「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

スポンサードリンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だったアントワープの三好はベンチスタートで、伊東はこの試合も4-2-3-1の右SHで先発した。

試合はホームのアントワープがボールを支配、たまに伊東がドリブルで仕掛けてもすぐに囲まれなかなか打開が出来なかったが、13分に反対の右サイドからボンゴンダのクロスを、オヌアチュがDFラインをスッと抜け出て頭で合わせ、アウェイのゲンクが先制する。

その後はさらにアントワープの力攻めが増し、ゴール前でのセットプレイが増えるが何とか無失点を続けるゲンク。30分にはカウンターから伊東純也が高速ドリブルで1対1を振り切ろうとするがタックルで倒されイエローを与えるが、38分にとうとうFKの場面でゴール前の競り合いがオウンゴールになって同点にされてしまう。

後半になってゲンクは3-4-3にフォーメーションを変更、前半は2トップを当てられて機能しなかったビルドアップで立て直そうとする。後半の序盤はやはり押される展開で始まるが、10分ごろからゲンクがサイドを使えるようになり、伊東があわやというGKへのチャージを見せると、前半は1本しか無かったシュートの場面を連続して作る。

後半33分、ロングボールにオヌアチュが流したボールを伊東が拾い、そのままGKを交わしに行って倒されたが、残念ながらファールを取ってもらえず。そこからは中盤にスペースが空いて互いにゴール前の攻防が増えるが、どちらも決定機を決められず試合終了。

伊東は92分までプレイ、前半はランケルゼに押し込まれて守備に戻る場面が多く、ドリブルで切り裂く場面はいくつかあったが孤立気味で、後半はボールに絡んだがラストプレイの判断がイマイチで得点に繋がらず。三好は結局出番無し。日本人にとってもいろいろ痛み分けな試合だったかな。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

ある意味コロナでラッキー? 伊東純也に続き、三好康児もベルギーリーグに完全移籍決定!

今日から首都圏と関西、福岡に緊急事態宣言が発令されるそうで、大阪にある...

記事を読む

「チームが負けてなお市場価値を高める伊東純也」ベルギー・プロリーグ第28節 ゲンク-クラブ・ブルージュ

ゲンクはプレーオフ1圏ギリギリの順位、ブルージュは盤石の首位と立場が大...

記事を読む

「柴崎の役割にますます近づきつつある森岡」ベルギー・プロリーグ第26節 アントワープ-シャルルロワ

今期はリーグ3位と絶好調で、プレーオフ1入りをほぼ確実にしているシャル...

記事を読む

「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくな...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑