「既に見た目がオッサンな堂安、ポジションもオッサン化が進行中?」トレーニングマッチ フローニンゲン-ブレーメン

「既に見た目がオッサンな堂安、ポジションもオッサン化が進行中?」トレーニングマッチ フローニンゲン-ブレーメン

スポンサードリンク

昨日はDAZNでやっていた、堂安律が所属するフローニンゲンと大迫が加入したブレーメンとのトレーニングマッチ。ただし大迫は同じ日に入団会見をしたのでまだこの試合には出場していない。

フローニンゲンはダニー・バイス新監督。ブレーメンは昨年の11月に就任したコーフェルト監督、どちらも30代半ばの若い監督同士の対戦。今シーズンから7番を背負う堂安は4-4-2の右SHで先発していたが、変な七三分けの髪型だったのと体格がさらにゴツくなったせいでオッサンにしか見えない(笑)。

試合は、格上のブレーメンがボールを支配するも、フローニンゲンは自陣に3ラインのゾーンを作ってスペースを与えない。堂安も守備に回る時間が多く、ようやくファーストタッチは前半の7分で、前半13分にはイーブンボールを相手陣内で拾って、カットインからファーへ巻くシュートを撃つも、ブレーメンのGKにセーブされる。そして19分には、左サイドで堂安がモロッコのマヒとのコンビからヒールでアシスト性のパス。

前半35分ごろから、フローニンゲンは3-4-1-2にフォーメーションを変更、トップ下に入った堂安には良くボールが入るようになるが、パスを受けてのターンからドリブルするもパスコースが無く左サイドに展開せざるを得なかった場面のように、味方のサポートが薄く決定機を作るまでには至らない。41分にも、右サイドでボールを受けてダブルタッチで抜こうとするがファールを受けて倒される。
後半2分、ドリブルでグイグイ入ってCKをゲット。後半はセットプレイを堂安が担当するようになる。しかし13分に、サージェントがクロスにピンポイントで合わせるもフローニンゲンのGKがファインセーブで防いだ決定機をきっかけに、ブレーメンはボールへの寄せが早くなり、セカンドボールを支配して攻勢に出る。さらに20分にクルーゼ、ハルニクといったベストメンバーが入るブレーメン。

フローニンゲンは5-4-1にフォーメーションを変更して守備的な体制にシフト、堂安はダブルボランチだがコンビを組んだライスよりも攻撃的なポジション。そして後半28分、堂安がからんだワンツーからクロス、最後はモレイラのヘディングまで持って行ったがゴールには繋がらず。

終盤はブレーメンが完全にボールを支配、フローニンゲンは自陣に壁を作ってカウンターを狙うものの、途中でミスが出てシュートまで持って行けない。後半ロスタイム、ブレーメンが自陣タッチライン際からクリアしたボールを拾った堂安がスルーパスを出すも、味方と合わずラインを割ってしまい、その直後に試合終了のホイッスル。試合は結局スコアレスドローで終了した。

堂安はフルタイム出場だったが、昨シーズンは4-2-3-1の右アタッカーだったのに、この試合では4-4-2の右SH、途中でトップ下にはなったが後半はボランチと、守備的な役割にシフトしてしまっている。監督も本人もシュートをもっと撃つべきと思っていたはずなのだが・・・シーズン前なので新加入の攻撃選手を試したい思惑はあるのだろうが、今シーズンは監督がどういうポジションで堂安を使っていこうとしているのか、ちょっと気になるところではある。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2017-2018シーズン海外組通信簿(スペイン、ポルトガル、オランダ、オーストリア編)

一応、明後日にはスイス戦があるのでサクサク進めていきます。 &n...

記事を読む

「チームはアウェイで大勝、小林祐希は代表に値する貢献は出来たか?」オランダ・エールディビジ第12節 トゥウェンテ-ヘーレンフェーン

公式戦の5連敗を含む6試合勝ち星が無いヘーレンフェーンと、未だ勝ち点9...

記事を読む

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外...

記事を読む

2015-2016シーズン海外組通信簿(オランダ、トルコ、スイス、オーストリア、スコットランド編)

昨晩は同僚の結婚式二次会に出席、フードが少なくて悪酔いして帰ったので当...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑