「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

スポンサードリンク

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シーズンの前線スタメン3人が全ていなくなってしまったフランクフルトは、ホームでデュッセルドルフとの対戦。

フランクフルトのフォーメーションはいつもの3-4-1-2で、長谷部はリベロ、鎌田がトップ下、2トップはヨベリッチとパシエンシアというメンバー。対するデュッセルドルフは4-2-3-1の形でスタート。

試合はホームのフランクフルトが基本的にボールを保持するのだが、ハイボールならまず競り勝ってしまうハラー、懐が深くてキープ力のあるレビッチがおらず、どうもビルドアップがギクシャクしてしまい、ミスからカウンターを食らう嫌な流れが続く。

20分ごろから、ようやく鎌田が前線に飛び出したところにパスが合うなど、シュートを打つ場面を作り始める。が、先制したのはデュッセルドルフ。37分に左サイドでパスを繋ぐと、クロスに対して長谷部はオフサイドを取りに行ったのに、ヒンテレッガーが人をずっと見てしまい、フリーのヘニングスにヘディングを決められてしまう。

前半終了間際に、マイナスのクロスに走り込んだ鎌田がボレーで合わせるも、少しアウト気味にかかってしまいゴールポスト右に外れて得点ならず。1点ビハインドで前半を終えたフランクフルトは、後半からヨベリッチに代えて新加入のドストを投入する。

すると早速後半11分に、スローインからのクロスに対しニアに入り込んだドストがヘディングを上手く合わせて同点ゴールを決めるが、その後は試合が膠着状態に陥ってどちらにもチャンスが無くなる。

後半39分にはダ・コスタのクロスに鎌田がダイレクトで合わせるもコースが甘くGKに防がれる。しかし41分にまたもダ・コスタの切り返しからのパスを、パシエンシアが上手くトラップして押し込みフランクフルトが逆転に成功する。そしてリードを守りきって2-1で試合終了。

曲がりなりにも、パシエンシアとドストが得点を決めたのに対し、鎌田は絶好機がありながら得点ならず。良い飛び出しとドリブルがあったと思えば、あっさりボールロストしたりと確実性に乏しく、そこそこの出来。そろそろ目に見える結果が欲しいところだね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑