「コンフェデ・ブラジル戦の攻略法」国際親善試合 ロシア-ブラジル

2013/06/07 | その他戦評, 未分類

スポンサードリンク

スカパーの無料放送期間中だったので、昨晩は録画しておいたロシア対ブラジルの親善試合を観戦。
試合内容自体は、前半こそロシアの勢いが勝ったが、その後はやはり4-1-4-1でコンパクトに組織で守るロシアをブラジルが攻めあぐね、後半に劣勢だったロシアが少ないチャンスを活かしてリードし、最後はロスタイム近くなって何とか同点ゴールでブラジルが追いついたという、ごく最近に埼玉やウェンブリーで見たような(笑)良くありがちな試合ではあったが、コンフェデでの対戦を控えた日本にとっては、この試合はブラジルを攻略する上で非常に参考になったのではないかと思う。
ブラジルのフォーメーションは4-2-3-1で、1トップのフレッジの下には、カカー、ネイマール、オスカルの3人が並び、彼らがかなり自由にポジションチェンジをして多彩な攻撃を繰り出すのが特徴。と言えば聞こえはいいが、実際にはスペースと時間を徹底的に潰すロシアの前に、ネイマールを筆頭としてやたらと足元でこねくり回す場面が目立ち、ゲームを支配している程には決定的な場面を作れていなかった。
とは言え、ブラジルの同点ゴールの場面がそうだったように、マルセロとダニ・アウヴェスのSBがスピードに載った攻撃参加をし始めると非常に厄介で、ネイマールやカカーの溜めからオーバーラップという流れをいかにして止めるかが、ブラジルの攻撃対策として最も重要な部分になって来るだろう。
そしてブラジルの弱点を1つ挙げるならば、それは自陣に入られた時の守備にある。日本にも言えることだが、2列目が自由なポジションを取る分、ボールを奪われた時のファーストディフェンスに穴ができやすく、彼らがあまり自陣まで守備に戻って来ないので、ロシアがカウンターから人数をかけて来ると数的不利になり、まさに先制点の場面が示すようにセカンドボールを拾われて連続攻撃を食らうパターンが多かった。
ブラジルの守備は、カウンターに対してはまずボランチが楔を止めて攻撃を遅らせ、その間にDFがラインを整えて自陣ゴール近くに壁を作って裏へのスペースを消す流れになっており、カウンターの序盤で前に出る人数を揃えてファーストディフェンスを回避すれば、かなり大きなチャンスを作る事ができるはず。そしてセカンドボールを狙って積極的に押し上げ、サイドで数的優位を作って横の揺さぶりを続けるべきだろう。
ただ、その弱点は裏返せば強みでも有る。ブラジルは前線の選手が前残りする事が多いので、カウンターでミスがあるとあっという間にゴールまで持って行かれてしまう。いつも日本が対ブラジルでやられているパターンだけどね(苦笑)。特に本田や香川への縦パスが狙われる対象になるだろうから、前田や岡崎の裏を取る動き出しをどれだけ有効に使えて行けるかがポイントになりそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「隣の芝生はどちらも青い」国際親善試合 イングランド-アイルランド

2013/06/06 | その他戦評, 未分類

昨日は飲みの用事があってサッカーの試合を見ていないので、オーストラリア戦の前に見た聖地ウェンブリー・スタジアムで実に18年ぶりの対戦となったイングランドとアイルランドの試合について少し書いてみる。 試...

続きを見る

アジア最終予選・各グループの動向

2013/06/05 | 日本代表, 未分類

日本はとりあえず無事最終予選を突破。気分的には大きく左うちわ・・・と言いたいところですが、昨日の試合展開でガッツリ気疲れしてしまってうちわを扇ぐ気力が湧きません(苦笑)。と言うわけでダラダラと他グルー...

続きを見る

「笑顔無きW杯出場決定」ブラジルW杯アジア最終予選 日本-オーストラリア

2013/06/04 | 日本代表, 未分類

いや~、本当に厳しく苦しい試合だった。 狙いすました香川のループシュートがクロスバーに当たって、オアーの蹴りそこないのクロスが直接ゴールに入った時には、どれだけ日本は勝利の女神に嫌われているのかと思っ...

続きを見る

「では高さ対決をどうするか」続・アジア最終予選オーストラリア戦展望

2013/06/04 | 日本代表, 未分類

昨日の展望では、メンバー選考をどうするかという部分についてしか書けていなかったので、オーストラリアが間違い無く仕掛けて来るであろうロングボール攻撃に対し、日本はどう戦うべきかについて書いてみます。 高...

続きを見る

「解答困難な三次方程式」アジア最終予選オーストラリア戦展望

2013/06/03 | 日本代表, 未分類

明日が個人的な用事で忙しくなりそうなので、ちょっと早めにオーストラリア戦の展望を書いてみます。 まあ事実上と言うか99.9%は最終予選突破が決まっている日本ですが、やはりホームでグループの最大のライバ...

続きを見る

「ガンバ復活のポイント」J2第17節 ガンバ大阪-栃木SC

2013/06/02 | Jリーグ, 未分類

J2に落ちてスタートした序盤は、ドローが続いてこのままではシーズン前に描いていた独走でJ1返り咲きなど夢のまた夢になるのではないかと思われたガンバだったが、遠藤と今野が代表で不在となったこの試合でも栃...

続きを見る

「策士ネルシーニョの本領発揮」J1第9節順延分 サンフレッチェ広島-柏レイソル

2013/06/01 | Jリーグ, 未分類

ACLで順調にベスト8に進みながら、その影響で前節に6失点と大敗を喫してしまった柏が、好調の広島相手に取って来た戦術は、何と完全マッチアップの3-4-3のフォーメーションであった。 その狙いは、言わば...

続きを見る

「短期戦略としてはまずまず、問題は長期戦略」キリンチャレンジカップ 日本-ブルガリア

2013/05/31 | 日本代表, 未分類

試合の結果を知ってから録画を見たというせいもあるのか、TwitterのTLや掲示板等での落胆・罵倒ぶりに比べると、そう悪く無い親善試合だったように思った。 まず、ブルガリアは明らかにオーストラリアより...

続きを見る

「もしこの舞台に香川がいたならば」UEFAチャンピオンズリーグ決勝 ボルシア・ドルトムント-バイエルン・ミュンヘン

週末から週明けにかけて、イベントや仕事の関係で多忙だったのでなかなかCLの決勝を見られなかったのだが、ようやくじっくりと見る事ができた。 期待通りというか、噂に違わぬハイペースかつハイレベルで拮抗した...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑