「攻め達磨の名古屋、疲れて守れず火だるまになってしまう」J1第16節 名古屋グランパス-清水エスパルス

スポンサードリンク

清水の戦い方ははっきりしていて、守備時は4-4-1-1のコンパクトなゾーンを自陣に引いて、名古屋のCBにボールは持たせても、ボランチに入ったら前線とサンドイッチ、SBのオーバーラップにもSHがカバーに入ってスペースを埋める形が徹底されていた。

そしてボールを奪うと、ほぼ2-4-4の形でボールを保持する名古屋のSBが上がった広大なスペースへとボールを送るのだが、単にカウンターから早く攻め切るのではなく、サイドで基点を作って全体がしっかり押し上げて名古屋の選手を自陣に戻らせる狙いが見えていた。

名古屋は前半を圧倒的に支配しながらも、後半開始早々にもシャビエルがスルーパスからDFラインを抜け出し決定的なシュートを決められず、7分にはジョーのシュートが松原の腕に当たったがPKと判定されない不運。

そして清水は4-1-4-1にフォーメーションを変更、インサイドハーフが前線へ飛び出す形で清水がリズムを作ると、後半23分に名古屋のDFラインが乱れたところをエウシーニョの縦パスに抜け出したレナトがクロス、ドウグラスが足裏で合わせて清水先制。その後も中盤でプレスがかからず名古屋はライン音裏を取られまくり、清水が決定機を量産するもランゲラクがことごとくセーブする。

名古屋もパワープレイからチャンスを作るが決められず、このまま試合終了かと思われた後半ロスタイム、前田が右サイドからカットインシュートを決めて劇的な同点ゴール。しかしこれで試合は終わらなかった。5分のロスタイムも4分を過ぎたところで、またDFラインが乱れたスキに今度は西澤がクロスを合わせて決勝点。

エンターテイメントとしては楽しかったが、ちょっと名古屋の守備が酷すぎた。夏場になって運動量が落ちて、攻撃から守備へ切り替える事が出来ていない。このあたりでターンオーバーも考えないとこのままズルズル行ってしまいそうだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/06/23 | Jリーグ

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑