ドイツ・ブンデスリーガが、欧州で最も早く5/16に再開を決定

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの影響により、ベラルーシリーグなどのわずかな例外を除けば、Jリーグはもちろん全世界でサッカーの試合開催がストップしていましたが、中でも被害が甚大だった欧州でドイツが先陣を切って5/16からの再開を決定しました。

開催の条件として、無観客試合である事と、再開前に選手やスタッフが隔離される事を条件にメルケル首相がゴーサインを出したという事だそうですが、ドイツではピークは過ぎたとはいえ未だに1日に600人以上の新規感染者があり、5/4に行われた検査で10人の陽性反応が出ていたわけで、とても日本じゃ考えられない強引さですよね。

ブンデスリーガのクラブが経営危機に瀕している問題はあるのでしょうが、たとえ発病者が出たとしても医療体制のキャパシティで何とか出来るという、ドイツらしい冷徹な計算が感じられます。

しかし、こういった定量的な考えが一般に受け入れられている欧州は、非科学的で感情的な世論に支配されがちな日本からすると、ある意味うらやましい部分がありますな。Jリーグが再開して1人でも感染者が出ようものなら、マスコミが寄ってたかって吊し上げにされる様が容易に想像できます(苦笑)。

とにかくブンデスリーガが先陣を切ってくれた事が、他リーグにとっての重要なモデルケースになるわけですから、5/16の試合は世界中が固唾を飲んで見守る事になるでしょう。是非ともブンデスの実験が成功し、欧州リーグやJリーグがそれに続く流れに繋がって欲しいと思います。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑