「逆襲への道は険し」ドイツ・ブンデスリーガ第9節 フランクフルト-ニュルンベルク

スポンサードリンク

ビージンガー監督の更迭により、暫定的にU-23の監督であるプリンツェン氏が指揮を取っての初試合は、フランクフルトのホームで終盤に追いついての引き分けというまずまずな結果に終わったが、内容的にはビージンガー体制からあまり向上出来ているとは言えないお粗末なものであった。

前節の長谷部1ボランチというバンザイアタックからはさすがに変更され、清武トップ下、長谷部はスタルクとコンビのダブルボランチに戻ったのだが、特に前半はDFラインがあまりにも早くズルズルと下がってしまい、フランクフルトが中盤を使わずにロングボールを入れる攻撃に出て来たために、ラインが下がったスペースでセカンドボールを拾われ、連続攻撃を受ける厳しい展開になってしまった。

長谷部は何とかスペースを埋めるべく走り回るのだが、チェイシングに行ってもスペースを使われてあっさり抜かれたり、前線との距離が遠いので無理めな長いサイドチェンジを通そうとして流れてしまったりとなかなか周りと噛み合わず、清武は苦し紛れのパスしか後ろから出て来ない上に、フランクフルトのダブルボランチが激しくチャージに来て何度も倒されるものの、この試合の審判はボディコンタクトに甘くてほとんどファールを取ってもらえなかった。

後半からようやくSBが絞って中盤に守備参加をしたり、ボールを奪ってからサイドの上がりが早くなって、長谷部もスタルクと息が合って来て攻撃を組み立てる働きが出来るようになったのだが、そういう時に限って中央突破からマークを外してあっさり失点。

残り20分ほどになると両チームともにスペースが出来やすくなり、そこで清武に代えてマクとドルミッチを入れた采配があたった。86分に、バイタルでボールをキープしたマクのスルーパスが、オフサイドラインぎりぎりで抜けだしたドルミッチに合い、これを冷静に決めてニュルンベルクが同点に追いついて試合終了。

長谷部は試合時間が過ぎるごとに内容が向上して行ったけど、清武は交代で入ったドルミッチが点を取っただけにやや印象悪し。トップ下のきついプレッシャーから逃げないのは悪く無いんだけど、足元でもらいたがるために、そこをフィジカルコンタクトで狙われてしまっている。珍しく判定に苛立つところを見せたが、タイミングよくパスをくれそうな選手が長谷部しかいない現状では、ドルミッチのようにDFの裏のスペースでボールを受けるような工夫も必要ではないかと思う。

ニュルンベルクはようやく新監督がヘルトヤン・フェルベークに決まったようだが、モイーズにように何かを変えたがるフィジカル信奉者で無いことを祈るばかりである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「怪我人続出ながら難敵撃退」ドイツ・ブンデスリーガ第9節 ブラウンシュヴァイク-シャルケ

開幕から7戦で勝ち点1と、ブンデスリーガでダントツ最下位を突っ走っていたものの、前節のヴォルフスブルク戦で2-0とようやく初勝利を挙げて調子が出て来たブラウンシュヴァイク。怪我人続出のシャルケはそんな...

続きを見る

「これぞ吉武イズム」U-17ワールドカップ グループD 日本-ロシア

2013/10/20 | ユース代表, 未分類

2011年のメキシコ大会で旋風を巻き起こし、ベスト8に入る健闘を成し遂げた吉武監督が、日本にしては珍しく今回も継続して指揮を取っている2013年UAE大会。初戦のロシアはヨーロッパチャンピオンで前評判...

続きを見る

ザックジャパンの本当に深刻な問題

2013/10/18 | 日本代表, 未分類

2連敗に終わった欧州遠征から3日が経ち、その間あちこちの言説を見て回っていたのだけど、ザックが無能だとか選手任せだとか、Jリーグで結果を出している選手を選んでないだとか、そんで更迭すれば万事解決みたい...

続きを見る

「このままじゃカウンターの餌食」ブラジルW杯欧州予選グループ1 クロアチア-ベルギー

昨日は、11月の欧州遠征で対戦する予定になっているベルギーが、10/11にクロアチアホームで戦って2-1で勝利し、W杯出場権を獲得した試合を見てみた。 BSでの放送だったので途中で編集が入り、後半の...

続きを見る

「結果的に不調攻撃陣と心中」国際親善試合 ベラルーシ-日本

2013/10/15 | 日本代表, 未分類

う~ん、今までの日本であれば1試合目に気の抜けた試合をしても、2試合目になると引き締まった内容に出来ていたんだけど、今回はその反発力が全く感じられなかったね。 その原因は、今までザックジャパンの攻撃...

続きを見る

「クロスの形を増やしたい」日本代表欧州遠征ベラルーシ戦展望

2013/10/15 | 日本代表, 未分類

今日は21時15分から欧州遠征の2試合目、ベラルーシ戦が行われますね。と言うわけで、恒例の展望を簡単に。 セルビア戦の敗因は、日本の持病であるアウェイでの立ち上がりの悪さ、ピッチがデコボコでパスサッ...

続きを見る

「まだまだ続くかパルセイロの快進撃」天皇杯3回戦 ギラヴァンツ北九州-AC長野パルセイロ

2013/10/15 | 天皇杯, 未分類

天皇杯2回戦でホームの名古屋グランパスを2-0で破るという大金星を挙げたAC長野パルセイロ。3回戦ではJ2ギラヴァンツ北九州相手で後半終了間際に退場者を出しながらも120分間を耐え抜き、PK戦を制して...

続きを見る

「イングランドも日本と紙一重」ブラジルW杯欧州予選グループ8 イングランド-モンテネグロ

グループの1位から4位までがわずか勝ち点3の中にひしめき合っていた激戦のグループ8。聖地ウェンブリーで行われたモンテネグロとの試合はイングランドが4-1で快勝し、ウクライナに勝ち点1差のグループ首位に...

続きを見る

「今更心配しても始まらないが・・・」国際親善試合 セルビア-日本

2013/10/12 | 日本代表, 未分類

9月の欧州遠征の第1戦は、スタンコビッチの引退セレモニーでお祭りムードになっている、W杯敗退が決まった1.5軍のセルビアに対し、日本は1点も入れられずに完敗という結果に終わってしまった。 水を得た魚...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「体はヘロヘロでもセフェロビッチに完勝、長谷部はチェルシーも整えに行く」UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 第2レグ フランクフルト-ベンフィカ

ベンフィカホームでの第1戦を2-4で折り返し、フランクフルトに...

「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則...

「ヤングアヤックスの勢いは、重鎮クリスティアーノ・ロナウドを軽々と打ち破った」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝第2レグ ユベントス-アヤックス

アムステルダムでの第1レグを1-1のドローで終えた後の第2レグ、ホーム...

「日本人選手は4人が先発、今までとは見違えるほど大きな進歩を見せた選手とは?」ベルギー・プレーオフ2第4節 シント・トロイデン-オーステンデ

AB2グループに分けて10試合を戦うベルギーのプレーオフ2で、グループ...

「伊東はアシストを決めたが、前半と後半ではあまりにジキルとハイド」ベルギー・プレーオフ1第4節 ゲンク-クラブ・ブルージュ

ベルギーリーグの優勝プレーオフで1位と2位の直接対決。しかもクラブ・ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑