「ベイル投入で全てが裏目に出たジダン監督の采配」UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦 第1レグ レアル・マドリー-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦屈指の好カード。レアルはベンゼマ、ヴィニシウス、イスコの3トップで、シティはベルナルド・シウバの1トップに、2列目がジェズス、デ・ブライネ、マフレズを並べた攻撃陣。

シティは攻撃時は4-3-3のフォーメーションでビルドアップするが、守備時には4-4-2の形でコンパクトなゾーンを作り、レアルの前線にスペースを与えずバルベルデ、モドリッチ、カゼミーロの中盤に対しても2トップとボランチで囲んで仕事をさせない。

ベンゼマは狭いスペースを嫌ってサイドに流れるなど、レアルはワイドな攻撃布陣を取ってゾーンの外側から攻めて行く狙いは見えるのだが、中盤を抑えられているのでボールを保持している割には、決定的な場面を作らせてもらえない。

レアルの決定機はベンゼマのヘッドからヴィニシウスがこぼれ球を狙った場面ぐらいで、カウンターやセットプレイからジェズスが2度の決定的なシュートを放つなど、どちらかと言うとシティのペースで前半を終了する。

後半もマフレズが立て続けに決定機を作るなどシティのペースで始まったが、14分にレアルが高い位置でボールを奪うと、ヴィニシウスの折返しをイスコが決めてレアルが先制する。

その後もレアルのペースが続き、ジダン監督はベイルを投入して試合を決めにかかったが、結果的にこの交代は裏目に出た。まず後半33分にデ・ブライネのピンポイントクロスからジェズスが頭で流し込み同点に追いつくと、37分にスターリングのドリブルにカルバハルが追いつけず足を引っ掛けてPK、これでシティが逆転。

さらに41分、カゼミーロのバックパスをジェズスに拾われ、セルヒオ・ラモスが手で引き倒してしまって一発レッド、これでレアルの勝ち目は無くなってしまった。そしてそのまま1-2で試合終了、シティがまさかのサンチャゴ・ベルナベウで先勝してホームでの第2戦を迎える事になった。

これでシティが断然有利にはなったが、レアルの潜在能力はもちろん侮れない。この試合でもヴィニシウスがちゃんと決めていればここまで苦しい試合にはならなかったはずだ。きっと第2戦では意地を見せて面白い試合になると思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑