「香川が3分間2ゴールの衝撃デビュー、しかし喜んでいられないチームの現状」トルコ・スュペル・リグ第20節 アンタルヤスポル-ベジクタシュ

スポンサードリンク

移籍直後のアンタルヤスポル戦で、後半36分に早速デビューするや否や、わずか3分間で2ゴールを奪ってしまった香川。公式Twitterには、ベジクタシュサポから1500件近いコメントが寄せられる凄まじい事態になっている。

が、それだけでは今後の展望は分からないので、DAZNで試合をフルタイムで観戦する事にした。

ベジクタシュは4-2-3-1でGKにかつてマインツで武藤のチームメイトだったカリウス、トップ下にこれもインテルで長友と一緒だったリャイッチが入る。

試合はもっとベジクタシュのペースで進むのかと思ったのだが、ダブルボランチにゲームメイクの能力が乏しく、1トップのギュヴェンはポストが下手で、リャイッチは相手にマークに消されている。時折見せるサイドチェンジぐらいしか、ベジクタシュが前にボールを運ぶ機会が無い。

むしろアンタルヤスポルのほうがシンプルに裏を狙う攻撃が機能、1トップのドゥカラにスピードが無いので助かっていたが、アンタルヤスポルにカタールのアルモエズ・アリのようなFWがいたら、全く違う試合展開になっていただろう。

前半35分に、ベジクタシュがややラッキーな判定でPKを得て、やり直しのPKをリャイッチが成功させてようやくベジクタシュが得点したが、それまではチャンスらしいチャンスはほとんど無かった。

ただ得点の後は、少し余裕が出たのかサイドを上手く使うようになり、左サイドへ展開してのクロスをドルクハンが押し込み2点目。43分にはリャイッチの縦回転FKをファンブル、ハッチンソンが押し込み3点目。香川の同じようなFKもアンタルヤスポルのGKは止められなかったけど、スカウティングがあったのかもしれないね。

後半になるとまた試合はアンタルヤスポルがペースを握る。長いボールを何度もサイドに展開されて基点を作られると、早速ドゥカラにミドルを食らって失点。15分にもFKからドフリーでシュートを打たれるがカリウスが何とか弾き、直後にもPA内からサイドネットに当たるシュートなど、守備陣のマークの甘さが目立つ不安定な試合運びに終始。

ここでベジクタシュが失点していたら試合は分からなかったが、逆に後半22分、ベジクタシュはカウンターから3対1になり、ところがクロスをアンタルヤスポルのサリフが見事なスライディングボレーを自ゴールに叩き込む大プレゼント。これでやっと相手の勢いが止まってくれた。

そして後半36分、リャイッチに代えて香川がデビュー。ファーストタッチからフェイントを交えて、DFの股を抜いてゴール左に流し込むシュートをいきなり決め、ざわつくスタジアム。そして2分後、縦回転の直接FKを決めてあっさりとドッピエッタ。

しかしそこからはベジクタシュが完全な守りに入り、一度トリッキーな背面パスを通した場面はあったが、香川が攻撃でボールに絡む場面はほとんど無く、1点を返されて2-6で試合終了。

香川2ゴールデビューで大勝と、結果的には万々歳ではあるのだが、ギュネシュ監督率いるベジクタシュの戦術が、森保ジャパンと同様に4バックが5レーン理論に代表されるワイドなサイド攻撃に対し、SBとSH、ボランチがどう連携して対処するか、組織としての対策が出来ていないのが気になる。このままでは、もしチャンピオンズリーグに出たとしても3バックのチームにボコボコにされるだけで終わるのではないかと思うのだが・・・はてさて。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑