「クロスはあってもケーヒル無し、VARでかろうじて命をつないだオージー」ロシア・ワールドカップ グループC デンマーク-オーストラリア

スポンサードリンク

初戦はフランス相手に惜敗したオーストラリアと、ペルーに快勝したデンマークとのグループCの第2戦。オーストラリアは浦和のナバウトが1トップに入った4-2-3-1、デンマークはエリクセンがトップ下に入った4-2-3-1のマッチアップ。

試合は序盤からデンマークのSHが中に入ってオーストラリアの守備を中に寄せ、空いたスペースにSBが上がって2-4-3-1のような形で基点を作ってオーストラリア陣内でボールをポゼッション、オーストラリアがカウンターを狙う展開。

そしていきなり試合が動く。前半6分にデンマークはスローインからの流れで前に飛び出したヨルゲンセンが落とし、フリーでスペースに走り込んだエリクセンがボレーシュートを決めてデンマークが幸先よく先制点をものにする。

オーストラリアも、相手のSBが上がったスペースを使って、レッキーやナバウトが流れて基点を作る狙いがあるのだが、デンマークの戻りも速くてなかなか決定機を作れない。

前半25分頃からデンマークはおそらく意図的にペースを落とし、オーストラリアがボールを持つ時間が増えて来る。このままデンマークは前半を逃げ切るつもりでいたのだろうが、今大会で猛威を奮っているあの刺客に刺されてしまう。

前半35分にオーストラリアのCKをデンマークがクリア、そのまま試合は流されたが、しばらく経って審判が試合をストップ。VARを確認したところ、レッキーがヘディングしたボールをポールセンが上げた手に当たったという判定でPK。これをイェディナクが冷静に決めてオーストラリア同点。

後半になると、どちらもボールを奪ってから攻撃に人数をかけるようになって、ゴール前でのシーンが増え始める。むしろ後半はオーストラリアのほうがSBが積極的に攻撃参加、サイドからクロスを浴びせるシーンが多くなる。が、エリクセン、シストを擁するデンマークも中央でパスを繋いでオーストラリアゴールに迫って来る。

後半25分頃にオーストラリアはモーイの強烈なミドル、カウンターからロギッチのシュート、その直後にはシストのファーへ巻くミドルと互いに惜しいシュートを放つ。30分にナバウトはおそらく肩を脱臼して浦和にとっては痛い退場。

さらに後半35分、途中出場の19歳アルザニが右サイドをスルスルと抜け出し、ライン際からフリーでグラウンダーのクロスを出すが誰にも合わず。後半42分にはカウンターから左サイドを破ったアルザニがシュート、こぼれ球からレッキーが左足を振り抜くも、どちらもデンマークGKシュマイケルのセーブに阻まれる。デンマークもロスタイムにCKからシュートを打つ場面はあったが得点には繋がらず、結局1-1のドローで試合終了。

試合の前半こそデンマークのペースだったが、後半はむしろオーストラリアが運動量と出足で勝り、攻撃の形ではオーストラリアが圧倒していただけにもったいないドローだった。クロスの数は出せていたのに、なぜプレーオフのヒーローであるケーヒルを投入しなかったのだろう。まあ、それでも何とかグループリーグ突破の可能性は残した。最終戦はペルーにきっちり勝って、フランスが空気読まずにデンマークに大勝してくれる事を願うしか無い。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/06/22 | ワールドカップ

関連記事

新着記事

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

記事を読む

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

記事を読む

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

記事を読む

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

記事を読む

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑