「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

スポンサードリンク

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュタイン、中盤がクラーセン、シャヒン、マクシミリアン・エッゲシュタインの4-3-2-1、対するデュッセルドルフは4-2-3-1のマッチアップ。

試合はデュッセルドルフがアウェイながら高い位置からプレスを仕掛け、激しい展開で始まるが、10分ごろからは大迫の安定したポストプレイを中心に、ホームのブレーメンがポゼッションする流れになる。

ポストは出来ても、守備を固める相手に対してなかなか決定的な仕事が出来なかった大迫だが、前半33分にピッチ中央でボールを受けてターン、中にスルーパスを通すもラシツァがギリギリ相手に倒されてシュート出来ずという惜しいシーン。

ところが先制したのはデュッセルドルフ。左サイドでのクリアミスを拾われ、折返しをヘニングに上手くすり抜けられてシュートを決められてしまう。

ブレーメンは後半早々に反撃、相手のパスミスからクラーセン、ラシツァと繋ぎ、クロスをヨハネス・エッゲシュタインが押し込み同点に追いつく。が、6分にまたミスパスからラインが乱れたところを折り返されデュッセルドルフに勝ち越しゴールを決められる。

さらに後半18分、CKからアイハンに決められデュッセルドルフが3点目。ここでブレーメンはフュルクルクを投入、4-4-2に変更する。後半21分に大迫が思い切ったミドル、これをGKが弾いたボールをクラーセンが詰めるも決められず。

さらにブレーメンはピサーロを投入、大迫はほぼインサイドハーフで後半33分にはミドルを放つもGKステッフェンに弾かれる。さらにトプラクに代えてサージェントを入れると、大迫はボランチの位置に下がる。

今シーズンは、大迫がようやく1トップとして起用されるようになったのだが、その大迫のポストを周りの選手が上手く使うことが出来ず、守備陣もポゼッションサッカーに我慢しきれず、結局前線の選手にはピサーロのような力技で得点を決められる選手を置かざるを得なくなり、器用な大迫はどんどんポジションを下げられてしまうというパターンは変わらないんだなと達観せざるを得ない試合だった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガー...

記事を読む

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガー...

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

→もっと見る

PAGE TOP ↑