「Jユース・高校選手権」 一覧

「個の能力は確かに大事だが、それに偏ってばかりではチームにならない」日本クラブユースサッカー選手権(U-15)決勝 セレッソ大阪U-15-サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース

せっかくUEFAネーションズリーグが初開催されているのに、テレビもDAZNも放送をしてくれないので、昨日は録画してあったU-15のクラブユース選手権の決勝を見ていた。 決勝のカードは、柏レイソル...

続きを見る。

「セレッソの苦戦は、ユン・ジョンファン監督の融通の無さゆえなのか」J1第5節 セレッソ大阪-湘南ベルマーレ

昨日はとある発表会があって、夜はワインを飲んで酔っ払った状態での観戦だったので簡単に。 今シーズンは確実に優勝争いに加わるかと思われたのだが、開幕から3分1敗と完全にスタートダッシュを失敗してし...

続きを見る。

「テクニカルな守備の上田西、前橋育英のゲーゲンプレッシングに粉砕される」高校サッカー選手権 準決勝 前橋育英-上田西

長野県勢としては初のベスト4に進出した上田西。今大会は強豪が相手の守りを崩しきれず負ける試合が多かったので、優勝候補の前橋育英に対してのアップセットがあるかと思ったのだが、ちょっと甘すぎる期待になって...

続きを見る。

「中途半端な守備戦術で、”国見高校旋風”再びとはならず」高校サッカー選手権 準々決勝 流通経済大柏-長崎総合科学大学附属

かつて国見高校でを率いて旋風を巻き起こした小嶺監督が指揮を取り、前回王者で今年も優勝候補筆頭だった青森山田をベスト16で破った長崎総合科学大附と、同じく優勝候補である流経大柏との注目の対戦。 ど...

続きを見る。

「大阪桐蔭の全員サッカー、6発の大勝で大会好発進」高校サッカー選手権 2回戦 大阪桐蔭-羽黒

大阪桐蔭といえば野球やラグビーが有名だが、今期はプレミアリーグ参入戦で流通経済大柏に負けたものの、プリンスリーグ関西1部で優勝し、サッカーでも密かな優勝候補に挙げられている大阪桐蔭。初戦となった2回戦...

続きを見る。

「今の時代に、オールドスタイルの香りがする懐かしいサッカー」高校サッカー選手権 1回戦 滝川第二-実践学園

昨日は早々におせちと雑煮で飲んで酔っぱらい、朝寝を決め込んでしまったので夜はあまり眠くならず、遅めの時間にさくっと高校サッカー選手権の試合を観戦。大阪で年末に放送していたのは滝川第二の試合しか無かった...

続きを見る。

「マルセロを思わせるような鳥栖のサイドバックが」日本クラブユース選手権 サガン鳥栖U-15-柏レイソルU-15

昨日は8/24に行われていた、U-15世代の日本クラブユース選手権の決勝を録画観戦。 柏レイソルは4-2-3-1で、サガン鳥栖は4-4-2のフォーメーションというゾーン・ディフェンス同士のマッチ...

続きを見る。

「ユース代表対決は判定だけなら橋岡だが、試合を決めたのはやはり久保」日本クラブユース選手権 決勝 浦和レッズU18-FC東京U18

Jクラブユース三冠のうち、夏に行われる日本クラブユース選手権。その決勝ががスカパーの無料放送日に再放送をしていたので録画で観戦。 FC東京は、U-20W杯にも飛び級で出場していた久保建英が原と並...

続きを見る。

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとかの地点だったので、ライブで見るのを諦めて、たまたまBSスカパーでやってた国際ユースサッカーU-17のクロアチア戦を見る事にした。 ...

続きを見る。

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑