「危うく宇佐美と心中しかけた西野ジャパン、勝ち抜けという結果以外に得た収穫は?」ロシア・ワールドカップ グループH 日本-ポーランド

スポンサードリンク

昨日の忖度サッカーに対しては、スタメンの出来が酷いとか世界に恥を晒したとか西野監督の豪胆采配だとか、世間ではやたらと毀誉褒貶が激しい事になってるけど、前にも書いたように西野さんは監督を引き受けた時点で、どんな結果になっても自分が責任を取ればいいと腹をくくっていたはずなので、そういう人は強いよね。

それはこれまでの2戦で不当にバッシングを受けていた川島もそうで、彼らは今回のW杯でやらかしたとしても失うものはそれほど大きくないわけで、これが若い監督、選手ならもしここで失敗したら自分の未来が閉ざされてしまうと迷いが出たかもしれない。背水の陣ということわざがあるけど、それが如実に表れた日本のグループリーグだったと思う。

とは言え、ポーランド戦の内容について不問とする訳にはいかない。セネガル戦のドローで西野監督の手腕がやたらと持ち上げられていたけど、ガーナ戦とスイス戦、それに対するパラグアイ戦の内容的な落差から、このチームは監督から明確な戦術を与えられているわけではなく、選手が主導して戦術を作り上げているのだなと思っていた。

案の定、ポーランド戦で6人のメンバーを変更、ポジショナルプレーの原則をクラブで実行している乾、原口、香川、長谷部が欠けた事でほぼ戦術レスな試合になってしまった。今朝起きてから少しNHKの公式サイトで戦術カメラのビデオを見ていたんだけど、特にチームにとって大きな問題を引き起こしていたのは宇佐美のプレーだった。

宇佐美はDFラインがボールを持っている時は左サイドのタッチライン沿いに立っているんだけど、日本が中盤でボールを持つと岡崎がいる中へフラフラと入り込んでしまう。それで空いたスペースに長友が上がり、バランスを取るために山口が左下に寄らざるを得ない。柴崎はポーランドのマークを受けているのでDFラインまで下がる、当然ながらバイタルはがら空き。途中から柴崎が必死で長谷部役をやっていたけど、ポジションのバランスは無茶苦茶だった。

そしてポーランドにボールを奪われると、宇佐美、酒井高徳、山口の3人はすぐにボールホルダーへと食いついてしまい、しかも安易に飛び込んであっさりと抜かれてしまう。周りの選手がスライドしてカバーするも、オリジナルポジションを空ける事になるのでゾーンが崩壊、ことごとくセカンドボールをポーランドに拾われるという悪循環を起こしていた。武藤はセルフィッシュなプレイに終始、酒井高徳はクラブでのバタバタプレイそのまんま。カウンターから完全にやられた場面もあったので、0-1で終えられたのはラッキーなぐらいに弱いチームだった。

まあこれで、今大会の後も西野監督が続投という意見が沈静化したのは良かったんじゃないかな。でもベスト8になってしまうとまた再燃するだろうけど(苦笑)。

でも個人的には、ハリルホジッチが解任されて西野監督が就任した事で、W杯は3戦ともこんな試合で終わるかもと思っていたので、コロンビア戦開始わずか3分で相手が退場してくれたのを筆頭に、ベスト16に残れたのは本当にラッキーだった。そう考えると、恥がどうとかいうのは本当に贅沢な話だ(笑)。

今回の試合も、こんな内容でベスト16に上がれてしまった事で、ベルギー戦では見返したいと選手は思っているだろうし、日韓大会や南アフリカ大会のように決勝トーナメントに行った事に満足して終わりにはならないはず。ドイツを見れば分かる通り、こういう一発勝負ではフィジカル的な疲労よりもメンタルのコンディションがモノを言うもので、ポーランド戦に結果以外の収穫があったとすればそこなんじゃないかという気がするね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

記事を読む

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

記事を読む

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

記事を読む

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

記事を読む

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑