「ヨロヨロ状態での内田復帰」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 シャルケ04-ハノーファー96

スポンサードリンク

ヴォルフスブルクとシュツットガルトの試合が終始ソリッドな展開で、この試合も前半のうちは皆が激しくプレスを掛けあってなかなかスペースやチャンスが出来ない試合だなと思っていたら、後半から大崩れで終わってみれば5-4の馬鹿試合になってしまった。
シャルケはフンテラールが出場停止のため、マリカが1トップで先発することになったのだが、これによってあまり前線でボールが収まらず、攻撃がとにかく縦に早く早くという感じになってしまい、いつもであればファルファンがボールを持って溜めを作り、内田がオーバーラップしてクロス、という流れになるところが、ファルファンがどんどん早めにドリブルを仕掛けてしまうために、単発の攻撃で終わってしまう事が多かった。
もっとも、太ももにガチガチのテーピングをしている怪我明けの内田も絶好調であるはずはなく、走ってはいるけど通常よりもダッシュやジャンプが効かない様子で、ハノーファーが決めた3点目は内田がディウフに競り負けて落とされたボールを押しこまれたものであるのを見ても、高さには結構強いはずの内田らしくない負け方だったと言える。
さらに内田にとって気の毒だったのは、前半のハイペースのあまりに後半は中盤が守備のカバーに戻れなくなってしまい、シャルケ、ハノーファーともどもSBが上がった後のスペースに誰もカバーに行っておらず、仕方なくCBがサイドに寄せてカバーに入り、それに連動してCBとSBがセンターにずれたところで、さらにその外側に選手が入って来てノーマーク、という場面が連発した事。こうなるとDFラインの選手は右往左往させられるだけで、全くのくたびれ損である。
とは言え、何とか試合には勝てたし、内田も2回の失点場面に絡むなどの不運・不調はあったものの結果的にはフル出場で、ちょっと全体的にスタートがあまりよろしくないブンデス組の中ではまずまずの試合だったと言える。
逆にハノーファーの酒井はこの試合でも出番なし。右SBのレギュラーであるチェルンドロが出場していないのに先発できない状況はかなり厳しい。1対1での対応が基本のブンデスでは、Jリーグでは基本になってしまっているスペースを漫然と埋めるようなポジショニングが一番嫌われるのだが、まだその癖が抜けていないのだろうか。通訳も入って監督の指示が理解できるようにはなってるはずなので、頑張らないとね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

高校サッカー決勝、岡崎1トップの雑感

2013/01/20 | 戯言2013, 未分類

昨日は、楽しみにしていた高校サッカー決勝だったんですが、読売テレビの録画中継が延長&PK戦までを1時間強という枠に無理やり押し込まれたものだったので、試合が始まったと思ったら前半40分になってました(...

続きを見る

サウサンプトン、アドキンス監督を解任!

今朝起きてTwitterをつらつら眺めていたら、いきなり信じがたいニュースが飛び込んできて一気に目が覚めました。 「サウサンプトンがアドキンス監督を解任、後任はポチェッティーノ氏」 確かにシーズンスタ...

続きを見る

「強豪相手にアウェイで貴重なドロー」イングランド・プレミアリーグ チェルシー-サウサンプトン

クラブW杯のために順延になっていたため、ミッドウィークに行われた試合。両チームは、この後また中2日で試合をやらなければならないのだから、本当にプレミアリーグは過酷である。そしてこの試合は、そのハードス...

続きを見る

「この試合では長友の復帰はならず」イタリア・セリエA第20節 インテル-ペスカーラ

長友を含め怪我人が続出して全くメンバーが揃わず、前節はウディネーゼに0-3の乾杯を喫したインテルにとっては、下位とはいえ2連勝中のペスカーラは油断の出来ない相手だったが、終わってみれば2-0という点差...

続きを見る

「フィジカルには頭で対抗」イングランド・プレミアリーグ アストン・ヴィラ-サウサンプトン

昨日は本当であれば高校サッカーの決勝を見る予定だったのだが、ご存知のように東京地方は大雪のため試合が19日へ延期となってしまったので、前の日に行われたサウサンプトンの試合を見ることにした。 勝ち点1差...

続きを見る

「まずはここから足がかり」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-リヴァプール

プレミアリーグのビッグマッチとしては珍しく、日本時間の午後10時半という早い時間に行われたので、久々にリアルタイムで見ることが出来た、マンUとリヴァプールのナショナルダービー。 前節の試合ではあまり出...

続きを見る

「これしか無いのにやられた」全国高校サッカー選手権大会 準決勝 京都橘-桐光学園

中村俊輔の母校ということで注目されていた桐光学園だったが、準決勝でダークホースの京都橘に0-3という思わぬ大敗を喫して敗れ去った。 とは言え、チーム全体のレベルで言えば明らかに京都橘よりも桐光学園のほ...

続きを見る

2013年のサッカー界を占う

2013/01/11 | 戯言2013, 未分類

天皇杯が終わってJリーグは完全なシーズンオフ、ドイツやロシアはまだウィンターブレイク、高校サッカーは1週間のインターバルと、サッカーファンにとって1年でこの時期が一番暇ですよね。 と言う訳で、2013...

続きを見る

「こっちはバランスとは無縁でした」全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 鵬翔-立正大淞南

前日に見た、星稜と東海大仰星の試合がバランスを重視した戦術同士の対戦だったのに対し、こちらは面白い事にそれとは正反対の試合になってしまっていた。ドイツやイングランドだとどうやっても同じようなサッカーに...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ヨーロッパリーグと同様に、もはやノルウェーは日本人にとってのお客様?」国際親善試合 日本女子代表-ノルウェー女子代表

昨日は、11/11に鳥取バードスタジアムで行われた、なでしこジャパンと...

「バイエルンに移籍して7年、宇佐美はようやくポジショニングの概念を理解し始めたのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 デュッセルドルフ-ヘルタ・ベルリン

前節のボルシアMG戦に続いて先発起用され、今期初得点を挙げた宇佐美のプ...

「バイエルンを抜いて4位浮上、やっぱりニコ・コバチ監督は長谷部を連れて行くべきだったような?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フランクフルト-シャルケ

ここ5試合は、リーグ戦・欧州戦どちらも無敗と好調同士の対戦。フランクフ...

「小野伸二や中村俊輔がなし得なかった、”ファンタジスタのゴールゲッター”が誕生しつつある?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第15節 オイペン-シント・トロイデン

今週の欧州リーグは日本人選手のゴールラッシュな様子だけど、昨日はその中...

「10万人のペルセポリスサポーターを黙らせる、冷静沈着な”ジーコ・スピリッツ”を見せつけた鹿島」AFCアジア・チャンピオンズリーグ決勝 第2レグ ペルセポリス-鹿島アントラーズ

ホームアンドアウェーで行われるアジア・チャンピオンズリーグの決勝。鹿島...

→もっと見る

PAGE TOP ↑