「香川のPK奪取とアシストで勝利したが、起用法には不安が残る折り返し」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ボルシア・ドルトムント-ホッフェンハイム

スポンサードリンク

ホッフェンハイムのナーゲルスマン監督は、来期からドルトムントを率いるのではないかという噂が立っていて、ホッフェンハイムの監督としての立場だったかもしれないが、前節のマインツ戦でもドルトムントを視察に訪れているところをカメラに抜かれたのもあって、特にメディアからの注目を集めた試合。

ドルトムントは、前節のマインツ戦に引き続いて同じメンバー、同じフォーメーションで、香川は4-1-4-1の右インサイドハーフでの先発になったわけだが、マインツ戦と同様にあまり機能しない前半になってしまった。

試合開始5分で、ヤルモレンコが相手のパスミスを拾ってフリーでシュートを放ったが右に外してしまって先制のチャンスを逃すと、その後はホッフェンハイムのペースが続く。ドルトムントは前からプレスをかけずに4-1-4のリトリートしたゾーンを引いていたのだが、前半20分にホッフェンハイムが中盤でパスを回し、ドルトムントの守備が5バックになった状態からラインが乱れたところで裏にパスを通され、ウートにゴールを許してしまう。

ホッフェンハイムのフォーメーションは3-1-4-2で、マンマークは付けないけれどもヴァイグルに対しては2トップが常にプレッシャーをかけ、香川とゲレイロのインサイドハーフに対しても非常に寄せが早く、仕方なくドルトムントがSBへボールを預けてもしっかり縦のパスコースが切られてビルドアップが機能しない。そしてボールを奪ったらすぐさまウイングへと攻撃を展開するため、ドルトムントは両SHが対応に下がってしまって基点を作れず、オーバメヤンが孤立してボールにほとんど関与できない。

それでもドルトムントは前半43分にカウンターからヤルモレンコが絶好の形を作るのだが、処理にもたついてシュートまで持ち込めず、後半3分には香川の甘いマークを振り切られて、シュートはGK正面だったが決定機を作られるなど、中3日の連戦の影響もあってかドルトムントの選手は全体的に運動量が乏しく、守備から攻撃に移っても各選手のポジションが硬直化されたままで相手のマークを真正面から受けてしまい、ピッチに変化を生み出せない。

そんなドルトムントサポーターにとってもフラストレーションが溜まる閉塞状態を破ったのは香川だった。後半16分に、ドルトムントはこの試合初めてと言っていいダイレクトのパス回しから、PA内に香川が侵入してボールを受けたところで倒されPK。これをオーバメヤンがGKの裏を取る落ち着いたキックでドルトムントがようやく同点に追いつく。

得点後しばらくは香川がトップ下のように前に出て来て、オーバメヤンとのダイレクトプレイでリズムを作りかけたのだが、後半28分にダフードが投入されても香川のポジション的にはインサイドハーフのままだったので、そんな良い時間帯も長く作れず試合のペースが落ち着いてしまう。

そしてこのまま試合が終わるかと思われた後半44分、ダフードから中央でパスを受けた香川が一瞬の溜めでタイミングを図り、右サイドで飛び出したプリシッチにパス、ボールはツーバーの足に当たって浮いてしまったが、プリシッチが上手くトラップしてGKの飛び出しを交わし、そのまま流し込んでドルトムントがワンチャンスで逆転に成功、試合は2-1でドルトムントが逆転勝利を飾った。

ドルトムントは香川の活躍で2連勝を飾ったのはいいのだが、せっかくマインツ戦の後半で良かった香川トップ下の4-2-3-1を使わず、香川に守備力の不安があってヴァイグルにマークを付けられると攻撃が機能しない、4-1-4-1路線を崩さないシュテーガー監督の起用法には若干の疑問が残る。これでカップ戦を除けばウインターブレイクに入るわけだが、その間に監督がどういうチームに仕上げて来るのかに注目したい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ある意味最高のテストになった、結果と内容は最低の試合」EAFF E-1サッカー選手権 日本-韓国

2017/12/17 | 日本代表

日本代表に就任した外国人監督にとって、マスコミの批判を浴びがちになる原因の1つとして挙げられるのが、いわゆる「捨て試合」を作ってしまう事。それが”伝統の”日韓戦となればなおさらであろう。 小林の...

続きを見る

「本田は果たしてロシアW杯のメンバーに選ばれるのだろうか?」FIFAクラブワールドカップUAE2017 準決勝 グレミオ-パチューカ

やっと今大会初めてクラブW杯の試合を観戦。既に実施から日にちが過ぎた試合なので、主に注目の本田がパチューカでどんなプレイをしたかに注目して試合を見てみた。 パチューカのフォーメーションは4-3-...

続きを見る

「プレミアリーグ優勝当時のミラクルを復活させる、岡崎のドッピエッタ」イングランド・プレミアリーグ第17節 サウサンプトン-レスター・シティ

クラブW杯の見たい試合も溜まっているんだけど、やっぱりプレミアリーグで岡崎が2ゴール、吉田が1ゴールを挙げたというニュースを聞いてしまうと、どうしてもそっちを見てしまいたくなるのは自然な事だよね(笑)...

続きを見る

「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあったんだけど、ミッドウィークに行われたブンデスリーガで、シュテーガー監督が就任後初試合となったドルトムントがマインツに2-0で勝利した...

続きを見る

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

2017/12/13 | 日本代表

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ替えて臨んだ中国戦。メンバー云々よりも、中国が北朝鮮に比べてDFラインを高く設定していた事と、多少は日本も練習時間を取れた事もあっ...

続きを見る

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試合が続いているサウサンプトン。ホームでのアーセナル戦は、前節のボーンマス戦から4人を入れ替え、吉田もフートに代わってCBとして久々...

続きを見る

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

2017/12/11 | コラム・書評

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を見ようとしたけど秒殺で沈没(笑)。なので、週末に立て続けに出た海外移籍関係のニュースから。 健勇 ヘタフェ移籍濃厚!完全移籍での...

続きを見る

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

2017/12/10 | 日本代表

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうちW杯当確なのは井手口ぐらいで、あとは当落線上にすら届かない選手がほとんどだったとは言え、この試合の前半はハリルホジッチ体制になって...

続きを見る

「酒井の左サイドバックは、代表での新たなオプションになれるのか?」UEFAヨーロッパリーグ グループI オリンピック・マルセイユ-レッドブル・ザルツブルク

ヨーロッパリーグ・グループステージの最終節。グループIは、既にザルツブルクが勝ち点11で首位通過を確定、2位のマルセイユと3位コンヤスポルとの差は勝ち点2で、当該成績の結果によってマルセイユは引き分け...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑