「長谷部は久々に先発復帰、あわや失点のミスから見事に勝利を整える」DFBポカール ベスト16 フランクフルト-ライプツィヒ

スポンサードリンク

前半戦終盤は守備崩壊が続いて成績が落ち込んだフランクフルト。ウィンターブレイク中に4バックへと変更し、それ以来長谷部はベンチが続いていたが、DFBポカールのライプツィヒ戦で先発復帰、4-3-3のアンカーのポジションで起用された。

フランクフルトのマイボール時は、長谷部がCBの間に落ちて来て3バックの形に並ぶのだが、ライプツィヒも3トップをそれぞれ当てて来たので、どうもビルドアップが上手く行かず、10分には長谷部がプレスを受けてボールを奪われ、GKトラップのセーブに救われるミス。

15分、フランクフルトのクロスに戻ったハルシュテンベルクがハンド、一度は流されたがVARでPK、アンドレ・シウバが決めてフランクフルトが先制する。

このあたりから3バックのビルドアップをやめ、最初は早く人に付き過ぎてスペースを与えていた長谷部もバランスを見たポジションを取るようになり、フランクフルトの守備が安定する。

さらに後半6分、ライプツィヒが攻め込んだ後のパスをエンディッカがスライディングでカット、そのままカウンターからコスティッチがドリブルで抜け出し2点目。

たまらずライプツィヒは、後半16分に温存していたエースのヴェルナーを投入。そのヴェルナーが入った左サイドで基点を作って攻め込むと、24分にアンヘリーニョからの折返しをオルモがシュート、長谷部がコースに入ったが間に合わずゴール。

その後も圧倒的に攻めるライプツィヒの前に、フランクフルトは人を固めてひたすら羽マエスのみ。後半44分にはクロスに走り込んだヴェルナーがフリーでボレーも上手くヒットせず枠外に外れてフランクフルトは命拾い。

そして後半ロスタイム5分、ロングボールをパシエンシアが頭で流したボールをコスティッチが拾い、そのままシュートをゴール右サイドに流し込みダメ押しの3点目、そして試合終了。フランクフルトがポカールベスト8へと進出した。

序盤は不安定なプレイを見せて大丈夫かなと思った長谷部だが、さすがに途中からはちゃんと整えてアンカーらしいバイタルをしっかり監視して危険性を摘み取る仕事をしていたのはさすが。これなら十分リーグ戦でもやれるんじゃないかと思ったら、途中出場ながらアウクスブルク戦でもクリーンシートに貢献したようだ。さすがにもうフル稼働は厳しいので、上手く使ってもらえたらと思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑