「ヨルダン戦のキーマン」オランダ・エールディビジ第27節 ADOデン・ハーグ-フィテッセ

スポンサードリンク

フランス戦の役立たずっぷりで、すっかり代表での1トップの優先順位としては下げられてしまった感があるハーフナー・マイクだが、前線での基点として絶大な信頼を得ている本田が欠場している事、そして満足なパスワークが出来そうにないヨルダンのピッチを考えると、彼がザックジャパンのキーマンとして起用される可能性は結構高いのではないかと思っている。
所属クラブのフィテッセでも監督にポストプレイの重要性を説かれ、FWコーチに指導を受けて向上中という情報を聞いていたので、それがどれだけ試合の内容に反映されているかという部分に注目して、この試合を見てみた。で、結果から言えば、残念ながらまだまだ道半ばなのかなと。
前半は、ホームでラインを上げてガンガン前に出て来るADOに押されてほとんどボランチの位置まで下がってのプレイが多く、足元に来るわけでも頭にハイボールが飛んでくるわけでもなくて、たまに前線へと飛び出した時にボールを受けたぐらいで、正直言ってボールに触る回数自体が少なかった。
後半になると、おそらくチームから指示が出たのだろうが、明確にマイクの足元へと縦パスが来るようになって、ポストプレイの回数が増えはしたのだが、一度足元へとボールを入れすぎて簡単に後ろから押されてロストしてしまった場面があり、それ以降はあまり信頼されなくなったのかめっきり回数が減ってしまった。
とは言え、彼のレベルが完全に停滞しているという事はなくて、後半の39分にヒールパスを受けてDFラインの裏へと抜け出し、相手のボディコンタクトに負けず冷静に足元を抜くチーム4点目となるシュートを決めたのを見ても、以前よりも重心が低くなって押される力に対しての抵抗力が上がり、腕で相手を抑えつつボールを反対側に置いてコントロールするスキルは身につけつつあるようだ。
ただ、それを常時意識して、あるいは無意識で出来るまでには至っておらず、時々以前の癖のままに棒立ちで足元に入れてしまってロスト、という場面になっているような感じだ。あと、まだボールが来てから何かをする、という受動的な対処に留まっているので、チームメイトのボニーがやっているように、パスが足元に来る前にマーカーに対して背中をぶつけ、相手が体から離れたタイミングでボール受けるというような、プレイを逆算した能動的な対処が出来るようになれば鬼に金棒だと思う。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「This is J-League」ナビスコカップ グループA 横浜Fマリノス-川崎フロンターレ

2013/03/21 | Jリーグ, 未分類

現在、自分的にJリーグの試合を見るときのテーマにしているのが、「得点に直結するプレイがチームとして出来ているかどうか」だったりするのだが、まあ良くも悪くもそのベクトルとは正反対なチーム同士の試合だった...

続きを見る

「調子に乗れない同士の調子が出ない試合」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-シュツットガルト

かたやリーグ戦5試合未勝利、かたや公式戦4連敗中という不調同士の対戦は、アウェイのシュツットガルトが連敗を止める勝利を手にしたが、どちらも最近の成績を反映してパッとしない内容だったと言える。 なかなか...

続きを見る

「これで満足してはそれまでよ」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 ニュルンベルク-シャルケ

しぶとく勝ち点を拾う試合を続けて、気がついてみればヨーロッパリーグが手に届きそうなところまで来ているニュルンベルク。この試合も、大黒柱のフンテラールを失ってチャンピオンズリーグを落としたシャルケを3-...

続きを見る

「もう金星は珍しくありません」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-リヴァプール

ここ3試合で1分け2敗と、またもや残留争いに引きずり込まれてしまったサウサンプトンだったが、何と公式戦4連勝中の好調リヴァプールに3-1で快勝してしまった。それにしても、シティやリヴァプールに勝ったと...

続きを見る

「セレッソのチャレンジに好感触」J1第3節 セレッソ大阪-FC東京

2013/03/17 | Jリーグ, 未分類

昨日は一番早い欧州組の試合が11時半からだったので、先にJリーグの試合を観戦。 浦和対名古屋の試合では、攻撃の「実質的な」スピードの遅さについ苦言を呈してしまったのだが、セレッソとFC東京の試合につい...

続きを見る

「欧州かぶれにはなりたくないけれど」J1第2節 浦和レッズ-名古屋グランパス

2013/03/16 | Jリーグ, 未分類

ここ数年は、本当に海外組日本人選手の人数が増えてしまって、シーズン中は彼らのめぼしい試合を追っかけているだけで1週間が過ぎてしまい、なかなかJリーグの試合まで手が回らないのだが、あえて週に1試合はJを...

続きを見る

「自ら勝利を手放してしまったシャルケ」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ シャルケ-ガラタサライ

ともにベスト16で敗退してしまった、日本人選手所属の2チーム。香川のマンUは不運な判定での惜敗だったが、内田のシャルケも十分勝ち抜けの可能性はあったのに、みすみす自らその機会を放棄してしまった試合だっ...

続きを見る

「イングランド勢の不振と香川との関連」FAカップ準々決勝 マンチェスター・ユナイテッド-チェルシー

レアルに敗退したチャンピオンズリーグであえて温存した、ルーニーと香川が出場という事で期待された試合だったFAカップチェルシー戦は、序盤に挙げた2点のリードを守りきれずに再試合となるドローに終わってしま...

続きを見る

「背が高くても日本人は1トップになれないのか」オランダ・エールディビジ第26節 トゥエンテ-フィテッセ

ヨーロッパリーグ出場権を争うライバルであるトゥエンテに、アウェイで1-0の勝利を挙げて勝ち点差を6に広げるという、結果から見ると申し分ない試合ではあったが、チームとハーフナー・マイクにとっては課題が残...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ヨーロッパリーグと同様に、もはやノルウェーは日本人にとってのお客様?」国際親善試合 日本女子代表-ノルウェー女子代表

昨日は、11/11に鳥取バードスタジアムで行われた、なでしこジャパンと...

「バイエルンに移籍して7年、宇佐美はようやくポジショニングの概念を理解し始めたのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 デュッセルドルフ-ヘルタ・ベルリン

前節のボルシアMG戦に続いて先発起用され、今期初得点を挙げた宇佐美のプ...

「バイエルンを抜いて4位浮上、やっぱりニコ・コバチ監督は長谷部を連れて行くべきだったような?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フランクフルト-シャルケ

ここ5試合は、リーグ戦・欧州戦どちらも無敗と好調同士の対戦。フランクフ...

「小野伸二や中村俊輔がなし得なかった、”ファンタジスタのゴールゲッター”が誕生しつつある?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第15節 オイペン-シント・トロイデン

今週の欧州リーグは日本人選手のゴールラッシュな様子だけど、昨日はその中...

「10万人のペルセポリスサポーターを黙らせる、冷静沈着な”ジーコ・スピリッツ”を見せつけた鹿島」AFCアジア・チャンピオンズリーグ決勝 第2レグ ペルセポリス-鹿島アントラーズ

ホームアンドアウェーで行われるアジア・チャンピオンズリーグの決勝。鹿島...

→もっと見る

PAGE TOP ↑