第22節でマルセイユサポーターがピッチに爆竹を投げ込んだとの事で、ベロ...

続きを見る

「森保ジャパンのカタール戦と同じ、エメリ監督の戦術的な自滅」イングランド・プレミアリーグ第25節 マンチェスター・シティ-アーセナル

現在、リバプールが首位に立っているイングランド・プレミアリーグ。先週は、2位にマンチェスター・シティと、シティに7差で4位につけているアーセナルとの試合を観戦。 シティのフォーメーションは4...

続きを見る

「鎌田よりも豊川のほうが大迫の代役にふさわしい理由」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第24節 オイペン-シント・トロイデン

2/4に行われたベルギーリーグの第24節。アジアカップ組はまだチームに帯同しておらず、冨安は休み、遠藤も怪我のシント・トロイデンは、日本人選手のスタメンは鎌田のみ。フォーメーションは2トップの左に鎌田...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「森保ジャパンとスールシャール・マンUとの類似性、PSGはもちろんあのチーム」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-パリ・サンジェルマン

今週から始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。その中でも注目カ...

「加入初戦で先発の乾はイキイキとプレイしたが、天気晴朗なれども波高し」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 アラベス-レバンテ

ベティスで出番を失っていた乾は、冬にアラベスへレンタル移籍。そして早速...

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノ...

「自慢の攻撃陣が行方不明でボコボコのフランクフルト、長谷部が必死に整え勝ち点1」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ライプツィヒ-フランクフルト

現在リーグ4位のライプツィヒと、勝ち点差は5と開いているが5位に付けて...

「木下康介、ヒールキックが相手と自分に当たるラッキーな決勝ゴールデビュー!」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-ワースランド・べフェレン

アジアカップから戻った冨安は当然のようにスタメンに復帰したが、シント・...

→もっと見る

PAGE TOP ↑