「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

スポンサードリンク

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグの可能性を残している9位のブレーメンは、アウェイで勝ち点差4が付いている8位のホッフェンハイムとの対戦。

ブレーメンのフォーメーションは3-4-1-2で、クルーゼが怪我で欠場したため、2トップがラシツァとヨハネス・エッゲシュタイン、大迫がトップ下に入った形。対するホッフェンハイムは4-1-3-2というフォーメーションだが、ビルドアップ時にはグリリッチュがCBの間に入ってSBが上がり、3バックのような形で攻撃して来る。

試合はもちろんホームのホッフェンハイムがボールを保持し、ブレーメンがカウンターを狙う展開になるが、ブレーメンは大迫が確実にボールを収めて反転、味方へのパスを出す働きで序盤からブレーメンの中では目立っている。

前半38分にホッフェンハイムはカウンターから最後はフリーのクラマリッチがシュートも右に外れてノーゴール。するとその直後、スローインから大迫が繋いだボールはGKがクリアしたが、そのボールを拾ってから最後はヨハネス・エッゲシュタインが頭で押し込みブレーメンが先制する。

さらにブレーメンは、前半43分にカウンターから大迫が飛び出し、相手を背負ってのターンからマキシミリアン・エッゲシュタインがゴールを決めるも、その前にヨハネス・エッゲシュタインが競ったプレイがVARでファールと判定されてノーゴール。

後半も前半の流れを引き継ぐ形で始まるが、15分にラシツァが怪我で交代してトップ下にピサーロが入り、大迫はヨハネス・エッゲシュタインと2トップの形になる。後半21分にはカウンターから大迫が左サイドからシュートも左に外れ、26分にも大迫はシュートを放つも相手に阻まれる。

残り15分ぐらいから完全にホッフェンハイムがボールを支配、ブレーメンにとっては自陣に押し込まれて苦しい展開が続いたが、ロスタイムも何とか守りきって試合終了。ブレーメンが0-1で貴重なアウェイゴールをゲットしたが、今節はカップ戦争いのライバルが勝利したために、ブレーメンは欧州カップ戦への可能性は失われてしまった。

大迫は怪我から復帰して初のフル出場。マークに付いていたグリリッチュに対しては核の違いを見せつけ、後半はさすがに疲れが見られてシュートの精度は欠いたが、最後まで守備も手抜きせず走り回って勝利に貢献した。最終節での出場があれば、ゴールを決めてもらって、有終の美を飾って欲しいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「20歳オシムヘンのスーパーゴール2発でまずはシャルルロワ先勝、森岡も地味に貢献」ベルギーリーグ・ELプレーオフ準決勝 第1レグ コルトレイク-シャルルロワ

2つのグループリーグで争われるベルギー・プレーオフ2。シント・トロイデ...

記事を読む

「行き当たりばったりサッカーで、南米王者相手のドローはラッキー」U-20ワールドカップ グループB 日本-エクアドル

昨晩から開幕したU-20ワールドカップ。日本の初戦はエクアドルで、スタ...

記事を読む

「こちらにも久保が登録、そしてボコボコ志願の若手がズラリ」コパ・アメリカ日本代表メンバー発表

昨日、キリンチャレンジカップのメンバーが発表になって、コパ・アメリカは...

記事を読む

「ビッグチャンスにパスをもらえず、鎌田にとって寂しいラストマッチ」ベルギー・プレーオフ2 第10節 シント・トロイデン-ウェステルロー

前節でヨーロッパリーグの望みが無くなってしまったせいか、ホーム最終戦な...

記事を読む

「久保が17歳で代表初選出、メンバーはコパを睨んだほぼベスト!」キリンチャレンジカップ トリニダード・トバゴ&エルサルバドル戦メンバー発表

5月末から6月にかけて、U-20W杯にトゥーロン国際大会、女子W杯、そ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑