「酒井はPKを奪うドリブルも怪我で負傷交代、改めて存在の大きさを痛感」フランス・リーグアン第15節 アンジェ-マルセイユ

スポンサードリンク

シーズン序盤は出遅れたが、現在4連勝でいつの間にかリーグ2位に浮上して来たマルセイユ。今節は3位のアンジェとアウェイで直接対決。酒井は4-3-3の右SBで先発。

試合はホームのアンジェが激しくプレスをかけて来て、マルセイユはなかなか攻撃のビルドアップをさせてもらえない。アンジェはボールを奪うとアンカーのストロートマン横のスペースを使い、どんどん後ろから人が湧いて攻め立てる。

しかしマルセイユは14分のセットプレイから決定的なヘディングをGKマンダンダがファインセーブするなど必死で耐えていると、16分にゲットしたFKの場面で飛び出したサンソンにパイェが早いリスタートを合わせ、サンソンがフリーで流し込みマルセイユがワンチャンスで先制する。

その後は、マルセイユが2列目の位置を下げてアンカー脇のスペースを埋める守りにした事で試合が落ち着き、それまでは防戦一方だった酒井がオーバーラップする機会が増え始める。

すると40分、酒井がインナーラップでスルッと上がったところにパスが通り、PA内で後ろからトマに引っ掛けられPK。酒井はこの転倒で肩を痛めてしまったが、キックはパイェがGKの動きを見て冷静に決め、マルセイユには大きな2点目。

前半の終わりはまだ酒井はプレイをしていたが、やはり続行は出来なかったようでマキシム・ロペスと交代、SHのサールがSBに下がって後半スタート。

酒井の安定感が無くなった事で右サイドを攻められるようになり、そこを基点に逆サイドでシュートを狙う形でアンジェがまた攻勢をかけるが、マルセイユも何度かゴール前でFKを与えながらも粘り強く守る。

最後はアンジェも攻め疲れが見えてラストプレイが雑になり、マルセイユも何度かカウンターからシュートの場面を作ったのだがこちらも決められず、2-0のまま試合終了。これでマルセイユは3位ボルドーに勝ち点5差と2位の座をがっちり固めている。

ファールを受けた時には相当に痛そうだった酒井だったが、監督の談話によると軽症のようで一安心。相棒のトヴァンが長期離脱中でなかなか攻撃面で良さは出せていないが、自らSBが出来るサールとのコンビは守備面で安心して見ていられる。長友も衰えつつあるし、そろそろ代表での後継者が出てくれるといいのだが・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「日本人3人が揃って活躍も、伊東は結果だけが出せずプレーオフが遠ざかる」ベルギー・プロリーグ第17節 ゲンク-シント・トロイデン

昨日はU-22ジャマイカ代表戦と、E-1選手権の代表メンバーが発表されたけど、まあ見事に東京五輪を優先する協会のご都合があからさまなメンバーで萎えてしまい、更新する気力が失せたよね(苦笑)。そんなにパ...

続きを見る

「名前は似ているけど、冨安との相性は正反対な右SHの2人」イタリア・セリエA第14節 ナポリ-ボローニャ

ナポリは公式戦5試合で4分け1敗、ボローニャも4試合で1分け3敗という、調子を落としている同士の対戦。冨安は前回のCBではなくて4-2-3-1の右SBで先発。 試合はアウェイのボローニャが積極的...

続きを見る

「久保は1部残留でもマジョルカでレンタル継続すべきか?」リーガ・エスパニョーラ第15節 マジョルカ-ベティス

3戦連続で先発出場の久保は、4-2-3-1の右SHとして先発。対するベティスは4-1-4-1のフォーメーション。マジョルカのサッカーがアレなので(笑)、例によって久保のプレイを中心にレポート。 ...

続きを見る

「東京は優勝が遠のく痛恨のドロー、浦和はほぼ残留確定」J1第33節 FC東京-浦和レッズ

2019/12/01 | Jリーグ

序盤はFC東京がサイドを蹂躙して決定機を作りまくるが決められず、その後は試合が落ち着いて膠着状態になるが、38分に浦和のCKから山中がミドル、急激に落ちたボールに林は弾くのが精一杯、こぼれ球をマルティ...

続きを見る

「エメリ監督の首を飛ばす2ゴール、”Thank you Kamada!”」UEFAヨーロッパリーグ グループF アーセナル-フランクフルト

鎌田が2ゴールを挙げてアーセナルを破り、エメリ監督が解任される直接の引き金となった事で、エメリを嫌っていたアーセナルファンから「Thank you Kamada」とTwitterで感謝されまくった試合...

続きを見る

「南野はCL2得点目、リバプール相手にホームでグループリーグ突破を狙う」UEFAチャンピオンズリーグ グループE ゲンク-ザルツブルク

ここまで勝ち点1で、既にグループリーグ敗退が決まっているゲンクだが、3位になればヨーロッパリーグへの出場権が獲得できる可能性があるため、ホームでのザルツブルク戦には大勢の観客が詰めかけた。逆にザルツブ...

続きを見る

「怒涛の15分間に垣間見えた、レアル復活の兆し」UEFAチャンピオンズリーグ グループA レアル・マドリー-パリ・サンジェルマン

グループリーグ首位争いがかかった試合と言うか、現在ワールドクラスの選手を集めている両雄の対戦らしく、フォーメーションや戦術で小細工をしない横綱相撲、非常にミスが少ない見ていて楽しい試合だった。 ...

続きを見る

「怪我明けで初のCB起用、冨安の出来は合格・不合格?」イタリア・セリエA第13節 ボローニャ-パルマ

ここ3試合は8失点で3連敗、今節はCBのバーリとダニーロが揃って出場停止、怪我明けの冨安がいきなりCBで先発となって、ローマに勝利して現在8位と勢いに乗っているパルマを迎えた試合。 前半17分に...

続きを見る

「久保が抜けて攻撃が崩壊するのと、2部降格の恐怖とのせめぎ合い」リーガ・エスパニョーラ第14節 レバンテマジョルカ

残念ながら、マジョルカはアウェイ全敗記録を6試合に伸ばしたわけだが、試合内容自体は今までほどは悪くなかった。序盤にフェバスがPA内で後ろから倒された場面はPKになるべきだったし、逆にめったに無いレベル...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑