「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

スポンサードリンク

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則級のFWを揃えて圧倒的な攻撃力で首位を独走しているケルンと、ここリーグ戦3試合で勝利が無く、自動昇格枠の2位はキープしているものの、3位のウニオン・ベルリンとはわずか勝ち点3に迫られているハンブルガーSVとの首位決戦。

ケルンは3-1-4-2のフォーメーションで、2トップはテロッデとコルドバ、モデストはベンチスタート。HSVは4-3-2-1の形で、酒井高徳は右SBとして先発、伊藤達也はベンチスタート。

試合はホームのケルンが非常に攻守の切り替えが速く、ボールを奪われてもすぐに前線の選手がプレスバックしてHSVに余裕を与えない。すると前半29分にCKからヘーガーが頭で流したボールをファーにいたドレックスラーが押し込みあっさり先制する。

後半になると、ドゥグラス・サントスと酒井の両SBがインサイドハーフ的なポジションを取る2-3-4-1のような形にシフト、厚みのある守備からサイドを使ったカウンターという形が機能、徐々に試合のペースを握り始める。

後半35分に酒井はヴィンツハイマーと交代、そして迎えた後半40分、CKからラクロワが競り勝ち、ドゥグラス・サントスが繋いで最後はヴィンツハイマーが押し込みHSVが同点に追いつく。そしてそのままHSVがしっかり試合をコントロールして試合終了。

HSVとしては首位ケルンとのアウェイ戦で勝ち点1は悪くない結果。酒井も一度ドレックスラーにぶち抜かれた以外は、インサイドハーフ的なプレイもまずまずこなし、最後は交代したが柔軟にプレイできていたように思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シー...

記事を読む

「大迫は、とうとう”大迫にパスを出す大迫”を育てる決心をしたのかも?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-アウクスブルク

怪我人が続出して守備崩壊、開幕から2連敗と最悪のスタートとなったブレー...

記事を読む

「大迫がボールを繋ぎ、得点まで決めてもブレーメンが勝てない理由」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム-ブレーメン

前節の開幕戦はデュッセルドルフに1-3で敗戦、厳しいスタートになってし...

記事を読む

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑