「テネリフェは中2日で疲れていたほうが良いのでは?」リーガ・エスパニョーラ 昇格プレーオフ決勝 第1レグ テネリフェ-ヘタフェ

スポンサードリンク

スペインリーグ1部への昇格プレーオフもとうとう決勝。

テネリフェの相手は降格組のリーグ3位、ヘタフェで、120分戦ってから中2日という試合間隔、そして準決勝の内容からして昇格はかなり難しいのではないかと思っていたのだが、蓋を開けてみればホームでの第1戦ではアウェイゴールを与えずに1-0で勝利と、予想外の大健闘を見せたと言える。

テネリフェのメンバー、フォーメーションは準決勝と全く同じ1トップがロサノでトップ下にアマトが入った4-4-1-1。柴崎はこの試合も左SHで先発。

試合の展開は、アウェイのヘタフェが自陣に4-4-2のブロックを作るという、準決勝第2戦と全く同じ形で始まったのだが、ロサノもアマトも無理なゴリゴリドリブルが影を潜め、割りとシンプルにパスを回して中で溜めを作り、サイドにスペースが出来たところをスソがドリブルで突くという良いリズムになっていた。これなら、テネリフェは疲れているほうが良いんじゃないか(笑)。

そして前半22分、右サイドの攻撃でCKをゲットすると、柴崎が右足で鋭く落ちるキックを蹴り、中でフリーになっていたサエンスがきっちりヘディングで合わせてホームのテネリフェが先制点をゲットする。柴崎は33分にも直接FKの機会を得るが、これはGKにセーブされる。

後半に入っても、6分にはスソから柴崎にスルーパス、柴崎は外に行ったがスソのパスは中でタイミングが合わず、14分に右からのクロスが抜けて、柴崎シュートもアウトにかかってゴールを外れ、17分にロサノがボールカット後真ん中をドリブル突破もシュート正面。20分には柴崎のスルーパスからアマトが抜け出すなど、テネリフェがカウンターからチャンスを量産する。

これだけチャンスを作って決められないと同点にされてしまいそうなものなのだが、日程的に有利なはずのヘタフェの反撃は意外と淡白で、20分にカウンターからモリナが放った枠外シュートぐらいしか決定機が無く、その後は自陣でしっかり守るテネリフェの守備を崩せず、試合は1-0のまま終了、勝負は第2戦へと持ち越された。

これでテネリフェにも昇格の芽は出て来たと言えるのだが、この試合でも一瞬その片鱗を見せたように、ホームのヘタフェは最初から強烈なプレッシングをかけて来る事は間違いない。そこで慌てず粘り強く守り、柴崎のパスを中心としたカウンターでアウェイゴールを奪えるかどうかが、次戦のカギになりそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「2年連続、8年で5回もジャイアント・キリングを提供した仙台」天皇杯2回戦 

2017/06/22 | 天皇杯

もはや下位カテゴリーのチームがJ1のチームを倒すことが当たり前になって、「ジャイアント・キリング」という言葉すら死語になりつつある天皇杯。今年も、2回戦でFC東京、札幌、甲府、仙台の4チームが敗退して...

続きを見る

「ドイツ代表に1点差まで迫った、”浦和システム”のオーストラリア」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 オーストラリア-ドイツ

2017/06/21 | ワールドカップ

6/17から始まった、各大陸王者がロシアで対戦するプレW杯的な位置づけのコンフェデレーションズカップ。8月の最終予選で決戦を戦う相手であるオーストラリアが、ドイツと対戦して2-3と惜敗まで持ち込んだと...

続きを見る

「果たして、テネリフェと一緒に昇格するのが柴崎にとって幸せなのかどうか」リーガ・エスパニョーラ 昇格プレーオフ準決勝第2レグ テネリフェ-カディス

昨日の深夜に行われ、テネリフェが柴崎の先制点を延長まで守りきり、アグリゲートスコアで1-1のタイスコアに終わったが、プレーオフの規定でリーグ上位のチームであるテネリフェが勝ち抜けを決めたという事で、楽...

続きを見る

「西川の”ノイアー症候群”は確かに深刻だが、それを強いる監督が問題」J1第15節 浦和レッズ-ジュビロ磐田

2017/06/19 | Jリーグ

2週間の代表ウィーク明けのJ1、DAZNでも「サンデーJプライム」と称して通常よりも7台多い16台のカメラを駆使して放送された、注目の浦和対磐田の試合。 両チームともにフォーメーションは3-4-...

続きを見る

「どんどん効果的なポジションから遠ざけられてしまった柴崎」スペイン・リーガエスパニョーラ 昇格プレーオフ準決勝 第1レグ カディス-テネリフェ

スペインリーグ1部昇格をかけたプレーオフの準決勝第1戦。4位のテネリフェは5位カディスとのアウェイ戦だったが、結果は残念ながら0-1の敗戦、第2戦のホームで逆転を目指す事になった。 昨日の深夜に...

続きを見る

「フィクションでも書けない、3分間で直接FK2連発、ロスタイムに同点というジェットコースター」ロシアW杯欧州予選 グループF スコットランド-イングランド

2017/06/16 | ワールドカップ

ロシアW杯欧州予選のグループFは、イングランドが順調に首位を快走する一方、スコットランドは4位で厳しい状況ではあるものの、「バトル・オブ・ブリテン」と称される強烈なライバル意識を持ったチーム同士の対戦...

続きを見る

「グリーズマンやポグバがパッとしなかったのは、久保や原口の不発と根っこは同じ」ロシアW杯欧州予選 グループA スウェーデン-フランス

2017/06/15 | ワールドカップ

昨日はさすがにイラク戦の低調な内容と結果にガックリ来てしまった1日だったけど、欧州予選で選手の質・量ともに世界トップクラスのフランスが、アウェーでのスウェーデン戦に負けた試合を見ると、このフランスより...

続きを見る

「野戦病院状態の中でこの結果は最低限だが、日本の準備に間違いは無かったのか?」ロシアW杯アジア最終予選 日本-イラク

2017/06/14 | 日本代表

戦前は、今野と山口、本田の中盤で4-3-3にするのではないかと思っていたが、蓋を開けてみれば井手口と遠藤をダブルボランチに置いた4-2-3-1。これはハリルホジッチがお得意のギャンブルに出たのかと思っ...

続きを見る

「UAE戦の悪夢再現が怖い、井手口のアンカー起用だが・・・」ロシアW杯最終予選 イラク戦展望

2017/06/13 | 日本代表

コンフェデの関係で、先に行われたオーストラリア対サウジアラビアでホームのオーストラリアが勝ってしまったので、日本を含む3チームが勝ち点16で並ぶ三つ巴になってしまったグループB。 オーストラリア...

続きを見る

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑