「今のレアルに対するドルトムントは、ブラジルに対する日本のようなもの」UEFAチャンピオンズリーグ 

スポンサードリンク

スコアの上では3-2で1点差、それもレアルのホームであるサンチャゴ・ベルナベウでの結果なのだから、低迷が続いているドルトムントにとっては明るい話題に見えるかもしれないが、実際はかなりレアルが手を抜いてくれた面が多く、失点後にはブラジルに流された日本代表を見ているようで、少し悲しくなってしまったよね。

ドルトムントのフォーメーションは3-4-3で、香川は右ウイングとして先発。しかし実質的には5-4-1の撤退守備で、あまりラインを上げず前線もレアルのDFにプレスをかけず、5-4のゾーンで何とかボールを奪ってカウンターを狙う、ハイプレス大好きなボシュ監督らしくない消極的な作戦。

当然、そんな付け焼き刃が上手く行くはずもなく、特に右WBに入ったバルトラはウイングのように高い位置で張ったままのSBテオ・エルナンデス、インサイドに位置する右ウイングのクリスティアーノ・ロナウドのどちらをマークすれば良いのか混乱していて、前半8分にはロナウドにあっさりカットインから振り切られ、クロスをイスコが当てたこぼれ球をマヨラルに押し込まれて早速先制点を献上してしまう。

バルトラは、前半12分にもコヴァチッチから折り返しのパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドをマークしに行ったのだが、ロナウドは全く苦にもせず右足を一閃、ドルトムントGKビュルキが全く動けないゴラッソをファーサイドに叩き込みあっさり2点目。

これはレアルに何点入るかと思ったのだが、ここからレアルはあからさまにペースを落とし、それまで全く攻撃を組み立てられなかったドルトムントが中盤でボールを持てるようになり、前半27分には香川がスルーパスに反応するも、シュートはDFに阻まれ、34分には同じようにオーバメヤンがスルーパスを受けて完全に抜け出すが、シュートはファーサイドへ外してしまう。

が、前半42分に左サイドでシュメルツァーがレアルのパスをカット、そのまま持ち込んでクロスを上げると、中央でDFを振り切ったオーバメヤンが頭で押し込みドルトムントが1点差に追いつくと、後半3分にはシャヒンからの縦パスを香川がヒールでコースを変えると、それがオーバメヤンの足元にピタリと合って同点ゴール。

これで休憩したレアルは再びアクセルを踏み込み、サイドチェンジを交えた大きな展開からのクロスでゴールを狙うも、ようやく試合に慣れてきたドルトムントの選手はデュエルで健闘、最後は体を張って何とか耐え忍んでいたが、後半36分にトプラクが交代で入った直後に、クロスのクリアボールを拾われ最後はルーカス・バスケスにミドルを決められレアルが再びリード。

後半43分にはバイタルエリアでパスを受けた香川が、カットインで相手を振り切ってフリーでシュートを打つ決定機を作ったが、守備に走り回った疲れで足に来ていたようで、最後が踏ん張れずふかしてしまい試合終了。裏の試合でスパーズがAPOEL相手に勝利したため、得失点差で3位をキープしたドルトムントは何とかヨーロッパリーグへの本戦出場権を手にした。

香川自身の出来としてはまずまず。オーバメヤンとプリシッチ、香川の前線はバランスが良くて悪くないと思うのだが、実際に得点という結果が出ていないので、そこをボシュ監督がどう判断するか。怪我人が続出しているので試合には起用されるとは思うが、とにかく今は結果が欲しいよね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ハメス・ロドリゲスの正しい使い方を見つけたのは、ジダンでもアンチェロッティでもなくハインケスだった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループB バイエルン・ミュンヘン-パリ・サンジェルマン

セルティック戦の7得点を筆頭に、ここまで得失点差が23と圧倒的な得点力でグループ首位を快走しているパリ・サンジェルマン。2位のバイエルンは勝ち点3差で最終節にPSGとの直接対決になったが、得失点差が1...

続きを見る

「もう長谷部が全力プレイをする事は難しいのかも・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ヘルタ・ベルリン-フランクフルト

最近は引き分けが多いながらも、何とか順位を上半分に保って粘っているフランクフルト。第14節はアウェイでヘルタ・ベルリンと対戦。長谷部はボランチでスタメン、原口と蒲田はベンチ外でのスタートとなった。 ...

続きを見る

「エイバル3連勝の裏には、乾の”あまり嬉しくないコンバート”があった?」リーガ・エスパニョーラ第14節 エイバル-エスパニョール

10月まではずっと得点力不足に悩まされ、降格圏ギリギリに沈んでいたエイバル。しかし12節のベティス戦で5-0の大勝を記録したと思ったら、次節は2-1、そしてこのエスパニョール戦でも3得点でリーグ3連勝...

続きを見る

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

2017/12/04 | Jリーグ

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グランパスとアビスパ福岡との対戦になった、今年のJ1昇格プレーオフ。 フォーメーションは名古屋、福岡ともに3-4-2-1で全く同じ...

続きを見る

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

2017/12/03 | Jリーグ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最大勝ち点の74を上回って優勝するだろうとさえ言われた鹿島アントラーズが、ラスト2試合でまさかの未勝利、J1のタイトルのみならず今シ...

続きを見る

「A組の結果は、オイルマネー同士のディールによるもの?」ロシアW杯組み合わせ抽選会・各グループの結果

2017/12/02 | ワールドカップ

昨晩は速報で日本のグループについてのみコメントしましたが、他グループの結果についてもちょっと書いてみます。   グループA ロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ いや...

続きを見る

ロシアW杯、日本はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアと対戦!

2017/12/02 | ワールドカップ

また明日に追記しますが、ひとまず速報。 先程、ロシアW杯の組み合わせ抽選会が行われ、日本はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアとの対戦が決定しました。 グループ分けの結果 ポ...

続きを見る

「これこそが、岡崎が入ったレスターがジャイアント・キリング出来る理由」イングランド・プレミアリーグ第14節 レスター・シティ-トットナム・ホットスパー

クロード・ピュエル監督が就任して以降、4-3-3のフォーメーションで岡崎をインサイドハーフで交代出場させるなど、何とか独自性を出そうともがいていたようだが、前節の下位ウェストハム戦がパッとしないドロー...

続きを見る

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

2017/11/30 | Jリーグ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との第33節。 ご存知のように、この試合で川崎が引き分け以下だと自動的に鹿島の優勝が決まり、しかも浦和は勝っても負けても順位は変...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑