「W杯に出場経験がある監督同士の対戦、しかし最も目立ったのは現役W杯選手」J1第19節 ジュビロ磐田-ガンバ大阪

「W杯に出場経験がある監督同士の対戦、しかし最も目立ったのは現役W杯選手」J1第19節 ジュビロ磐田-ガンバ大阪

スポンサードリンク

昨日はJ1のミッドウィーク開催があり、前節もガンバの試合を見たのだが、今節はジュビロの名波監督という、ともに選手としてワールドカップに出場した経験がある監督同士の対戦が気になったので、この試合をDAZNで観戦。

ガンバは前節から3人をターンオーバー、アデミウソンと遠藤、米倉に代えて長澤と高江、藤本が入り、フォーメーションは変わらず4-4-2の形。対するジュビロは新加入の大久保嘉人が川又と2トップを組んで初先発、フォーメーションは3-1-4-2という並びにして来た。

ジュビロが3バックにして来た狙いは明白で、前節の鹿島戦を見てもガンバはほとんどサイドでしか攻撃の基点を作っていなかったので、そこを5バックで縦のスペースを切って前に進ませず、2トップには3バックで数的優位を作って抑え込む形。中盤に遠藤を欠くガンバはボールの出しどころが無く、相変わらずFWにはポストプレイで縦パスを受ける動きが無く、ガンバは完全に攻撃が停滞した。

そしてジュビロは、ガンバの守備がサイドでのマークの受け渡しに難がある事を分析、ジュビロのWBがガンバのSHとSBの間でボールを受け、相手が寄せる前に素早く中へと連携する攻撃でペースをつかみ、前半2分に早速ニアゾーンを使って決定機を作るも、ガンバGK東口が足でかろうじてクリアする。

ガンバが少しサイド攻撃に慣れて来ると、今度はサイドチェンジやファーへのクロスでゾーンを揺さぶって来るジュビロ。前半23分には、右サイドからダイアゴナルに入った川又がロングパスを受けてシュートも、東口が飛び出してセーブ。さらに30分、左サイドから宮崎のクロスに大久保がヘディングで合わせるもまた東口がしっかりセーブと、代表GKの奮闘でなんとか無失点でしのぐガンバ。

ようやく前半28分、高い位置でカットしたファン・ウィジョからのラストパスを受けた長澤がシュートも枠に行かず。ガンバは最初の決定機をものにできない。が、その後はサイドでの組み立てを捨ててシンプルに裏を狙うパスを増やし、ようやくガンバのリズムが出来かける。

後半から高江に代えて遠藤を投入。ジュビロは後半早々に怪我で新里が小川に交代。ガンバは遠藤が入った事でボールの流れがスムーズになって、試合は一進一退の膠着状態に。後半25分、左サイドから松浦のカットインからの強烈なシュートも東口が反応して防ぐと、逆に27分には藤本からのロングパスにファン・ウィジョが抜け出しシュートもバーの上。

そして試合が動いたのは後半37分。藤本のFKをジュビロCB高橋がヘディングでクリアも、それが短くファン・ウィジョに対する折返しのパスになってしまい、これをファン・ウィジョが落ち着いてコースへ決めて劣勢だったガンバが先制する。

その後は、ベタ引きになってしまったガンバ相手にジュビロが猛攻を見せ、43分に右サイドから松浦の折返しを中で合わせてシュート、DFにあたってコースが変わるも東口が鋭く反応、ロスタイムには川又の至近距離からのヘディングもやはり東口がビッグセーブ。これはガンバに運が味方したかなと思ったロスタイム3分、アーリークロスに川又が競り勝ち、フリーになっていた大井が流し込んで同点、そして試合終了。

ガンバは東口がまさに孤軍奮闘だったけど、あそこまでベタ引きになるとさすがに守り切れない。攻撃の組み立てが機能せず、前線で溜めが作れないためにラインを上げて落ち着く時間が作れず、試合が進むと守備陣の疲労が溜まってラインがずるずる下がってしまう。長澤はさっぱり存在感が無く、ファン・フィジョはアジア大会で抜けるなど、どう見ても前線の立て直しは容易ではなく、ツネ様の苦悩はまだまだ続きそうである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/08/02 | Jリーグ

関連記事

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「まるでダンスのようなターンでイニエスタがJリーグ初ゴール!」J1第21節 

昨日は、もしニューカッスルとスパーズの試合で武藤が先発したらそっちを見...

記事を読む

「宮本監督がガンバに巣食う悪癖を解消しないと、偶発的な勝利しか望めない」J1第21節 ガンバ大阪-FC東京

昨日は飲み会があって酒が入った状態だったけど、DAZNを見るとガンバ大...

記事を読む

「中途半端にコンセプトを引きずる”ハリルホジッチ病”にかかったFマリノス」J1第20節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

Jリーグにおけるハイライン・ハイプレス戦術を掲げたチームは少なくないも...

記事を読む

「日本の夏場に無謀なハイラインをやるならば、無謀に見合う選手が必要」J2第27節 ジェフ千葉-松本山雅FC

松本山雅さんからお花が届きます。毎年毎年。あれから7年。想って頂けます...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑