「やっぱりMSNは卑怯以外の何物でもないよね」コパ・デル・レイ準決勝 第1レグ アトレティコ・マドリー-バルセロナ

スポンサードリンク

もう1方のカードがセルタ・デ・ビーゴとアラベスの対戦だけに、事実上の決勝戦と見られるコパ・デル・レイの準決勝、アトレティコ・マドリー対バルセロナ。

アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われた第1レグは、前半のうちに2点を奪ったバルサがアトレティコの猛追を振り切り、まずは1-2で先勝して優位な立場に立った。

ブスケツとイニエスタが怪我で欠場したバルサだったが、セルジ・ロベルトとアンドレ・ゴメス、ラキティッチの中盤はDFラインとコンパクトな距離を保ち、序盤はホームの勢いで攻めるアトレティコにサイドを突かれながらも、中のグリーズマンとカラスコをきっちりパックしてチャンスを作らせない。

すると前半6分に、中盤でグリーズマンがマスチェラーノのタックルでボールを奪われると、スアレスが拾ってワンタッチでマーカーを抜き去り、4人に囲まれながらも最後はアウトできっちりゴールに流し込んで、バルサが一瞬のうちに先制点をゲットする。

アトレティコはおなじみ4-4-2のフォーメーションなのだが、いつものコンパクトかつ精緻で激しい守備が見られず、ゾーンの間で正確にボールを受けるネイマール、メッシ、スアレスに対して対応が後手に回り、前を向かせてはファールで止ざるを得ない悪循環。

そして34分には、メッシが右サイドから切れ込んで少し左足のアウトにかけたミドルが、外側へとカーブをしながらゴールポストに当たるゴラッソになって2点目。ほとんどシュートコースなんか無かったのに、ほんの一瞬のスキにスーペルなゴールを決めてしまうのだから本当に恐ろしい。

しかしアトレティコが後半からフェルナンド・トーレスを投入すると、試合の状況は一変する。トーレスがサイドや中盤に動いてボールを収める事でグリーズマンの動けるスペースが出来、DFラインの押し上げる時間も作れるようになってアトレティコらしいプレスが復活する。

後半4分に早速トーレスのポストからガビが抜け出してGKと1対1のチャンスを作ると、14分にはFKからのクロスを前半は消えていたグリーズマンが打点の高いヘッドで合わせてアトレティコが1点を返す。

バルサは中盤の運動量が落ちてアトレティコにボールを支配され、4バックは中に絞って耐えるのみで全くサイドのケアが出来ず、アトレティコがその後もサイドの高い位置で自由に基点を作って攻め立て、その後も折り返しに合わせたグリーズマンや、カラスコのオーバーヘッドなど決定機を量産するが決められず。

終盤には互いにスペースが出来てバルサも息を吹き返し、メッシやネイマールが絶好機を迎えるがこれも決めきれず。そのまま試合は1-2で終了、アトレティコにとっては後半に押しまくっただけに、何とも前半の戦い方がもったいない第1レグになってしまった。

しかしこのバルサの監督になったら、とりあえず7人のフィールドプレイヤーで守る方法さえ確立できたら、後は何も考えなくても勝手にMSNが2点以上取ってくれるのだから、おそらく世界で最も楽ちんな監督なのではないかと思ってしまいました、マル。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

気がつけば、ブックメーカーマネーの波に飲まれつつあるJリーグ

2017/02/03 | Jリーグ, 未分類

昨日は夜に飲み会があり、特別見ないといけない試合も無かったので、今回は最近注目したニュースをピックアップしてみます。 Jリーグ放映権を“黒船”に奪われた「スカパー!」の悲劇 ダ・ゾーンが超強気な理由...

続きを見る

「スターの補強でヨーロッパリーグへラストスパート?」フランス・リーグアン第22節 モンペリエ-マルセイユ

前節と前々節は、上位のモナコとリヨンと対戦してコテンパンにやられてしまったマルセイユ。しかし冬の補強でユベントスからベテランのパトリス・エヴラ、ウェストハムから渦中のパイエというワールドクラスを補強し...

続きを見る

「ウォルフ監督が浅野にインサイドハーフ養成ギブスを着装?」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第18節 ザンクトパウリ-シュツットガルト

ザンクトパウリとシュツットガルトちという、合計で日本人選手3人が所属する対戦カードだが、宮市も細貝も怪我のためベンチ外で先発は浅野のみとやや寂しい事になってしまった、長いウインターブレイク明けの試合。...

続きを見る

「チームのために動いた香川の判断を、ベンチという形で拒絶したトゥヘル監督」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

ウインターブレイク明けの試合でブレーメンには勝利したものの、ここ5試合で白星はその1つのみと相変わらずパッとしないドルトムント。今節アウェイで行われたマインツ戦でも、試合序盤に先制しながらも終盤に追い...

続きを見る

「実質3ゴール1アシスト、大迫を自由にさせ過ぎたダルムシュタット」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 ダルムシュタット-ケルン

昨日は1日中とあるイベントに出かけていて、夜はヘロヘロ状態で試合内容はあんまり頭に入ってないので簡単な感想で。 ご存知のように、アウェイのケルンが6-1でダルムシュタットを圧倒、大迫は前半36分に左...

続きを見る

「長谷部がアシストを決め、守備も整えまくってシャルケを撃破」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 シャルケ04-フランクフルト

今日は朝から恒例のイベントに出かけるのでレポートは簡単に。 どちらも守備時は5バックになる、ドイツでは最近流行している戦術を取るチームの対戦、しかしシャルケがアンカーを置く3-1-4-2、フランクフ...

続きを見る

「若手主体の未熟なチームを一変させたレオ・シルバ」2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ スパンブリーFC-鹿島アントラーズ

2017/01/28 | Jリーグ, 未分類

昨日はインターリーグカップの第2戦が行われていたんだけど、鹿島はバンコクに負けちゃったし、同じチームを2回見てもしょうがないので、鹿島が初戦で戦ったスパンブリーFCとの試合を見てみた。 鹿島の先発は...

続きを見る

「吉田も”裸”で無ければイングランドでも王様になれる」イングランド・リーグカップ準決勝 第2レグ リバプール-サウサンプトン

今までカップ戦でサウサンプトンの試合を無視し続けてきたDAZNがやっとこさ仕事をしてくれたので、昨晩はリーグカップの準決勝第2戦をネット視聴。 前線にスタリッジ、ララーナ、フィルミーノと揃えてほぼベ...

続きを見る

「試合を見れば分かる、中村俊輔がFマリノスから去った本当の理由」2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ バンコク・ユナイテッド-横浜Fマリノス

2017/01/26 | Jリーグ, 未分類

タイで1次キャンプを行っている鹿島と横浜Fマリノスが、タイのバンコク・ユナイテッドとスパンブリーFCと交互に2試合を行うインターリーグカップ。その録画がDAZNであったので、昨晩はその試合を見てみた。...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑