「鎌田はセットプレイから2アシスト、しかし全体ではプラマイゼロだった?」UEFAヨーロッパリーグ グループF フランクフルト-スタンダール・リエージュ

スポンサードリンク

おそらくグループ1位通過はアーセナルが堅いとして、2位を勝ち点3で争っている両チームの直接対決。フランクフルトは3-4-2-1で、パシエンシアの1トップに、ガチノヴィッチと鎌田が2シャドーで並び、長谷部はいつものリベロという並び。

いつもの2トップじゃないのは、スタンダール・リエージュが4-1-4-1にして来ると予想し、アンカーの横にあるスペースを2シャドーが使う事を想定したのだろうが、正直言ってあまり機能したとは言えなかった。

フランクフルトの特徴は、攻撃時にはボランチのローデが下がって左右のCBが開き、4-1-2-3のような形に変化するのだが、WBのコスティッチとダ・コスタにはSBが前を塞いでコースを消し、鎌田とガチノヴィッチはボランチとSHでサンドイッチし、パシエンシアにはCBがマークと、スタンダール・リエージュは良く研究して基点を作らせない。

仕方なくフランクフルトはロングボールで打開しようとするのだが、競り合いでは鎌田とガチノヴィッチは役に立たず、パシエンシア1人ではさすがにどうしようも無く、手詰まり感が明らかだっただけに前半28分に鎌田のFKからアブラハムがファーで押し込んだゴールは大きかった。

後半はパシエンシアが下がって鎌田がスペースへと飛び出す形が機能し、何度か良い形は作るのだがラストパスやクロスのタイミングが合わず、PA内で後ろから鎌田が腕で引っ掛けられたように見えたプレイもファールを取ってもらえず。

しかしそうやって膠着状態に入ったかなと思った後半28分に、鎌田の右CKをヒンテレッガーがドンピシャヘッドでフランクフルトが追加点。後半37分にスタンダール・リエージュが1点を返したが反撃もそこまで。フランクフルトがグループ2位へと浮上した。

鎌田は2アシストで全得点に絡んだが、ホームなのに何故かピッチが深めでボールがあまり足に付いてない感じで、流れの中でのプレイはイマイチだったかな。長谷部もいつもに比べると判断と対処が遅く感じた。疲れが溜まる時期なのかもしれないね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑