「選手じゃなくて審判にプレスをかけさせる、森保監督の恐るべき人心操縦術」アジアカップ準決勝 日本-イラン

スポンサードリンク

さすがに3-0での勝利というのは予想外だったけど、そもそもイランの選手がセルフジャッジで全員が審判にプレスをかけに行くとは、ちょっと斜め上過ぎませんかね(笑)。

とは言え、決して点差ほど楽な試合では無かった。日本は先発に大迫が復帰して、試合の序盤はこれまで見られなかった前線のコンビネーションが機能、小気味良いパスワークで攻撃のリズムを作っていたが、イランが大迫へのマークを強めるととたんに攻め手が無くなり、セカンドボールを拾われてイランの攻撃が連続する嫌な時間帯が続いた。

前半21分に、またも権田と吉田の連携が上手く行かず、アズムンに抜け出されて角度のないところから股抜きシュートを打たれ、権田が足に当ててなんとかコースを変えて凌いだが、ここで失点してしまっていたらどっちに転んだか分からなかったと思う。

しかし、そこで踏ん張ったのが守備陣。特に冨安は、吉田を回避したアズムンに狙われたが、1度競り負けたシーンがあったぐらいで後はほぼ完勝、長友もこれまでのような不用意さが無くなってイランのサイド攻撃に対しても粘り強く対処、しっかり持ちこたえて無失点で前半を折り返せた事が大きかった。

そして後半11分、問題のシーンが訪れる。南野が左サイドでパスを受けて倒れた時に、何を思ったかモハマディーを除くイラン選手全員が審判に詰めより、南野はそのままコーナーまでボールを拾いに行き、クロスをドフリーな大迫が難なく合わせてゴール。いかにここまで無失点のベイランバンドとしてもこれはどうしようもない。

さらに日本はラッキーな事に、22分に南野のクロスがスライディングした相手の手に当たったとしてPK。故意ではないプレイとして流されてもおかしくなかったが、VARまで持ち込まれてしまうとPKを取らざるを得ないよね。今大会、少なくとも日本についてはVARがラッキーアイテムになっている感がある。

これでイランの気持ちは完全に切れてしまい、日本に何度もカウンターから追加点のチャンスがあったものの決められず、今大会は良く走っていたけど攻撃面での貢献が出来ていなかった原口が3点目を決めるオマケ付き。シュートのコースは甘かったが、ベイランバンドがやけっぱちで体を投げ出してくれたのでゴールになった。

ロシアW杯のベルギー戦では、日本は同じように後半から2点を奪ったのだが、ベルギーが慌てず騒がずニシキヘビのように日本を徐々に締め付けて来る恐ろしさがあったけど、イランは勝手にイライラして自壊して行くのみだった。こういうメンタルコントロールの部分も含めて、まだまだアジアと世界の差は大きいと痛感させられる試合だったね。

公式のMOMは2得点の大迫だろうが、個人的には冨安にあげたいと思う。2アシストを含む3得点に絡んだ南野、完全に復調した柴崎も良かった。遠藤の怪我が心配だが、急遽投入された塩谷も落ち着いてプレイできていたので、決勝はそれほど心配しなくても良さそうだ。

さてこれで決勝戦は、日本対UAEとカタールの勝者という対戦になった。もう1試合は今晩に行われるけど、ここまで来たら開催国のUAEとの対戦になって、どちらが謎の勝運を強く持っているか、森保監督とザックで勝負して欲しいよね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「選手の自主性に任す限界を露呈、田嶋会長はジャパンズウェイを大絶賛の絶望」アジアカップ決勝 日本-カタール

まあ一言で言えば、負けるべくして負けた試合だったかなと。 森保監...

記事を読む

「決勝は、サカイとアリの引越社対決?」アジアカップ決勝 カタール戦展望

さて長かったアジアカップも、いよいよ今晩が決勝のカタール戦です。と言う...

記事を読む

「懐かしい香りのザックUAE、やっぱり”自分たちのサッカー”でカタールに玉砕」アジアカップ準決勝 UAE-カタール

UAEとカタールは国家として断交状態、スタジアムのチケットを王族が全て...

記事を読む

「長友とアズムン、凸凹対決がイラン戦のポイントになる?」アジアカップ準決勝 イラン戦展望

早くもまた準決勝の日がやって来ましたね。アジアカップは日程が詰まってい...

記事を読む

新着記事

「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

記事を読む

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

記事を読む

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

記事を読む

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

記事を読む

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑