「今期こそレアルはベイルのチームになるかと思ったら、とんでもないライバルが出現」インターナショナル・チャンピオンズカップ レアル・マドリー-ユベントス

「今期こそレアルはベイルのチームになるかと思ったら、とんでもないライバルが出現」インターナショナル・チャンピオンズカップ レアル・マドリー-ユベントス

スポンサードリンク

ちょっとJリーグを見るのも飽きてきたので、昨日はDAZNで放映されているプレシーズンマッチ、インターナショナル・チャンピオンズカップの中から、クリスティアーノ・ロナウドの移籍元と移籍先になるレアル対ユベントスの試合を観戦。

とは言え、クリロナ自体はまだチームに合流したところでベンチ外。レアルはクロースがアンカー、ベンゼマの1トップにイスコとセベイルの2列目が並ぶ4-3-3で、ユベントスはファヴァッリの1トップに、2列目がカンセロ、マルキジオ、ケディラ、ベルナルデスキが並ぶ4-1-4-1の形。

ジダン監督時代のレアルは、比較的長めのボールを多用するカウンター志向のスタイルだったのだが、この試合ではマルセロが出ていないせいもあるが、全体的にアンカーのクロースを中心にしたショートパスによるポゼッションスタイルのサッカーをやっており、ロペテギ新監督のコンセプトが垣間見える。

そうなると、狭い場所でプレイできるイスコにボールが集まり、ベンゼマもユーベDFに囲まれながらもきっちりボールをキープと持ち味を出している反面、逆サイドのベイルは中に絞ったトップ下の位置で埋もれてしまい、バイタルでショートパスを繋いだ挙げ句に、結局はマルセロのように右に開いたカルバハルがクロスを出していて、やっぱりジダンカラーが拭いきれていない様子。

試合は前半2分、左サイドでフリーになっていたカンセロに展開するとダイレクトでクロス、これがカルバハルの足に当たってオウンゴールとなり、ユーベが先制点をゲットする。そこからはユーベが自陣の低い位置に9人のゾーンを引いて守る展開に。

しかし前半38分、ユーベのクリアミスを拾ったところから、それまでは試合の流れから消えていたベイルにセバージョスからボールが繋がり、すぐにPAの外側から左足を一閃、これが見事に決まってレアルが同点に追いつき前半を終了する。

後半からレアルはクロース、イスコ、ベイルが下がってテストモードと思いきや、2分にカウンターからアセンシオがヴィニシウスにパス、折返しをもらったアセンシオが決めてレアル2点目。さらに10分、右からパスを受けたアセンシオが絶妙なトラップで相手を外して押し込み3点目。

4-1-4-1の時には全く前線で基点が作れなかったユーベだが、ファジョーリとベルナルデスキがFWに並んだ4-4-2に変更してからはカウンターの形ができるようになり、セットプレイからキエッリーニがど真ん中でフリーになったが枠へ飛ばせず。同じくセットプレイでベルナルデスキ、ルガーニにチャンスがあったが決められず、結局3-1で試合終了。

それにしても驚いたのは18歳のヴィニシウスで、まさにプレイはニュー・ネイマールという感じ。スピードがありながらドリブルが足から離れず、ザクッと深いシザースで相手を置き去りと、間違いなくワールドクラスのタレントである。今期はクリロナが抜けてベイルのチームになるかと思ったのだが、彼をすっ飛ばしてヴィニシウスとアセンシオのチームになってしまうかもしれない。逆に、数年前は天才ともてはやされたウーデゴールはほとんど目立てず、またレンタルになってしまいそう。

ユーベについては、ベルナルデスキとカンセロはタレントだけど、あとはレアルに比べると控えの選手層は全体的に見劣りがする。アッレグリは全員に守備を要求する監督だけに、ここにクリロナとディバラ、マンジュキッチのスタメン攻撃陣が加わって、どういう形で攻守のバランスを取るのか注目されるところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑