「柴崎のゴラッソで天国に行ったが、わずか12分で地獄に落とされたヘタフェ」スペイン・リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ-バルセロナ

スポンサードリンク

今朝にバルサが乾が先発したエイバルと対戦して大勝を飾ったようだが、昨日はその前に行われた、柴崎がスーパーゴールを決めた後に負傷退場してしまったヘタフェとバルセロナの試合を観戦。

バルサのフォーメーションは、最近の定番であるメッシがゼロトップになった4-3-3で、両ウイングはスアレスとデンベレという並び。ビルドアップ時の特徴は、左サイドバックのジョルディアルバがフォワードの位置まで上がり、メッシが頻繁にボランチの位置まで下がってゲームメイクをする事で、中央の渋滞を防ぐ狙いが見える。

しかし攻撃時は4-2-3-1で、守備時はモリーナと柴崎が自陣に下がって4-4-2のコンパクトな3ラインを作るヘタフェにスペースを消され、時々イニエスタやデンベレがドリブルで持ち込むぐらいで、メッシもパスを出している分には怖さが無く、逆にヘタフェがバルサSBが上がったスペースにアマトやモリーナが飛び出すカウンターが機能する。

前半9分にはモリーナがドリブルでサイドでの1対1を抜け出し、ペナルティエリアのすぐ外で倒されてのフリーキックを得ると、15分にはインターセプトからサイドをオーバーラップした柴崎がクロス 、コースが変わってゴールキーパーの帝王ギリギリすり抜けてモリーナまで届くもギリギリ押し込めなかった惜しい場面を作る。

ここまでヘタフェの6本に対してシュートを1本も打てなかったバルサは、23分にはデンベレがハムストリングを痛めて交代のピンチになったが、デウロフェウを投入したバルサがここからようやく盛り返し、30分に右サイドからのクロスウンティティが完全に古いだったがゴールキーパー正面の決定機を始めとして、セカンドボールをバルサが完全に支配して圧倒的に攻めるが、ヘタフェは個人が非常に粘り強い対応でシュートを許さない。

そんなリズムの悪い時間帯に、柴崎のスーパーゴールが決まってしまう。前半38分に得たFKの流れからDFと競ったベルガラが後ろへボールを落とすと、後方から走り込んだ柴崎が躊躇なく左足を振り抜き、ドライブがかかったシュートがゴール右上に決まるスーペル・ゴラッソ。

ロスタイムにもメッシの見事なFKをヘタフェGKグアイタがスーパーセーブを見せて、これはヘタフェに運があるかなと思ったのだが、残念ながらヘタフェの幸せな時間はここまでだった。ご存知のように後半早々に柴崎が足を痛めて交代すると、ヘタフェの守備にスペースが生まれ始め、後半からバルサに投入されたデニス・スアレスのドリブルなどで中央を攻められ、それで空いたサイドをまた使われるという風に、ヘタフェの歯車が逆回転し始める。

そして後半16分、セルジ・ロベルトがサイドでヘタフェのボールを奪い返し、折り返しのクロスをデニス・スアレスがファーサイドに技アリのゴールを決めて追いつくと、38分にはカウンターからメッシがドリブルで引きつけてからスルーパス、これを前線に上がっていたパウリーニョが受けてそのままゴールへ流し込んでバルサが逆転、そのまま試合は1-2で終了した。

柴崎はこのゴールで完全にヘタフェでの地位を固めたかのように見えたが、まさに好事魔多しで、怪我の詳しい内容は発表されていないが、どうやら1ヶ月半ほどの離脱になりそうな様子。秋の代表戦も無理になった事は確かで非常に残念だが、足の甲だと再発しやすい部分なので、今はとにかく完治に専念してもらいたいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ワールドクラスのFW、ベンテケとのマッチアップで勝利した吉田」イングランド・プレミアリーグ第5節 クリスタルパレス-サウサンプトン

開幕から4試合で1得点も挙げられず、早速フランク・デ・ブール監督が解任されてロイ・ホジソンが就任したクリスタルパレスと、サウサンプトンがアウェイで対戦した試合。 サウサンプトンの吉田はフート別人...

続きを見る

「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見たいという試合が無かったので、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ、マルセイユ対コンヤスポルの録画を見てみた。 マルセイユ...

続きを見る

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したのは、昨シーズンはギリギリ残留ながら今期は既に2勝と好調なレガネス。 そのレガネスが取ったフォーメーションは、未だ4バックが主...

続きを見る

「大迫と原口、どちらも少しほろ苦い欧州戦デビュー」UEFAヨーロッパリーグ アーセナル-ケルン/ヘルタ・ベルリン-アスレティック・ビルバオ

昨晩に行われたヨーロッパリーグでは3人の日本人選手が出場し、酒井宏樹が先発したマルセイユは勝利を飾ったんだけど、せっかくなので2人とも途中衆生とは言え、欧州戦デビューと飾ったケルンの大迫と、ヘルタの原...

続きを見る

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命となる可能性が高い両チームの対戦は、ホームのスパーズがまず3-1で快勝、ドルトムントにとっては得失点差も含めて厳しい立ち上がりになっ...

続きを見る

「窮余の策である”偽9番”が、ネイマールロスに悩むバルサの最適解となるのだろうか」UEFAチャンピオンズリーグ グループD バルセロナ-ユベントス

ネイマールがPSGに電撃移籍した後、スペイン・スーパーカップではレアル・マドリーに惨敗、今期はどん底のシーズンになるかと思われたバルセロナだが、蓋を開けてみれば開幕から3連勝を飾ったのに対し、レアルは...

続きを見る

「宇佐美と内田が共演した幸せな15分間」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第5節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-ウニオン・ベルリン

昨日は飲み会があって酔っ払って帰ったので、宇佐美と内田が途中出場したデュッセルドルフとウニオン・ベルリンの試合を、彼らが出場した時間から見てみた。 内田は後半30分に右SHの位置で投入された直後...

続きを見る

「相手の股を抜いて2ゴール、まさに”股抜き王子”としてベルギーに旋風を巻き起こす森岡」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 第6節  ワースラント・ベヴェレン-KASオイペン

今節は最終予選の試合明けという事で、コンディションが整っていない代表海外組は軒並みサブなどの扱いになっていたので、消去法で森岡が2ゴール1アシストと相変わらず絶好調なべヴェレンとオイペンの試合を観戦。...

続きを見る

「チームが低調な中で孤軍奮闘、何より結果が出たのが大事」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 マインツ-レバークーゼン

ワールドカップ予選ウィークが明けて、欧州各国リーグが再開。結局最終予選では出番が無かった武藤は、マインツに戻って早速レバークーゼン戦で先発した。 ここまで開幕2連敗のマインツと、1分1敗で勝ちが...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑