「大迫不在で機能不全、森保ジャパンはカタール、サウジ、オージーに勝てるのか?」アジアカップ グループF 日本-オマーン

スポンサードリンク

SC
「」アジアカップ グループF 日本-オマーン

日本はトルクメニスタン戦から2人を入れ替え、GK権田、DF長友、冨安、吉田、酒井、ボランチは遠藤と柴崎、2列目は原口、南野、堂安、1トップは北川が入った4-2-3-1。オマーンも同じく4-2-3-1のフォーメーションでスタート。

2分に堂安が股抜きから突破、折返しを原口が合わせるがクロスバーに当たって上に外れる。7分に相手のクリアミスを拾った南野がGKと1対1になるが足で防がれる。12分にも冨安のロングパスに南野が抜け出しシュートも枠外。

20分、カウンターから権田が飛び出したところをニアで繋がれシュートもわずかにファーへ外れて命拾い。日本は27分にダイレクトパスから南野が抜け出しシュートもまたアル・ラシーディに防がれるが、こぼれ球を拾った原口が倒されPKの判定、これを原口自身がしっかり決めて日本が先制する。

その後も日本が優勢に試合を進めるのだが、前半終了間際に右サイドへ展開されて折返しのこぼれ球を拾われ、PAから決定的なシュートを打たれるが長友が手に当ててCKにするが、VARなら確実にPKもののシーンだった。

後半は、前半ほどオマーンはラインを上げなくなり、ロングボールで早めに前線へ放り込む攻撃が増える。全体がルーズになる分、日本もボールを持てるのだが前線との息が相変わらず合わずにチャンスを作る事が出来ない。

その後は4-4-2にして徹底的に前線へロングボールを放り込むオマーンに対して、日本は相手のマンツーマン気味の守備に苦しみ高い位置で攻撃を作れない。その後も日本は、間延びした中盤でのセカンドボールをオマーンに拾われ、厳しい展開は続いたが相手もそこから人数をかけるには至らず、結局1-0で試合終了。

後半の日本はチャンスらしいチャンスはゼロ。リードした後半は、ラインを押し上げて積極的に行くのか、守備的にシフトしてカウンター狙いで行くのか、チームの狙いがバラバラになってしまい、中盤でボールを持てても前線がマークされているので、パスの出しどころが無くなっていた。

アジアの各国にとっては、日本に対しては守備をコンパクトにして守るよりも、前線にマークを付けて中盤をルーズにし、あえて広いスペースでボールを持たせたほうが、中盤よりも後ろの選手はドリブルやミドルシュートの意識が低い日本は困るというヒントになったかもしれない(笑)。

こういう時に大迫の0.5秒のタメがあるだけで日本は全然違ったのだろうが、北川も武藤も予想通りに大迫の仕事は取って代われず、南野と堂安が個人プレイで目立つだけでコンビネーションは乏しく、大迫の不在だけが際立つ試合になってしまった。北川は悪い選手じゃないんだけど、代表のサッカーで1トップをやらせるには無理があり過ぎる。森保監督の犠牲者2号だ。

トルクメニスタンで大穴を作ってしまった守備については、相変わらずCBの間にあっさりと相手選手を通してしまうシーンはあったものの、バイタルをケアする意識の高い遠藤が入った事でかなり改善された。後半はガス欠になったが、柴崎の調子が上がらない分を攻守でカバーしていた。

裏のウズベキスタン戦では、ウズベキスタンがトルクメニスタンに4-0で快勝、これで日本は2位になり、次節の直接対決で1位通過が決まる事になった。1位の場合は、グループEの2位が相手になるのでカタールかサウジ、2位の場合はグループBの2位との対戦で、今の所はオーストラリア、シリア、パレスチナに可能性があるが、おそらくオーストラリアだろう。どちらにしても、大迫不在の森保ジャパンでは負ける可能性が十分ありそうだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「選手の自主性に任す限界を露呈、田嶋会長はジャパンズウェイを大絶賛の絶望」アジアカップ決勝 日本-カタール

まあ一言で言えば、負けるべくして負けた試合だったかなと。 森保監...

記事を読む

「決勝は、サカイとアリの引越社対決?」アジアカップ決勝 カタール戦展望

さて長かったアジアカップも、いよいよ今晩が決勝のカタール戦です。と言う...

記事を読む

「懐かしい香りのザックUAE、やっぱり”自分たちのサッカー”でカタールに玉砕」アジアカップ準決勝 UAE-カタール

UAEとカタールは国家として断交状態、スタジアムのチケットを王族が全て...

記事を読む

「選手じゃなくて審判にプレスをかけさせる、森保監督の恐るべき人心操縦術」アジアカップ準決勝 日本-イラン

さすがに3-0での勝利というのは予想外だったけど、そもそもイランの選手...

記事を読む

「長友とアズムン、凸凹対決がイラン戦のポイントになる?」アジアカップ準決勝 イラン戦展望

早くもまた準決勝の日がやって来ましたね。アジアカップは日程が詰まってい...

記事を読む

新着記事

「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

記事を読む

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

記事を読む

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

記事を読む

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

記事を読む

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑