「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

スポンサードリンク

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされておらず、結局実際の試合は見られず、ネット上のハイライトとニュースだけでの感想で申し訳ないです。

失点は冨安へのかなり厳しいハンドの判定で与えた1点のみ、攻撃では何度も決定機を作るなど、印象としてはそれほど悪くない試合だったのかもしれませんが、前半はコロンビアが明らかに流していてプレッシャーが緩く、ゴール前の守備だけしっかりやっていた形だったのに無得点だったのが敗戦の大きな理由だと思います。

アジアカップでの反省はどこへやら、堂安や南野はボールを持ったら自分がシュートを撃つ事しか考えておらず、味方がフリーで走り込んでいても無視して打ってしまう。中島はスペースがあったら何でも出来るけど、マークを付けられて封じ込まれると終わってしまう。個がバラバラにプレイしていて、チームとしての攻撃が作れないまま。

そして終始イケイケのペースでしか攻撃が出来ないので、後半になって疲労が溜まり、相手が前から来るようになるととたんにバタバタしてしまう。香川と乾が入った事でようやく試合のコントロールが出来るようになったみたいですが、そこの課題も全く変わっていません。

もしオシムが監督をしていたら巨大なカミナリが落ちていたでしょうが、森保監督は一向に修正する気配が無いどころか、これで全然オッケーと開き直っているフシがあり、ここからどうやってチーム力を底上げしていくのか展望が全く見えません。このまま3年後も同じようなサッカーで終わってしまうような気がして、ゾッとしちゃいますよね・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/03/23 | 日本代表

関連記事

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑