「半端ない染野のハットトリックも、尚志は青森山田にPK戦で力尽きる」高校サッカー選手権 準決勝 尚志-青森山田

スポンサードリンク

福島県の尚志、そして青森山田の東北勢同士の対決となった、高校サッカー選手権の準決勝。埼玉スタジアムで行われた試合は、尚志が4-4-2、青森山田は4-2-3-1のフォーメーションでスタート。

試合は意外にも尚志が序盤から攻勢を仕掛け、ボランチやSHが1対1での勝負を恐れずにどんどん個人で仕掛け、FWとSH、SBで左右のトライアングルを作ってダイレクトパスを繋ぎ、青森山田をやや押し込む展開で始まる。

前半26分に、右サイドから低く蹴られたFKに染野がニアで合わせて尚志が先制点をゲットする。さらに勢いに乗る尚志は、37分にも左サイドからカットインした10番の伊藤が強烈なシュートも、青森山田GK飯田が片手一本でボールを弾く。

尚志は4-4のゾーンが非常にコンパクトで高い位置を保ち、青森山田のキーマンである右SHのバスケス・バイロンに対しては常時左SB沼田とSH高橋のダブルチームで対応、前半の青森山田はわずか1本しかシュートが打てないぐらいに抑え込まれる。

しかし後半、青森山田はロングボールでシンプルにボールを送り、セカンドボールを拾って個人で勝負する姿勢を強めると、10分にカウンターからスルーパスを受けたバスケス・バイロンが後ろから倒されPK、これを檀崎がしっかり決めて同点に。さらに後半18分、左CKに三國がGKとニアで競り勝ちヘディングシュート、青森山田が逆転する。

尚志はこれで意気消沈するかと思いきや、失点直後に伊藤が決定的なシュートを放つと、22分にロングボールから加瀬へと繋ぎ、PA内で折返しを受けたFW染野が切り返しでDF3人を置き去りにするゴールを決め、尚志が同点に追いつく。さらに後半30分、伊藤、加瀬とダイレクトパスから最後は染野が抜け出しファーに流し込む美しいゴールで逆転してしまう。

その後も尚志の勢いに押され気味だった青森山田だったが、長身の三國を前線に置いてパワープレイを仕掛け、尚志も良く粘って耐えていたのだが、後半42分にGKからのロングキックを三國が頭でそらし、これをSB沼田が外にクリアしようとしたボールを小松がカット、そのままトーキックで流し込み再び同点。

青森山田はロスタイムに、これもDFのヘディングをカットした小松がGKと1対1になるが、尚志GK森本が足で止め、そしてPK要員として鈴木にGKを交代して試合終了、90分で勝負は決まらずPK戦に。

PK戦は、2人目で尚志が1つリードしながらもその後連続で失敗、最後は青森山田5人目の藤原が決め、壮絶な東北対決を青森山田が制し、決勝へと進出した。

予想では青森山田がもっと圧倒するかと思ったのだが、前半は尚志の守備組織が完璧に機能、終盤は個人能力でやられてしまったが、見事な戦いぶりだった。そしてハットトリックを決めたU-17代表の染野は、間違いなく大迫2世として来期はJクラブの争奪戦が繰り広げられる事になるだろう。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「まさかのゲラント・トーマス失速、大統領が登場しまさにフランスの凱旋」ツール・ド・フランス2019 第14ステージ

これまでアラフィリップがマイヨジョーヌを守り続け、あのベルナール・イノ...

「パンチャーがスペシャリストを駆逐、フランスを熱狂に引きずり込む」

休養日明けで、本格的に総合争いが始まるツールの第2週がスタート。 ...

「ティム・ケーヒルの凄まじい決定力がここでも発揮?」カタールW杯 アジア二次予選の組み合わせ決定!

昨晩は、休養日から明けたツール・ド・フランスを見ていたわけですが、特に...

「シュミット・ダニエル、仙台でのラストゲームで鹿島からの宿題をもらう」J1第19節 ベガルタ仙台-鹿島アントラーズ

昨日はツール・ド・フランスが休養日だったので、録画しておいた仙台対鹿島...

「まさかの集団中切れで優勝候補が多数脱落、フランスの期待はアラフィリップ1人だけに」ツール・ド・フランス2019 第9~10ステージ

気がつけば、もう中盤戦に突入している今年のツール・ド・フランス。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑