「酒井はPKを奪うドリブルも怪我で負傷交代、改めて存在の大きさを痛感」フランス・リーグアン第15節 アンジェ-マルセイユ

スポンサードリンク

シーズン序盤は出遅れたが、現在4連勝でいつの間にかリーグ2位に浮上して来たマルセイユ。今節は3位のアンジェとアウェイで直接対決。酒井は4-3-3の右SBで先発。

試合はホームのアンジェが激しくプレスをかけて来て、マルセイユはなかなか攻撃のビルドアップをさせてもらえない。アンジェはボールを奪うとアンカーのストロートマン横のスペースを使い、どんどん後ろから人が湧いて攻め立てる。

しかしマルセイユは14分のセットプレイから決定的なヘディングをGKマンダンダがファインセーブするなど必死で耐えていると、16分にゲットしたFKの場面で飛び出したサンソンにパイェが早いリスタートを合わせ、サンソンがフリーで流し込みマルセイユがワンチャンスで先制する。

その後は、マルセイユが2列目の位置を下げてアンカー脇のスペースを埋める守りにした事で試合が落ち着き、それまでは防戦一方だった酒井がオーバーラップする機会が増え始める。

すると40分、酒井がインナーラップでスルッと上がったところにパスが通り、PA内で後ろからトマに引っ掛けられPK。酒井はこの転倒で肩を痛めてしまったが、キックはパイェがGKの動きを見て冷静に決め、マルセイユには大きな2点目。

前半の終わりはまだ酒井はプレイをしていたが、やはり続行は出来なかったようでマキシム・ロペスと交代、SHのサールがSBに下がって後半スタート。

酒井の安定感が無くなった事で右サイドを攻められるようになり、そこを基点に逆サイドでシュートを狙う形でアンジェがまた攻勢をかけるが、マルセイユも何度かゴール前でFKを与えながらも粘り強く守る。

最後はアンジェも攻め疲れが見えてラストプレイが雑になり、マルセイユも何度かカウンターからシュートの場面を作ったのだがこちらも決められず、2-0のまま試合終了。これでマルセイユは3位ボルドーに勝ち点5差と2位の座をがっちり固めている。

ファールを受けた時には相当に痛そうだった酒井だったが、監督の談話によると軽症のようで一安心。相棒のトヴァンが長期離脱中でなかなか攻撃面で良さは出せていないが、自らSBが出来るサールとのコンビは守備面で安心して見ていられる。長友も衰えつつあるし、そろそろ代表での後継者が出てくれるといいのだが・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑