「ニューノーマルのスタジアムで、ニュー家長の2ゴールで柏に快勝」J1第4節 川崎フロンターレ-柏レイソル

スポンサードリンク

今節から最大5000人のホームサポーターの入場が可能になり、拍手のみだが賑わいが戻って来たJリーグ。川崎フロンターレのフォーメーションは4-3-3、柏レイソルは4-1-4-1の形。

おそらく、今のJ1で最も攻撃力が高い川崎に対し、柏も序盤はハイプレスをかけに行くのだが、すぐにポゼッション力の差で押し込まれ、撤退守備からカウンターを狙うプランに変更するも、ボールをオルンガに集める形しか無くて容易に防がれてしまう。

徐々に川崎がPA内に侵入して崩しにかかるシーンが多くなり、それでも柏は守備の人数をかけて耐えていたのだが、前半40分にCKからニアで江坂が頭で触ったボールがドンピシャで家長まで届き、フリーのヘディングを決められ先制を許すと、2分後にはラストパスを出すと見せてDFの股を抜く意表をついたゴールをまた家長に決められる。

後半、柏は基点になれなかったオルンガを下げて呉屋を入れ、DFへのプレスを強化しようとするが7分にあっさりCKからレアンドロ・ダミアンに決められ川崎が3点目。しかし柏も直後に左からのクロスが流れたボールをファーに飛び込んだ呉屋が押し込み1点を返す。

このあたりから、川崎はプレスのペースを落として柏がボールを保持する流れになる。柏はアンカーの守谷の両脇に江坂とサヴィオが入って”間受け”のプレイで基点を作るが、そこからのラストプレイに精度を欠いて決定機まで持ち込めない。

44分に柏は呉屋がカウンターから抜け出すも、PAの外でテクニカルファールを受け、絶好の位置でFKを得るがサヴィオのキックは壁に当たる。そして6分のロスタイムもスコアは動かず試合は3-1で終了。これで川崎が暫定で首位に立つ事になった。

川崎の、攻撃時には両ウイングがワイドに開いて基点を作るサッカーに、家長がピタリとはまり込んでいる。キープは出来るしSBやインサイドハーフのインナーラップにスルーパスが出せ、クロスは正確、カットインからシュートもありと、攻撃の万能ぶりを見せつけている。対戦する各チームは、とにかく家長をどう抑えるかが攻略ポイントになる事は間違いない。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/07/12 | Jリーグ

関連記事

「家長温存でこの内容、同じ方向性ゆえに見える圧倒的な力量差」J1第9節 大分トリニータ-川崎フロンターレ

8試合で21得点と圧倒的な攻撃力で7連勝と首位を快走している川崎フロン...

記事を読む

「宇佐美、昌子が先発のガンバ、全とっかえの大分に勝てずグループリーグ敗退」ルヴァン・カップ第3節 大分トリニータ-ガンバ大阪

新型コロナウイルスによる中断のため、ACL出場チーム以外は各グループの...

記事を読む

「選手に依存していない札幌、イニエスタに依存しまくりの神戸」J1第8節 コンサドーレ札幌-ヴィッセル神戸

Jリーグ再開後は6戦負け無しと好調な札幌に対し、怪我人とコンディション...

記事を読む

「長谷川監督は、敗因をコロナのせいにしてはいけない」J1第8節 FC東京-サガン鳥栖

FC東京はまだJ1未勝利の鳥栖と対戦。東京は永井とディエゴ・オリヴェイ...

記事を読む

「反則オルンガ、ハットトリックで仙台を粉砕」J1第7節 柏レイソル-ベガルタ仙台

現在7位の柏と、13位の仙台が対戦した試合。会場の三協フロンテア柏スタ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑