「戯言2013」 一覧

ピンチの香川が取るべき進路とは?

2013/10/07 | 戯言2013, 未分類

昨日はサッカー観戦はお休みで、自転車のジロ・デ・ロンバルディアを見ておりました。 自転車レース界は、ランス・アームストロングを始めとするドーピングスキャンダルで揺れ続けておりましたが、そのランスのド...

続きを見る。

日本人選手のポジショニングは何故悪いのか

2013/09/27 | 戯言2013, 未分類

ACLで柏が広州恒大に1-4で負けた試合の後に、日本人選手はもっと個人守備能力を上げなければならない、という内容のツイートをして、その中でも特にポジショニングが問題であることを書きました。その事につい...

続きを見る。

2020年東京オリンピックの開催決定

2013/09/08 | 戯言2013, 未分類

福島原発の汚染水漏れが発覚し、外国のメディアからのツッコミが殺到するなど形勢悪化が伝えられていた東京五輪の招致活動ですが、結局は最終投票では60対36という意外な大差で開催を勝ち取りました。 個人的に...

続きを見る。

スペインの勝負強さはいつ培われたか

2013/06/26 | 戯言2013, 未分類

昨日、スペイン対ナイジェリアについての戦評を書いたのですが、その後お久しぶりのZEROさんから極めて丁寧なスペインの勝負強さについての解説をいただきましたので、転載させていただきます。 スペインにつ...

続きを見る。

イタリアと日本の友好のために

2013/06/21 | 戯言2013, 未分類

今日2度目のエントリーですが、久々に(?)とある読者の方から良いご指摘をいただいたので、この場で回答させていただきます。 お聞きしたいのですが、6/20の記事ではカウンターサッカーにするべきと書いて...

続きを見る。

2012-2013シーズン海外組通信簿 オランダ・ロシア編

2013/05/28 | 戯言2013, 未分類

チャンピオンズリーグ決勝のレポートはとりあえず後回しにして、まずはこっちを終わらせることにする。   本田圭佑 60点 半月板損傷の怪我に泣かされた昨シーズンを経て、今期は前半戦だけで7ゴールを挙げる...

続きを見る。

2012-2013シーズン海外組通信簿 ドイツ編その2

2013/05/27 | 戯言2013, 未分類

先週末はイベントごとが重なり、夜はガッツリ寝落ちしてしまってサッカーを見ておりません。なので、通信簿の続きをやります。   岡崎慎司 40点 昨シーズンはリーグで7得点を挙げ、今期は飛躍が期待されたに...

続きを見る。

2012-2013シーズン海外組通信簿 ドイツ編その1

2013/05/25 | 戯言2013, 未分類

海外組通信簿第2弾はドイツ組~。人数が多いので2回に分けて。   内田篤人 60点 扁桃腺炎、2度の肉離れといったアクシデントで戦列から離れがちで、今期はコンスタントに力を発揮できなかった。チーム自体...

続きを見る。

2012-2013シーズン海外組通信簿 イングランド、イタリア編

2013/05/24 | 戯言2013, 未分類

もう欧州のシーズンもほぼ終了という事で、ちょっと今期の海外組についての採点と簡単な総括を書いてみる事にする。点数は日本式に100点満点で(笑)。   香川真司 60点 ドルトムントでの活躍ぶりから日本...

続きを見る。

日本のセットプレイの弱さは欧州組のせい?

2013/03/28 | 戯言2013, 未分類

ちょっと小ネタ的な更新ですが、日本のセットプレイに対する弱さについて。 ザックは、ヨルダン戦の後に「CKさえ与えてはいけないのか」と語っていましたが、その失点シーンに限らず以前から相手の選手にボールを...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きの...

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとか...

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級...

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて...

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フラ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑