「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

スポンサードリンク

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくなってしまったシント・トロイデンは、ホームでセレッソ大阪に豊川が移籍して日本人選手が居なくなったオイペンと対戦。鈴木優磨は4-1-3-2の2トップで先発、怪我のシュミット・ダニエルはベンチ外、伊藤達也はベンチスタート。

前半8分にセットプレイからの混戦で鈴木優磨がシュートを放つがわずかにゴール右に外れてしまう。が、14分に今度はCKからドルトムントの2部から移籍したコナテがヘディングでゴールを決めてシント・トロイデンが先制する。

前半29分にオイペンがカウンターから1点を返すと、40分には右サイドから崩されてPA内で混戦になると、シュートがポストに当たったボールをコールスが押し込み逆転する、

しかしシント・トロイデンもその直後に鈴木のポストから最後はアサモアが決めて同点にすると、前半ロスタイムに左サイドでボタカが2人のマークを強引に突破、ワンツーからの折返しをまたもアサモアが決めてあっという間に3点目。

後半もホームのシント・トロイデンがボールを保持しながらも膠着状態が続いたが、18分に左サイドに流れた鈴木のキープからオーバーラップしたデ・スメトに繋ぎ、クロスのこぼれ球をアサモアが押し込んでハットトリック、はいいのだが直後にシャツを脱いでしまい2枚目のイエローで退場。

その後はボタカを下げてダーキンを入れ、10人になったシント・トロイデンは4-4-1にフォーメーションを修正、さらに鈴木から伊藤達也に交代、伊藤は左SHに入って1トップがコリディオになる。

オイペンは数的優位ながらも戦況を変えられず、ようやく残り5分になって何度かシュートチャンスはあったものの決められない。すると後半ロスタイム、シント・トロイデンは高い位置でボールを奪ってコリディオがドリブル、横パスをコロンバットがスルーして最後はダーキンが決めてダメ押し。そして5-2で試合終了。

鈴木優磨は直接のスコアポイントは無かったが、試合を通じて前線の基点として大勝に貢献。でもゴールは欲しかったよね。伊藤は前回よりも時間をもらえたが、ほぼ守備とボールキープ役に終わった感じだった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

ある意味コロナでラッキー? 伊東純也に続き、三好康児もベルギーリーグに完全移籍決定!

今日から首都圏と関西、福岡に緊急事態宣言が発令されるそうで、大阪にある...

記事を読む

「チームが負けてなお市場価値を高める伊東純也」ベルギー・プロリーグ第28節 ゲンク-クラブ・ブルージュ

ゲンクはプレーオフ1圏ギリギリの順位、ブルージュは盤石の首位と立場が大...

記事を読む

「柴崎の役割にますます近づきつつある森岡」ベルギー・プロリーグ第26節 アントワープ-シャルルロワ

今期はリーグ3位と絶好調で、プレーオフ1入りをほぼ確実にしているシャル...

記事を読む

「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だった...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑