「ベスト4に残ったチーム、残れなかったチームの運命を分けた最大のポイント」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 スウェーデン-イングランド

スポンサードリンク

ベスト16では堅い守りでスイスをきっちり退けたスウェーデンと、コロンビアとPK戦までもつれ込みながら辛勝したイングランドとの準々決勝。スウェーデンは2人にメンバーを入れ替えたがフォーメーションは4-4-2で変わらず、イングランドはコロンビア戦と全く同じメンバー、3-1-4-2のフォーメーションで臨んだ。

試合は序盤からイングランドがボールを保持する展開。イングランドは3バックがスウェーデン2トップのプレスを外してビルドアップ、ヤングとトリッピアの両WBが高い位置で基点になり、スウェーデンは得意のハイプレスが上手くハマらない。

そしてイングランドのWBをマークしてスウェーデンの両SHが下がるため、スウェーデンはボールを奪ってもカウンターの出足が遅く、また2トップと中盤の間にスペースが生まれがちで、ヘンダーソンがそこから次々に展開パスを配給出来ている状態。

それでも前半20分までは慎重な流れになっていたが、イングランドがスターリングのドリブルからケインがファーストシュートを放って攻撃の狼煙を上げると、前半30分にヤングのCKをマグワイアが高い打点のヘディングで合わせ、あっさりとイングランドが先制する。

先制したイングランドは、ここから守備にシフトして5バックで自陣のスペースを埋める。スウェーデンはアーリークロスを多用するが、高さでは負けないイングランド相手にはなかなか通用しない。逆に前半44分、スターリングがオフサイドギリギリで抜け出し、GKとの1対1の決定機を作るが決められない。

スウェーデンも後半2分、いきなりトイボネンのヘディングシュートをイングランドGKピックフォードが反応してファインセーブという決定機を作られるが、攻勢に出ようとするスウェーデンの高いラインをスターリングやデレ・アリの飛び出しでイングランドが切り裂き、ペースは再びイングランドに移。

後半13分にセカンドボールを拾いまくったイングランドは、右サイドから戻したボールをダイレクトでクロス、フリーでファーに飛び込んだデレ・アリがヘディングを決めてイングランドが大きな2点目をゲットする。

後が無くなったスウェーデンは、後半17分に右サイドからのクロスをベリが落とし、クラエソンがシュートするもピックフォードがきっちりセーブ。後半20分にはトイボネンとフォルスベリに代えてオルソンとグイディッティを投入。26分にスウェーデンはロングボールからグイディッティがDFがライン裏へ抜け出し、折返しをベリがシュートもピックフォードが触って得点を許さない。

しかしスウェーデンは、クロスの精度を持っていたSBルスティグの出場停止で、攻撃の中心であるトイボネンとフォルスベリが交代してしまった状態では明らかに力不足で、その後はデルフ、ダイアーと中盤に動ける選手を投入したイングランドの守備を最後まで崩せず、試合は結局2-0で終了、イングランドがクロアチアとの準決勝へと駒を進めた。

ズバリ、今回の大会でベスト4に残ったチームにおける最大の共通点は、「グループリーグでターンオーバー出来た事」である。ベスト8で敗退したブラジル、スウェーデンを見ても、実質的にずっとベストメンバーで戦わざるを得なかったチームは、強豪国であっても生き残れていない。

今までのW杯であれば、強豪国はグループリーグでは少し手を抜き、決勝トーナメントに入ってから本気を出すようなパターンが多かったが、現在は弱小国であっても守備組織が進化したため、グループリーグで足元を掬われる事が多くなり、結果的に決勝トーナメントまで余力を残せなくなってしまった。

特に南米の場合は、組織戦術よりも選手のコンビネーションに頼ったチームが多く、実質的な選手層もそれほど厚くないために余計にターンオーバーがしにくく、グループリーグでハイペースな戦いを強いられた影響を強く受け、それがベスト4に南米から1つも残れなかった原因になっているように思うのだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/07/09 | ワールドカップ

関連記事

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

記事を読む

「他チームよりも90分多く戦ったクロアチア、獲得したのは疲労をはるかに上回るメリットだった」ロシア・ワールドカップ 準決勝 クロアチア-イングランド

準決勝のもう1試合は、決勝トーナメントに入ってから2試合の延長戦をこな...

記事を読む

「ベルギーが繰り出す変化球を、ことごとく弾いてカンテが拾うフランスの鉄壁」ロシア・ワールドカップ 準決勝 フランス-ベルギー

長かったロシア・ワールドカップもとうとう準決勝。第1試合は、厳しいグル...

記事を読む

「大会を席巻したロシアの”ド”根性、クロアチアのテクニックとモドリッチに敗れる」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 ロシア-クロアチア

ベスト16ではともにPK戦までもつれ込み、それぞれスペインとデンマーク...

記事を読む

新着記事

「またもライバルの敵失で高笑いのチームスカイ、しかしイノー対レモンのチーム内確執が勃発?」ツール・ド・フランス第12ステージ

マドレーヌ、クロワドフェール、そしてラストのラルプ・デュエズとアルプス...

記事を読む

「今年もチームスカイの牙城は1mmも揺るがず」ツール・ド・フランス第10・11ステージ

さていよいよアルプスの山岳ステージへと突入した今年のツール・ド・フラン...

記事を読む

「北京世代の卒業式は、華麗な打ち上げ花火で完結」ロシア・ワールドカップ日本代表総括

田嶋のやらかした発作的な監督交代のおかげで、あまり代表への思い入れが無...

記事を読む

「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

記事を読む

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「またもライバルの敵失で高笑いのチームスカイ、しかしイノー対レモンのチーム内確執が勃発?」ツール・ド・フランス第12ステージ

マドレーヌ、クロワドフェール、そしてラストのラルプ・デュエズとアルプス...

「今年もチームスカイの牙城は1mmも揺るがず」ツール・ド・フランス第10・11ステージ

さていよいよアルプスの山岳ステージへと突入した今年のツール・ド・フラン...

「北京世代の卒業式は、華麗な打ち上げ花火で完結」ロシア・ワールドカップ日本代表総括

田嶋のやらかした発作的な監督交代のおかげで、あまり代表への思い入れが無...

「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

→もっと見る

PAGE TOP ↑