ワールドカップ

「教え子の快進撃にハリルホジッチは何を思う」カタールW杯グループF ベルギー-モロッコ

初戦でカナダに勝利した世界ランク2位のベルギーは、クロアチアに引き分けたモロッコと2戦目で対戦。モロッコはW杯予選を勝ち抜いた後に、それまでチームを率いていたハリルホジッチ監督が選手との確執で解任されるという、4年前の日本と全く同じパターン...
ワールドカップ

「盤石に見えるスペインにも付け入るスキはある」カタールW杯グループE スペイン-ドイツ

日本がコスタリカに負けた結果を受けてのスペイン対ドイツの競合対決。スペインは1トップがアセンシオ、ウイングがダニ・オルモとフェラン・トーレス、中盤がペドリ、ガビ、ブスケツの4-3-3。ドイツは1トップがミュラー、2列目がムシアラ、ギュンドア...
ワールドカップ

「森保ジャパンの限界、ドイツ戦の勝利を帳消しにする最悪の敗戦」カタールW杯グループE 日本-コスタリカ

第1戦を受けて日本が勝ち点3、コスタリカが勝ち点ゼロで迎えた第2戦。日本のスタメンは5人を入れ替え、FWが上田、2列目が相馬、鎌田、堂安、ボランチが守田と遠藤、DFは長友、板倉、吉田、山根という4-2-3-1。コスタリカは4-4-2のフォー...
ワールドカップ

「初戦で惨敗したチームが2試合目を勝利する法則」カタールW杯コスタリカ戦展望

今日の午後7時から、日本代表の2戦目となるコスタリカ戦が行われます。 日本は初戦でドイツに逆転勝ち、コスタリカはスペイン相手に0-7の大敗を喫した事で、もう世間は日本が決勝トーナメントに進出したかのような楽観的な雰囲気に包まれています...
ワールドカップ

「欧州予選グループ首位通過のセルビアを子ども扱い」カタールW杯グループG ブラジル-セルビア

今大会優勝候補筆頭のブラジルがいよいよ登場。フォーメーションは4-2-3-1で、トップがリシャルリソン、2列目がヴィニシウス、ネイマール、ラフィーニャという面子の先発。対するストイコビッチ監督率いるセルビアは3-4-2-1の形。 試合...
ワールドカップ

「スアレスを筆頭に動けないウルグアイ、韓国相手に塩試合」カタールW杯グループH ウルグアイ-韓国

アジア勢では最後の登場となる韓国は、南米3位のウルグアイと対戦。 韓国は4-2-3-1のフォーメーションで、ファン・ウィジョが1トップ、フェイスガードを付けたソン・フンミンが左SHで先発。対するウルグアイは4-3-3の形で、1トップが...
ワールドカップ

「森保監督が日本とドイツにもたらした天国と地獄」カタールW杯グループE 日本-ドイツ

いや、まさかこんな事が現実に起こってしまうとは想像すら出来なかった。 日本の前半は、まさにブラジルW杯コートジボワール戦、アジアカップ決勝カタール戦の再現、日本はミエミエの4-2-3-1フォーメーションを読まれ、ドイツが左SBラウムを...
ワールドカップ

「”すり合わせジャパン”は果たしてドイツに通用するのか」カタールW杯ドイツ戦展望

4年ぶりのワールドカップも始まってみれば早いもので、もう今晩10時に日本の初戦、ドイツ戦がやって来ます。なので、恒例の試合展望をやってみます。 まず、キッカー誌が月曜に予想したドイツのスタメンを並べてみます。 GK:ノイアー DF...
ワールドカップ

「ハイラインのサウジ、日本にとって勇気となる大金星」カタールW杯グループC アルゼンチン-サウジアラビア

今大会、開催国のカタール、イランとアジア勢が全く良いところがないグループリーグ。アジア3カ国目となるサウジアラビアは、優勝候補のアルゼンチンとの試合という事で、勝つチャンスはほとんど無いかと思われた。 しかも前半8分に、普通の試合なら...
ワールドカップ

「イングランドがイランを6点粉砕、驚異の19歳が先制ゴール」カタールW杯グループB イングランド-イラン

今大会優勝候補の1つであるイングランドの初戦は、西アジアの伝統国イランとの対戦。イングランドのフォーメーションは4-2-3-1で、前線は1トップがハリー・ケイン、2列目がスターリング、マウント、サカの並び。対するイランは5-4-1の守備的な...
タイトルとURLをコピーしました