「ヨヴィッチの5得点大爆発を後ろで支えた、カイザー長谷部の絶妙なラインコントロール」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 フランクフルト-デュッセルドルフ

スポンサードリンク

昨日は身内に不幸があってお通夜に行っていたので、試合のレポートはごく簡単に。

Aマッチウィーク明けのブンデス最初の試合。3連勝で10得点と絶好調のフランクフルトは長谷部は3-1-4-2のDF中央として先発、逆に3連敗中のデュッセルドルフは宇佐美がベンチスタート。

試合開始から長谷部が作る高いラインコントロールで、ホームのフランクフルトが圧倒的に優勢な試合運びを見せてスタート。

前半19分にVARでPA内でボドツェクのハンドがあったとしてフランクフルトにPKが与えられ、ハラーが決めてフランクフルトが先制点をゲットすると、27分には左からのクロスをヨヴィッチがアクロバティックなボレーを決めて2点目、34分にはハラーのポストプレイからヨヴィッチが決めて3点目。

後半早々にカウンターからハラーが4点目を決めた後は、デュッセルドルフがルケバキオが1点を返すが、その直後にカウンター返しで最後はヨヴィッチがクロスからターンでシュートを決める。

その後は当然デュッセルドルフが破れかぶれで攻勢に出るものの、長谷部が率いるフランクフルトの守備にヒビすら入れられず、後半23分にスローインからの流れでデュッセルドルフのボールをPAで奪ってからヨヴィッチが4得点目となるゴールを決め、26分にはヨヴィッチ5点目、チーム7点目となるヘディングを決めてやっと打ち止め。

フランクフルトは、3バックの両CBは長谷部のラインから後ろに下がらなくても良いという絶対的な安心感があるので、どんな場合でも長谷部が能動的にラインをコントロール、デュッセルドルフのスルーパスをことごとくカットして戦意を喪失させたのは恐るべき統率力と言うしか無い。

デュッセルドルフはチームの方向性としてはフランクフルトと似たコンセプトだが、ボール運びのスムーズさなど全てにおいて完成度が1ランク低かった事が、ここまでの差をつけられた要因だったと思う。この流れでは宇佐美がいてもどうしようも無かっただろうが、テストとして割り切った起用をしても良かったのではないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「マラドーナの神の手と五人抜き、現代の試合だったら果たして実現したプレイだったのか?」メキシコW杯 準々決勝 アルゼンチン-イングランド

2018/10/20 | ワールドカップ

昨日は身内に不幸があり、ドタバタしていて結局アップ出来なかったんだけど、一昨日はあのメキシコW杯での伝説の試合、アルゼンチン対イングランドの試合を見ていた。実況は当時のリアルタイムで、山本浩アナウンサ...

続きを見る

誰もが絶賛したウルグアイ戦、手放しでは賛同できないこれだけの理由

2018/10/18 | 日本代表

昨日は録画とは言え、情報を遮断した後の観戦だったので戦況に気を取られ、あまり細かいところまでチェック出来ていなかったので改めて試合を見直したのだが、いくつかのポイントで気になる部分があったので列挙して...

続きを見る

「ハリルホジッチの解任とロシアでの不選出を受けて、真に”縦に速いサッカー”を会得した日本」キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ

2018/10/17 | 日本代表

日本はパナマに快勝、ウルグアイは韓国相手に1-2で敗れた結果を受けての対戦となったキリンチャレンジカップ。日本の先発は、GKが東口、DFが長友、吉田、三浦、酒井宏樹、ボランチが遠藤と柴崎、2列目が中島...

続きを見る

「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チーム同士の対戦。HSVのフォーメーションは4-1-4-1で、伊藤は左SHの位置で先発、酒井高徳は右SBに入った。対するダルムシュタ...

続きを見る

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2018/10/15 | Jリーグ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝した形を受けての、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた第2レグ。内田と中村を怪我で欠いた鹿島は、土居と金森の2トップを並べた4-4-2、横...

続きを見る

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

2018/10/14 | ユース代表

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたAFC U-16選手権決勝、日本対タジキスタン試合を観戦。 森山監督率いる日本はお馴染みの4-4-2、決勝トーナメントからの2...

続きを見る

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

2018/10/13 | 日本代表

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようやく森保体制の本格スタートとなったパナマ戦。 日本の先発メンバーは、GK権田、DFが佐々木、槙野、冨安、室屋、ボランチが青山と...

続きを見る

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と変わらず長谷部がリベロの入り、前線がレビッチとヨヴィッチを並べた3-1-4-2。チャンピオンズリーグでシティに1-2と敗れた後で中...

続きを見る

「タフな住友金属もさすがに金属疲労、そしてチームの心棒内田が破断・・・」ルヴァンカップ 準決勝 第1レグ 鹿島アントラーズ-横浜Fマリノス

2018/10/11 | Jリーグ

今年は10/27に決勝が行われるルヴァンカップ。ミッドウィークには準決勝の第1レグが行われ、カシマスタジアムでは鹿島アントラーズ対横浜Fマリノスの試合が行われた。 JリーグとACL、天皇杯、そし...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑