「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

スポンサードリンク

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった。

しかし点差がチーム力を正確に表していたわけではなく、試合の序盤はむしろ前橋育英のほうに多くの決定機があった。前橋育英は、4-1-4-1のフォーメーションを取る青森山田に対し、アンカー横のスペースに攻撃陣が上手く入り込んで縦パスを受け、ボランチが前を向いてサイドへ展開して攻撃のリズムを作り出す。

前半5分にCKで青森山田GK廣末が飛び出したところを人見がヘディング、枠内へ飛んだボールはカバーに入った選手がなんとかクリア。16分には中盤でボールを奪ってから高沢が抜け出してGKと1対1になるが、GK廣末が素早く詰めてセーブと、前橋育英は連続して決定機を作り出すが得点ならず。逆に前半23分、鳴海のクロスをPA内で受けた高橋がトラップからすぐさまシュートを放つと、前橋育英の選手に当たってゴールイン、青森山田がワンチャンスで先制点を奪ってしまう。

その後もチャンスは前橋育英のほうに多く生まれ、35分に中央からのFKに松田陸がゴール前で合わせるものの枠を外れてしまい、44分にはCKがそのまま流れてゴール前1mのところで完全フリーだった角田の前に。しかしボールが角田の足元にすっぽり入り込んでしまい、その一瞬の遅れでクリアされてしまった。そしてまたまた逆に前半のロスタイム、青森山田が右サイドで抜け出し嵯峨がきっちりコースに決めてあっさり2点目。

これで焦りが生まれたのか、中盤が前掛かりになってバイタルが空きがちになってしまった前橋育英に対し、青森山田はGK廣末から正確なフィードが前線に供給され、そこを基点にして前橋育英を攻め込んでいく。後半12分に右サイドからのロングフィードを鳴海が胸トラップから反転シュートを決めると、その2分後にも廣末のゴールキックを郷家が頭でそらし、抜け出した鳴海が4点目を決める。

前橋育英も21分、24分と立て続けにチャンスを作り、30分には左サイドでの粘りから大塚がフリーでヘディングするがボールはバーの上でどうしても得点できず。試合終了間際には青森山田がミドルシュートで5点目というおまけ付きで試合終了。前橋育英にとっては、準決勝でも露呈してしまった決定力不足にとことん足を引っ張られる決勝戦であった。

あと少々残念だったのは、前橋育英GK月田が2点目で脇を抜かれた事に動揺したのか、3~4点目もセーブできたシュートをあっさり決められてしまった事。序盤のピンチをビッグセーブで凌ぎ、攻撃面でも多大な貢献をしていた廣末と比べると、やはりビッグマッチになればなるほどGKのプレイがモノを言うという事を改めて思い知らされる。

これで青森山田は高校選手権初優勝。今年は高円宮杯も優勝を飾り、ユース世代二冠達成、まさに青森山田の年になったシーズンであった。選手、関係者、青森県民の方々、本当におめでとう!

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。 試合はもちろん、序盤からというか最...

続きを見る

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。 試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェン...

続きを見る

「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元...

続きを見る

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る

「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。 鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカ...

続きを見る

「通算19冠の鹿島、年間シルバー3冠の川崎との埋めがたい差」天皇杯 決勝 鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ

2017/01/01 | 天皇杯, 未分類

通算で18冠のタイトルを獲得し、今年のクラブW杯で準優勝という結果を出した鹿島と、今期はJリーグ年間2位をマークするも、未だタイトルを獲得できていない川崎フロンターレとの対戦になった、2017年元日の...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だった...

「長谷部の”整えない”力が生み出した大量5点劇」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 フランクフルト-アウグスブルク

前節はDFBポカールで長谷部が先発し、強豪ライプツィヒに勝利したフラン...

アジア・チャンピオンズリーグは日本勢が好発進!

昨年は決勝トーナメントが始まってから渋々BSで放送していましたが、グル...

「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくな...

「連携に期待しても無駄ならドリブル突破あるのみ」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 エスパニョール-マジョルカ

試合は後半開始から見始めたのだが、序盤はマジョルカがサルバ・セビージャ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑