「酒井宏樹と吉田は先発で安定しているが弱点も似ている」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-ギャンガン

スポンサードリンク

前節はターンオーバーを図ったものの下位のメスに敗戦を喫してしまい、ヨーロッパリーグ圏外の8位にまで落ちてしまったマルセイユ。今節は8位のギャンガン相手のホーム戦だったが、新戦力の活躍で2-0と勝利、後半戦への足がかりが見えた格好となった。

マルセイユのフォーメーションはいつもの4-3-3だが、アンカーにヴァンクールが復帰して左インサイドハーフにはモンペリエから獲得したサンソン、3トップはパイェ、ゴミス、トヴァンという形で、おそらくこれが後半戦のベストメンバーだろう。ギャンガンは4-2-3-1で守備時には4-4-2のゾーン・ディフェンスになるフランスではおなじみの形。

ただギャンガンは、これもフランスにありがちなアフリカン・ゾーン・ディフェンスで、一応4-4のコンパクトなゾーンを作るのだがマンマークへ移る動きが遅い。そこをマルセイユは見抜いて、ウイングのパイェとトヴァンが逆サイドに攻撃参加して来て数的優位を作り、ギャンガンの守備を混乱させた。移籍後初先発のパイェも惜しいシュートを積極的に放つ。

そして前半26分に、左サイドにトヴァンが寄ってパイェとの短いパス交換で相手を引きつけると、オーバーラップしていたサンソンにパスが渡り、相手の寄せが甘いスキを突いて出したクロスをゴミスが高い打点のヘディングを決め、マルセイユがまさに狙った形で先制点をゲットした。

その後もマルセイユのペースは続き、ギャンガン陣でのバイタルエリアで次々に基点を作って良い形を作るものの、決定力を欠いて追加点を決められず、そのうちまだ太め残りなパイェが流れから消え出してマルセイユにとっては危険な流れになりそうだったが、肝心のギャンガンのほうが一向に反撃の気配がなく試合は膠着状態に。

すると後半の26分にマルセイユはゴール前25mぐらいの地点でFKを得ると、パイェの蹴ったボールが相手の壁に当たり、うまくループシュートのような形になってゴールの上に吸い込まれてマルセイユが待望の追加点。これでパイェはお役御免で退き、マルセイユは4-4-2の守備にして試合を締めにかかり、最後は何度かピンチは作ったがシュートミスに助けられそのまま試合は2-0で終了した。

酒井は相手があまり攻めに出て来なかったのもあって、この試合は安定したプレイぶり。彼は吉田と似たところがあって、ゾーン・ディフェンスにおけるポジショニングが向上して、組織が整った状態だと良いプレイが出来るんだけど、カウンターに晒されたり数的不利な状況になった時に、個人守備戦術の弱さが出てオタオタ、バタバタしてしまう。レギュラーで使ってもらえるうちに何とか克服してもらいたい点だ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「攻撃が機能しないチームをPKで救い、試合を整えてみせた大黒柱」ドイツ・ブンデスリーガ 第19節 フランクフルト-ダルムシュタット

ここまで長谷部を中心としたリーグ2位の失点率で3位と好調を維持しているフランクフルト。しかし得点についてはリーグ9位に留まり、アウェイでガッチリ守りを固めてくる最下位ダルムシュタットとのヘッセン・ダー...

続きを見る

「3度のGKとの1対1を決められなかったが、チームは”浅野シフト”で快勝」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第19節 シュツットガルト-フォルトゥナ・デュッセルドルフ

年末は連敗で足踏み、順位を自動昇格枠から外れる3位まで落としていたシュツットガルト。ウィンターブレイク明けのザンクトパウリ戦は辛勝の再スタートとなったが、19節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦では2...

続きを見る

「ガンバの思い切ったモデルチェンジは、吉と出るか凶と出るか」アジア・チャンピオンズリーグ プレーオフ ガンバ大阪-ジョホール・ダルル・タジム

ガンバ大阪のホーム、吹田スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフ。相手はマレーシアリーグを3連覇したジョホール・ダルル・タジム。日本の古参サッカーファンには馴染み深い、ジョホールバ...

続きを見る

「これが久保をクラブ史上最高額の移籍金で獲得した理由」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 ズルテ・ワレヘム-ヘント

ようやくDAZNで英語の現地中継ながら、ベルギーリーグのヘントとズルテ・ワレヘムの試合をやっていたので、久保がどんなプレイをしているのか見てみた。 スイスやオーストラリアリーグもそうだが、ベルギーリ...

続きを見る

「原口は、決して得点だけでチームに貢献しているわけではない」ドイツ・ブンデスリーガ第19節 ヘルタ・ベルリン-インゴルシュタット

最近5試合で4敗、リーグの順位も3位から6位まで下落してしまったヘルタ・ベルリン。チームの調子とともにコンディションを崩していた原口もここ3試合はベンチスタートだったが、今節のインゴルシュタット戦では...

続きを見る

「アクセル>ガス欠、アクセル>ガス欠、最後は酒井が絡む自爆」フランス・リーグアン第23節 メス-マルセイユ

120分間の死闘でリヨンを下したマルセイユは、中2日でメスとの対戦。酒井は先発だったが、マルセイユはゴミス、ヴァンクールといった主力をターンオーバー、パイェはまだ控え、エヴラは怪我という苦しいスタメン...

続きを見る

「やっぱりMSNは卑怯以外の何物でもないよね」コパ・デル・レイ準決勝 第1レグ アトレティコ・マドリー-バルセロナ

もう1方のカードがセルタ・デ・ビーゴとアラベスの対戦だけに、事実上の決勝戦と見られるコパ・デル・レイの準決勝、アトレティコ・マドリー対バルセロナ。 アトレティコ・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロ...

続きを見る

気がつけば、ブックメーカーマネーの波に飲まれつつあるJリーグ

2017/02/03 | Jリーグ, 未分類

昨日は夜に飲み会があり、特別見ないといけない試合も無かったので、今回は最近注目したニュースをピックアップしてみます。 Jリーグ放映権を“黒船”に奪われた「スカパー!」の悲劇 ダ・ゾーンが超強気な理由...

続きを見る

「スターの補強でヨーロッパリーグへラストスパート?」フランス・リーグアン第22節 モンペリエ-マルセイユ

前節と前々節は、上位のモナコとリヨンと対戦してコテンパンにやられてしまったマルセイユ。しかし冬の補強でユベントスからベテランのパトリス・エヴラ、ウェストハムから渦中のパイエというワールドクラスを補強し...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑