「もうちょっと余裕を無くさせたかった」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-バイエルン

スポンサードリンク

今シーズンは史上最高の成績で、なんと28節にして優勝に王手がかかる試合になったバイエルンをホームに迎えてのフランクフルトだったが、残念ながら力及ばず0-1で敗れてしまい、優勝を決めて歓喜に湧くバイエルンの選手とサポーターを見届ける羽目になってしまった。
ただし点差が示すように、フランクフルトは自分達の力をある程度出し切った、ホームに詰めかけた満員のサポーターに対して立派な試合をやったのは確かである。
当然のようにボールを支配してサイドを中心に攻め立てるバイエルンに対し、フランクフルトはコンパクトなゾーンを自陣に引いて集中力高く守り、バイエルンがCLユベントス戦を控えてプレスは抑え気味だったとは言え、ボールを奪うと全員が忠実に押し上げてパスコースを作り、カウンターの機会を着実に作り出していた。
惜しむらくは、反撃に出てもバイエルンのプレスを交わしてボールをつなぐのが精一杯で、なかなか乾やアイグナーの飛び出しにスルーパスやサイドチェンジを合わせるまでには行けず、既にバイエルンが帰陣した後で乾の足元にボールが来るパターンが多く、そこからヨーイドンではなかなか決定機を作り出すまでには行かなかった。
それでも、乾は対峙するラームやハビ・マルティネスといった選手を物ともせず、ドリブルで4人を抜いてシュート(シュート自体は残念だったけど)を放つなど、フランクフルトの中でも存在感を見せつけていた。シーズン序盤はドリブルもひたすら一本調子だった嫌いがあったが、今は相手の重心を見ながら細かくコースを変えたり切り替えしたりするスキルを身につけており、バイエルンの選手も容易に飛び込めないオーラが出ていた・・・とはちょっと言い過ぎだけど(笑)。
フランクフルトは、前半30分にラーニヒに代えてチェロッツィを入れ、キレを見せていた乾をトップ下にしてゴールに近い位置でプレイできるようにしたっぽいが、逆にそれがバイエルンにスペースを与える結果になり、後半8分にボランチの位置から飛び込んできたシュバインシュタイガーを誰もマーク出来ず、失点を許してしまった。攻撃面でもかえって乾が使えるスペースが無くなり、狭い位置にパスが来なくて孤立、配置転換は完全に裏目へと出てしまった。バイエルンがいろんな意味で守りに入っていただけに、そこを突けなかったのは残念。
その後は逃げ切り体勢に入ったバイエルンに対し、クロスからPKを与えてもおかしくないシーンや、乾のポストをかすめたシュート、ラキッチの至近距離からのシュートといった同点のチャンスはあったのだが、ノイヤーの超反応に阻まれてゴールならず。つーか、あの乾のシュートが決まっていれば、全欧州の注目が集まっていた試合だったし、来期のステップアップが一歩近づいたのになあと思ってしまった。フランクフルトは悪いチームじゃないけど、裏へ抜けた動きにパスが来るようなチームで見たいよね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ローリスク・ローリターン」ナビスコカップ グループA 川崎フロンターレ-清水エスパルス

2013/04/11 | Jリーグ, 未分類

ここまでともに公式戦では7試合でわずか1勝と、調子に乗れないチーム同士の試合は、やはり低調な内容に終始した末にどちらも決定機に決められずスコアレスドローと、結果もお寒い試合になってしまった。 それを一...

続きを見る

「セットプレイでアシスト王?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ニュルンベルク-マインツ

ここまで8試合負け無しで、いつの間にか降格候補からすっかり抜けだしたニュルンベルクは、勝ち点4差で6位にいるマインツとの対戦でも勝利し、10位とは言え何とEL圏内まで勝ち点4にまで浮上して来た。 その...

続きを見る

「空回りチームの典型」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-シャルケ

3シーズン前ぐらいまでは、常にリーグ上位をキープして欧州戦の常連だったブレーメンだが、この2年は成績が低迷、今シーズンもここまで6戦勝ちなしの14位と沈んでしまっている。この試合でも、ホーム戦という事...

続きを見る

パリ-ルーベ2013

2013/04/08 | 未分類, 自転車

久々に自転車の話題を書きます。 2~3年前までは、このブログでも結構頻繁に自転車レースの話題を書いていたりしたのですが、ここ1年ほどはガックリと頻度が落ちてしまいました。 まず、サッカーの欧州組が増え...

続きを見る

「ジャイアント・キリングだけではございません」イングランド・プレミアリーグ レディング-サウサンプトン

現在リーグ最下位に低迷し、残留に向けてなりふり構わぬレディングが急遽新監督に据えたのは、なんと冬にサウサンプトンを電撃解任されたアドキンス。と言うわけで、図らずも監督の采配に注目が集まる試合になった。...

続きを見る

「ようやく内田は完調か」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 シャルケ-ホッフェンハイム

エースのフンテラールが怪我で抜けてから公式戦で連敗しているシャルケは、ホームに残留争いまっただ中のホッフェンハイムを迎えての難しい試合だったが、何とか終盤に突き放して久々の勝利となった。 この試合で負...

続きを見る

「何故柏だけが一人勝ち?」アジア・チャンピオンズリーグ グループH 水原三星-柏レイソル

今期も、広島が未だ勝ち点0で最下位に沈み、今節も仙台や浦和が韓国勢に敗れる中、水原とのアウェイ戦に挑んだ柏は、何と相手にPKが4回与えられるという超絶帳尻ジャッジの洗礼を受けながらも、6-2と大勝して...

続きを見る

「清武も長谷部も自分の仕事をこなす」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ヴォルフスブルク-ニュルンベルク

シーズン途中でいきなりヴォルフスブルクへと移籍してしまったヘッキング監督に対する、復讐戦という格好になった試合は、ホームのヴォルフスブルクが前半に2点をリードするものの、後半を守りきれず同点に追いつか...

続きを見る

「ジャイアント・キリングが日常」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-チェルシー

今シーズンのホーム戦では、マンチェスター・シティやリヴァプールといったビッグクラブを葬ってきたサウサンプトン。この試合でも当然のようにチェルシーに対して勝利を挙げ、まだ降格圏から勝ち点4の差とはいえ、...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「5レーン理論、何それ美味しいの?とムシャムシャ食べてしまうアトレティコ」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ アトレティコ・マドリー-ユベントス

クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したので、彼にとってはマド...

「2年ぶりに復活したノイアーとフンメルス、プレスを華麗にいなしアンフィールドを沈黙させる」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ リバプール-バイエルン・ミュンヘン

これも今節のチャンピオンズリーグでの注目カード。リバプールはいつものフ...

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いている...

「酒井が戻ったら、マルセイユはあっという間に10位から4位へジャンプアップ」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-アミアン

もちろんそれだけが理由じゃないだろうが、酒井がアジアカップから戻って来...

「プレイが研究され始めた鎌田、これからが本人もチームも正念場」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ズルテ・ワレヘム-シント・トロイデン

現在3連勝中のシント・トロイデンは、前節から同じメンバーで鎌田と冨安が...

→もっと見る

PAGE TOP ↑