竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

スポンサードリンク

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して経営危機に陥ったというニュース。

サガン鳥栖、20億円の赤字 増資と新スポンサーで乗り切りへ 2019年の収支決算を発表|スポーツ,行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

直接的には、CygamesやDHCといった大口スポンサーの撤退に加え、フェルナンド・トーレスの獲得資金、マッシモ・フィッカデンティとカレーラスの監督交代の違約金などが原因なのでしょうが、一番の問題はお金の流れが不透明なところだと思っています。

鳥栖の竹原社長は、今期の赤字分については株主による第三者割当増資を行って債務超過を回避したらしいですが、いったいどこの誰からそんなお金を引っ張って来たのか。社長が経営する薬局の会社で儲けた私財を投入しているという噂もあり、息子が経営しているバスケBリーグの佐賀バルーナーズにも資金は流れているようですし、出どころも使いみちも闇の中です。

存続危機のJ1鳥栖、身売りや市民クラブ移行も視野(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

身売りや市民クラブの可能性についても、まずは財務内容が透明にならない事には、経営を引き受けた後にどんな時限爆弾が炸裂するかも分からず、どこも手を差し伸べるわけには行かないでしょう。

社長自身は、クラウドファンディングや新規スポンサー獲得で打開するそうですが、それで乗り切ったとしても単にズルズルと締め切りを引き伸ばしているだけだと思うんですが。

Jリーグ、200億円強の融資要請 観戦収入消え苦境 (写真=共同) :日本経済新聞

そしてJリーグ本体の方は、銀行に200億の融資養成を行っています。おそらく、今期は試合を行ったとしても無観客にならざるを得ず、入場料収入が見込めず資金繰りに苦しむクラブに対する融資のための基金なのでしょう。

新型コロナウィルスの影響によってJリーグ全体が経営問題を抱える中、サガン鳥栖だけに手厚いケアをする余裕は無いはずで、そんな四面楚歌の中でどう立ち回って危機を回避するつもりなのか。しばらくは鳥栖の動向を注視するしかありません。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/04/29 | Jリーグ

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑