「前線ユルユルで辛抱しきれないガンバ、鈴木武蔵のゴール一発で沈む」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ コンサドーレ札幌-ガンバ大阪

2019/10/14 | Jリーグ

スポンサードリンク

昨日はスコットランドに対して見事に逆転勝利を飾ったラグビーの試合を見ていたんだけど、やっぱり口直しにサッカーが見たくなってルヴァンカップの準決勝を録画観戦。

準決勝の第1戦を2-1で折り返した札幌ホームでの第2戦。前回とフォーメーション的には変わらず札幌が3-4-1-2でガンバが3-1-4-2と3バック同士での対戦となったが、ガンバは守備時にはWBがDFラインの位置まで下がる5-3-2の形にはっきりシフト、点を与えないという宮本監督の意志が見えるスタートとなった。

が、ガンバはアデミウソンも宇佐美もあまり前線からボールを追う動きをせず、むしろインサイドハーフの井手口のほうがよほどDFを追い回す動きを見せていたぐらいで、2トップと中盤3人の間が断絶、攻撃の厚みが無くなってしまった。いたかもしれない。

後半はガンバも両サイドが上がるようになってオープンに攻め合う展開になったが、FWに決め手が無くてゴールだけがなかなか決まらない。が、後半32分にそれまでイージーな場面で全く決められなかった鈴木武蔵が、右サイドから股抜きのミドルを決めて札幌が得点、アウェイゴール差でリードする。

そこからガンバが猛攻を見せるかと思いきやペースは動かず、ロスタイムにはCKからパトリックが合わせるもGK菅野がセーブ、そのままスコアは動かず試合終了。得点差はイーブンながら、アウェイゴールを取っていた札幌が決勝進出を決めた。

まあ結果論だけど、5バックで引いて守るなら前線のプレスやパスコースを限定させる動きが無いと、ラインが上げられずに中盤が間延び、選手がトランジションで疲弊して攻撃力が落ちてしまう罠に、ガンバが見事に嵌った感じ。宇佐美の代わりにパトリックが入って少しマシになったが、ほんの少しという程度で根本は変わらず。選手も戦術をリデザインし直さないと、ガンバの復活は難しそうだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「リトルなでしこ、天敵北朝鮮をねじ伏せ3大会ぶりのアジア王者に輝く」AFC U-16女子アジア選手権 決勝 日本-北朝鮮

2019/10/13 | なでしこ

関東・東北では大きな被害が出た模様で心配ですが、昨晩は関西では多少の大雨ぐらいで大きな影響は無く、録画してあったリトルなでしこのAFC U-16選手権の決勝を録画観戦。 日本が19得点無失点、北...

続きを見る

「宇佐美の穴を井手口が埋める、ガンバの新しいマッチポンプ」ルヴァンカップ 準決勝第1レグ ガンバ大阪-コンサドーレ札幌

2019/10/12 | Jリーグ

刻一刻と超大型台風19号が迫っている日本列島ですが、もう明日がルヴァンカップ準決勝第2戦なので、録画で見た第1戦について簡単に更新。 フォーメーション的にはガンバが3-1-4-2で札幌が3-4-...

続きを見る

「ベンチの堂安は勝利にニコリともせず、”敵よりも味方と争う時代”を迎える日本」カタールW杯アジア2次予選 グループF 日本-モンゴル

2019/10/11 | 日本代表

実にシュート数40対0という圧倒的なスタッツそのままに、日本がサッカーでは初対戦となるモンゴル相手に6-0と大勝。これで日本はタジキスタンを得失点差で上回りグループFの首位に立つ事になった。 モ...

続きを見る

「ゴール前にバスを停めるモンゴルには、3バック&ニアゾーンが有効」カタールW杯アジア2次予選モンゴル戦展望

2019/10/10 | 日本代表

さて今日は、カタールW杯アジア2次予選モンゴル戦が行われるので、恒例の展望を書いてみます。 日本が所属するグループFでは、現在タジキスタンが2戦2勝の勝ち点6で首位、モンゴルは開幕戦でミャンマー...

続きを見る

「久保の終盤はまさかの左SB、これもある意味勉強と経験と割り切らねば」スペイン・リーガエスパニョーラ第8節 マジョルカ-エスパニョール

久保が3試合ぶりのベンチスタートとなった、残留争いのライバルであるエスパニョールとの試合。試合はマジョルカが前半37分にクロスからブディミルが合わせたゴールで先制。後半12分に久保を投入した。 ...

続きを見る

「文字通り孤軍奮闘の冨安、味方にハブられた鬱憤は代表で晴らすしか無い?」イタリア・セリエA第7節 ボローニャ-ラツィオ

ここ3試合は1分2敗と得点力不足で波に乗れないボローニャは、今節は白血病で入院中のミハイロビッチ監督がベンチ入りして檄を飛ばしに来た。対戦相手はミハイロビッチの古巣であるラツィオで、監督は同僚だったシ...

続きを見る

「どっちがマンUの選手か分からないぐらい、存在感が際立った菅原」UEFAヨーロッパリーグ グループL AZ-マンチェスター・ユナイテッド

8月にAZのホームであるAFASスタディオンの屋根が強風により一部崩壊した影響で、ADOデン・ハーグ本拠地のカーズ・ジーンズ・スタディオンに場所を移して行われたヨーロッパリーグのマンチェスター・ユナイ...

続きを見る

「ファンボメル監督の評価を一変させる、堂安の自己アピール術」UEFAヨーロッパリーグ グループD ローゼンボリ-PSV

オランダ・エールディビジの試合をCSフジテレビが独占してしまったために、PSVでの堂安の試合を見るのが初めてとなったヨーロッパリーグのローゼンボリ戦。どちらもフォーメーションは4-3-3で、堂安は右の...

続きを見る

「1G1Aで大活躍の南野、これで本当にビッグクラブ一直線なのか?」UEFAチャンピオンズリーグ グループE リバプール-ザルツブルク

ザルツブルクは4-4-1-1で南野は右SHで先発、対するリバプールはフィルミーノとマネ、サラーを前線に揃えた4-3-2-1のフォーメーション。 前半の3分に南野が思い切ったミドルシュートを放った...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑