「全てが裏目に出たザックジャパン」ブラジルW杯アジア最終予選 ヨルダン-日本

2013/03/27 | 日本代表, 未分類

スポンサードリンク

裏の試合であるオーストラリア対オマーンがドローに終わったおかげで、日本は引き分け以上でブラジル行きが決まるチャンスだったのだが、あえなく自滅で悔しい敗戦、切符の獲得は次戦以降に持ち越されてしまった。
試合の先発は、カナダ戦で良かった後半の布陣で来るかと思ったのだが、ザックはあえて本来のベストメンバーに近い形である、前田1トップの香川トップ下、2列目の左に清武を入れた前線にして来たのだが、残念ながらこれがあまり機能しなかった。
意外にも、ヨルダンはあまり前から来ずに日本は比較的中盤でボールを持つことが出来、序盤は清武が香川とのワンツーでPA内でフリーになったり、前田が2度もゴールからの至近距離でヘディングを放つなど、決定的なチャンスを作ったのだが決め切れない。
そこから徐々に、単純なロングボールをヨルダンの前線がフィジカルを生かしてキープし始めると、強引なドリブルを日本の守備陣が止められずにズルズルと下がり、それに釣られて2列目までもが後退して前田が孤立、日本は遅攻しか仕掛けられなくなって、それも丁寧に行き過ぎてシュートを打たずに外へパスを流してみたり、足元でこねたりと、単調な攻撃に終始してしまう。そして前半終了間際にCKから失点・・・
後半からはガッチリ引いてしまったヨルダンに対し、日本の工夫が足りない攻撃はやすやすと受け流され、15分に酒井高徳がアタックに行って交わされた後、吉田も相手を見てしまってそのままドリブルで持ち込まれてあっさりと2点目を献上。吉田の淡白なプレイもそうだが、ここで誰もカバーに入っていなかったところに日本のコンディションの悪さが露呈していた。
これでようやく日本にも少しエンジンがかかったのか、清武のワンタッチで裏に流した浮き球に反応した香川が流し込み1点差に追いつくと、内田のオーバーラップをヨルダンの選手が倒してしまいPK。しかし職人であるはずの遠藤は、魅入られたかのようにGKのタイミングで打ってしまい失敗。ここも、遠藤が好調であったならばと悔やまれる。
このPK失敗でまた相手が元気付いてしまい、その後は日本がボールを支配するもヨルダンは最後まで足が衰えずに日本の攻撃を跳ね返し続けてタイムアップ。悪いなりに最低限でも引き分けには持ち込めた試合の流れだっただけに、非常に悔しい結果になってしまった。
カナダ戦の出来で懸念はしていたが、前田と長谷部、遠藤、今野、内田のプレイにキレがなく、右利きで左にいるならシュートが期待されているはずの清武がまたも消極的なプレイに終始してしまうなど、結果的にはザックの起用は完全に裏目へと出てしまった。中村憲剛でボランチの不出来をフォローし、マイクでフリックやポストプレイを活かして中盤が前を向く時間を作るプランだったらと思うのだが、想像以上にザックにもプレッシャーがかかって、選手とともに慎重になり過ぎたのかもしれない。
まあ、先発で出ていた選手はそれだけザックの信頼を集めていたのだから、それに答えなければならないのは間違いなく、監督にも選手にも残念な気持ちが残る試合だった。とにかく次はホームで崖っぷちのオーストラリア相手のガチンコ勝負が待っている。今度こそ、万全の状態でスッキリ勝って決めて欲しいものだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

ここで決められるか、アジア最終予選ヨルダン戦展望

2013/03/26 | 日本代表, 未分類

さて、1年半に渡って戦って来たブラジルW杯アジア最終予選、大詰めの一番であるヨルダン戦がやって来た。 日本はここまで2位に勝ち点8差で大きくリードしているとは言え、残り2試合がホームでのオーストラリア...

続きを見る

「南米のようで南米でない?」ブラジルW杯南米予選 アルゼンチン-ベネズエラ

ドイツW杯の決勝トーナメント1回戦で戦ったパラグアイや、引き分けに終わった2年前のペルー戦、そしてトルシエジャパン時代に酸化したコパ・アメリカなど、昔から日本代表は南米勢を苦手にしてきた。 それは1対...

続きを見る

「鹿島のターン、東京のターン」ナビスコカップ グループB 鹿島アントラーズ-FC東京

2013/03/24 | Jリーグ, 未分類

サッカーの試合においては、得点経過や選手起用の関係で、前半と後半の両チームの勢いが全く正反対になってしまうのは良くある話だが、その中でもここまで完璧に入れ換わった試合というのも珍しい。 鹿島のセレーゾ...

続きを見る

「これはあくまで練習試合」国際親善試合 日本-カナダ

2013/03/23 | 日本代表, 未分類

案の定、セルジオ氏を筆頭として某掲示板あたりでは試合についての罵倒が渦巻いているわけだが、強化試合で下手に楽勝してしまうほうが油断しそうだし、フィジカル的には一番負荷がかかっている時期にやっているはず...

続きを見る

「ヨルダン戦のキーマン」オランダ・エールディビジ第27節 ADOデン・ハーグ-フィテッセ

フランス戦の役立たずっぷりで、すっかり代表での1トップの優先順位としては下げられてしまった感があるハーフナー・マイクだが、前線での基点として絶大な信頼を得ている本田が欠場している事、そして満足なパスワ...

続きを見る

「This is J-League」ナビスコカップ グループA 横浜Fマリノス-川崎フロンターレ

2013/03/21 | Jリーグ, 未分類

現在、自分的にJリーグの試合を見るときのテーマにしているのが、「得点に直結するプレイがチームとして出来ているかどうか」だったりするのだが、まあ良くも悪くもそのベクトルとは正反対なチーム同士の試合だった...

続きを見る

「調子に乗れない同士の調子が出ない試合」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-シュツットガルト

かたやリーグ戦5試合未勝利、かたや公式戦4連敗中という不調同士の対戦は、アウェイのシュツットガルトが連敗を止める勝利を手にしたが、どちらも最近の成績を反映してパッとしない内容だったと言える。 なかなか...

続きを見る

「これで満足してはそれまでよ」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 ニュルンベルク-シャルケ

しぶとく勝ち点を拾う試合を続けて、気がついてみればヨーロッパリーグが手に届きそうなところまで来ているニュルンベルク。この試合も、大黒柱のフンテラールを失ってチャンピオンズリーグを落としたシャルケを3-...

続きを見る

「もう金星は珍しくありません」イングランド・プレミアリーグ サウサンプトン-リヴァプール

ここ3試合で1分け2敗と、またもや残留争いに引きずり込まれてしまったサウサンプトンだったが、何と公式戦4連勝中の好調リヴァプールに3-1で快勝してしまった。それにしても、シティやリヴァプールに勝ったと...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑