「後半から出場で交代させられた大迫、コーフェルト監督による懲罰か?」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 シャルケ04-ブレーメン

スポンサードリンク

再開後は10試合勝ち無し、3試合で失点9と守備が崩壊しているシャルケは、GKシューベルトからニュベルに代えて立て直しを図る。アウェイのブレーメンは大迫がまたベンチスタート、2トップがサージェントとラシツァ、トップ下にはビッテンコートが先発の4-3-1-2。

試合はホームのシャルケが5バック状態で守備的な布陣を取り、降格圏でアウェイのブレーメンが一方的にボールを保持するまさかの展開で始まる。前半20分を過ぎるとようやくシャルケも攻撃の姿勢を見せるようになるが、シュートシーンを作るまでには至らない。

すると前半32分、シャルケのCBトディボがボールを持って前に出たところでボールを奪われカウンター、パスを受けたビッテンコートがカットインから左足でゴラッソなミドルを決めてブレーメンが先制する。シャルケも37分にFKからマケニーがフリーでヘッドも枠外。

その後はビハインドのシャルケが攻勢に出るかと思いきや、むしろブレーメンのほうに勢いが見える展開のまま前半を終了する。そして後半からビッテンコートに代わって大迫がトップ下の位置に入る。

後半になるとシャルケは完全に攻撃へとスイッチを切り替え、WBが常時高い位置を取る3バックになり、大迫は4-1-4-1の右SHとして、シャルケのWBミランダをマークする役割になり、6分にはマケニーから強烈な肘鉄を食らってしまう。17分にはミランダと競り合って大迫にイエローカード。

その後も大迫は守備ではSH、攻撃ではトップ下でひたすらロングボールを競り合う地味な仕事をこなし続け、43分にはようやくDFライン裏への飛び出しにスルーパスが合い、GKと1対1になるも相手のカバーが早く、横パスを出したが相手にカットされて得点ならず、大迫にとってのこの試合最大のチャンスをものに出来なかった。

大迫は後半ロスタイムにグロスと、後半からの出場だったのに交代という屈辱。そして試合はそのまま0-1でブレーメンが勝利。これでブレーメンは勝ち点25、16位のデュッセルドルフがバイエルンに敗れたために勝ち点2差となり、プレーオフ圏が完全に視野へ入った。

チームが大きな勝利を挙げる中、大迫にとっては後味の悪い試合になってしまった。コーフェルト監督が練習で大迫に対して消極的な姿勢を批判していたようで、それを試合で出してしまった事への懲罰的な意味合いがあったのかもしれない。次は必ず見返してもらいたいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「大迫は捨て駒にしても、残留だけを見据えたコーフェルト監督の選択」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第2レグ ハイデンハイム-ブレーメン

3日前の、ブレーメンホームでの第1戦はスコアレスドローに終わった結果を...

記事を読む

「ハイデンハイムの執念に、大迫も含めブレーメンの前線は仕事出来ず」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第1レグ ブレーメン-ハイデンハイム

ホーム・アンド・アウェーで行われるブンデスリーガ昇降格プレーオフ。第1...

記事を読む

「残留への奇跡を呼び込む2ゴール、最後に絶好調の大迫が戻って来た」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ケルン

長い新型コロナウイルスによる中断から再開したブンデスリーガも、あっとい...

記事を読む

「残留へ絶体絶命のブレーメン、大迫は別の世界を見つけるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 マインツ-ブレーメン

新型コロナウイルスからいち早く再開したドイツのブンデスリーガも残り2節...

記事を読む

「ここまで頑張っても、とことんドイツに愛されない大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

前節は最下位のパダーボルン相手に4-1で大勝し、16位でプレーオフ圏の...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑