「怪我明けで初のCB起用、冨安の出来は合格・不合格?」イタリア・セリエA第13節 ボローニャ-パルマ

スポンサードリンク

ここ3試合は8失点で3連敗、今節はCBのバーリとダニーロが揃って出場停止、怪我明けの冨安がいきなりCBで先発となって、ローマに勝利して現在8位と勢いに乗っているパルマを迎えた試合。

前半17分に最初の失点を食らってしまったが、これはクルセフスキのゴラッソなミドルで冨安は全く責任が無い。37分にはパルマ陣内でハイボールに冨安が早めのチェックを仕掛け、その際に腕が相手の頭に入ってイエローカード。40分、CKからニアでパラシオが合わせてボローニャ同点。

後半26分、ポーリのパラシオへの縦パスを奪われ、クツカにデンスウィルがアタックに行ってあっさりかわされ、最後は冨安1人のみ。そこをスルーパスを通され2失点目。31分にオルセンが投入されてボランチの位置に入り、アンカーのメデルがCBに入って冨安は右SBに移る。が、しばらくすると冨安の足が攣ったようで交代。

そして4分のロスタイムを超えたところでボローニャはCKを獲得、ヘディングで折り返したボールをニアにいたジェマイリが強烈なボレーを叩き込んで劇的な同点ゴール。そして試合終了。

冨安は積極的にパラシオへのポストや、相手のSBが上がったスペースに縦パスを出して、ビルドアップの中心として機能していた。守備でも簡単に下がらずに高い位置でチェックを仕掛け、すぐに自陣へ戻るなど守備範囲が広く、パルマの攻撃を良く押し留めていた。
2点目は防げれば完璧だったが、あれは軽率なアタックを交わされたデンスウィルの責任が8割で冨安の対応は責められない。最後はCBからSBに移ったが、それまで右SBに入っていたムバイェがスペースを空け過ぎていたので、決してCB落第という評価では無かったはずだ。

結果としては、CBとして十分及第点を与えられる出来だったとは思うが、冨安がいない右SBが穴になり過ぎて、結局冨安をSBで優先させざるを得ないボローニャの台所事情が良くわかった試合だったかなと。CBで使ってほしいところだけど、当面はSBで頑張るしか無さそうだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑