竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

スポンサードリンク

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して経営危機に陥ったというニュース。

サガン鳥栖、20億円の赤字 増資と新スポンサーで乗り切りへ 2019年の収支決算を発表|スポーツ,行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

直接的には、CygamesやDHCといった大口スポンサーの撤退に加え、フェルナンド・トーレスの獲得資金、マッシモ・フィッカデンティとカレーラスの監督交代の違約金などが原因なのでしょうが、一番の問題はお金の流れが不透明なところだと思っています。

鳥栖の竹原社長は、今期の赤字分については株主による第三者割当増資を行って債務超過を回避したらしいですが、いったいどこの誰からそんなお金を引っ張って来たのか。社長が経営する薬局の会社で儲けた私財を投入しているという噂もあり、息子が経営しているバスケBリーグの佐賀バルーナーズにも資金は流れているようですし、出どころも使いみちも闇の中です。

存続危機のJ1鳥栖、身売りや市民クラブ移行も視野(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

身売りや市民クラブの可能性についても、まずは財務内容が透明にならない事には、経営を引き受けた後にどんな時限爆弾が炸裂するかも分からず、どこも手を差し伸べるわけには行かないでしょう。

社長自身は、クラウドファンディングや新規スポンサー獲得で打開するそうですが、それで乗り切ったとしても単にズルズルと締め切りを引き伸ばしているだけだと思うんですが。

Jリーグ、200億円強の融資要請 観戦収入消え苦境 (写真=共同) :日本経済新聞

そしてJリーグ本体の方は、銀行に200億の融資養成を行っています。おそらく、今期は試合を行ったとしても無観客にならざるを得ず、入場料収入が見込めず資金繰りに苦しむクラブに対する融資のための基金なのでしょう。

新型コロナウィルスの影響によってJリーグ全体が経営問題を抱える中、サガン鳥栖だけに手厚いケアをする余裕は無いはずで、そんな四面楚歌の中でどう立ち回って危機を回避するつもりなのか。しばらくは鳥栖の動向を注視するしかありません。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/04/29 | Jリーグ

関連記事

「家長温存でこの内容、同じ方向性ゆえに見える圧倒的な力量差」J1第9節 大分トリニータ-川崎フロンターレ

8試合で21得点と圧倒的な攻撃力で7連勝と首位を快走している川崎フロン...

記事を読む

「宇佐美、昌子が先発のガンバ、全とっかえの大分に勝てずグループリーグ敗退」ルヴァン・カップ第3節 大分トリニータ-ガンバ大阪

新型コロナウイルスによる中断のため、ACL出場チーム以外は各グループの...

記事を読む

「選手に依存していない札幌、イニエスタに依存しまくりの神戸」J1第8節 コンサドーレ札幌-ヴィッセル神戸

Jリーグ再開後は6戦負け無しと好調な札幌に対し、怪我人とコンディション...

記事を読む

「長谷川監督は、敗因をコロナのせいにしてはいけない」J1第8節 FC東京-サガン鳥栖

FC東京はまだJ1未勝利の鳥栖と対戦。東京は永井とディエゴ・オリヴェイ...

記事を読む

「反則オルンガ、ハットトリックで仙台を粉砕」J1第7節 柏レイソル-ベガルタ仙台

現在7位の柏と、13位の仙台が対戦した試合。会場の三協フロンテア柏スタ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑