2017-2018シーズン海外組通信簿(ドイツ編その1)

スポンサードリンク

ワールドカップ周りやらトゥーロンやらでバタバタしていて出遅れましたが、今シーズンの海外組についての総括もぼちぼち始めて行こうと思います。まずはブンデスリーガ1部の選手から。

ドイツ・ブンデスリーガ

香川真司 5

今期のドルトムントはボシュ新監督でスタートダッシュを決めるも、香川の出番は多くなくチームもハイラインを研究されて急降下。シュテーガー監督に交代してからは重用されたものの、2月から足首の怪我でシーズンを棒に振ってしまい、チームは急遽獲得したバチュアイのおかげでかろうじてCL圏内を獲得。シュールレやゲッツェがずっとパッとしないせいで、試合に出てない香川の評価が上がってしまったのは皮肉。W杯のメンバーに入ったけど、果たしてどこまで稼働してくれるんだろうか。

大迫勇也 5.5

昨シーズンはモデストとのコンビでEL出場を勝ち取るなど躍進したケルンだったが、そのモデストを放出して前で競り合うしか能が無いコルドバを獲得。案の定極度の得点力不足に陥り、怪我人も続出したおかげでまたも大迫は中盤で何でも屋をやる羽目に。さらに大迫自身も怪我をしてしまい、最後になってようやく復調したものの、結局ゴール数はほぼ半減の4で終了、チームは降格の憂き目に遭ってしまった。しかしブレーメンに高く評価されてケルンから移籍が決定、無事個人残留を果たす。ちゃんと見てくれている人がいて良かったね。

長谷部誠 7

今期も変わらずニコ・コバチ監督の信頼は厚く、アンカーやリベロとして不動の存在として大活躍。ニコ・コバチ監督の来期バイエルン就任が報じられてからはチームが失速、結局8位でリーグを終えてしまったが、バイエルンとの決勝になったDFBポカールで見事優勝、EL圏内を勝ち取って長谷部自身も契約延長を果たし、今シーズンは万々歳の結末となった。代表でもリベロをやるみたいだが、フランクフルトでは素早いゾーンマンマークからのカウンターという、ハリルホジッチスタイルのサッカーをやっていたので「自分たちのサッカー」とは決定的に異なるので、いったいどうなる事やら。

酒井高徳 5.5

チームはリーグ戦終盤に驚異的な粘りを発揮したものの、前半戦のどん底な成績を最後まで取り戻せず、主将としてHSV史上初の2部降格という不名誉な役目を果たす羽目になってしまった。酒井自身のプレイも、相変わらず攻守に走り回るんだけど、あっさり裏を取られたり凡ミスも多く、スルーパスやサイドチェンジはなかなかだけどクロスはダメと、プレイ面での成長はあまり見られない1年だった。リーダーシップを評価されて、チームとは2020年までの契約延長を果たしたようだが、それは1年で1部に復帰する重い責任を負わされる事でもある。W杯での出番は少なそうだが、その経験をクラブで活かしてほしいところ。

伊藤達哉 7

ギズドル監督に見出され、10月にセカンドチームからトップに引き上げられるや否や、キレのあるドリブルで大柄なドイツ人DFを翻弄、あっという間にサポーターのアイドルとなった。しかし序盤は体力不足で出場時間が短く、ホラーバッハ監督になってからはベンチぐらし。3人目のティッツ監督になってからようやくスタメンに定着、終盤の追い上げの原動力となったものの、健闘むなしくチームは降格。他のチームからは引く手あまただろうが、本人は2部でもHSVに残留する見込みが高い模様。年齢的にも今は試合に出続ける事が重要なので、個人的にはそれでいいんじゃないかと思う。

武藤嘉紀 6

今シーズンは、今までのような大怪我こそ無かったものの、途中で背中の怪我などもあったりして調子が上がりきらず、序盤にゴールを決めたものの調子は尻すぼみ、チームの成績と歩調を合わせるかのように試合に出たり出なかったり。終盤になって何とか先発に復帰し、結局チームでトップスコアラーとなる8得点をマーク、そしてチームも残留を果たしたが、本人にとっては不完全燃焼の1年になってしまった。ハリルホジッチには何故か干されていたが、W杯メンバーにも無事選ばれ、目標であるプレミアリーグからの評価を勝ち取る活躍を期待したい。

鎌田大地 3.5

ニコ・コバチ監督に見出され、プレシーズンマッチや前半戦で出番は得られたものの、フィジカルやインテンシティの不足を指摘されその後は戦力外扱い、今シーズンでクラブから放出される可能性が出て来てしまった。いきなりフランクフルトは敷居が高過ぎたので、ブンデス2部やベルギー、オランダあたりで再スタート出来れば良いのだが。

浅野拓磨 4

シーズン序盤はそこそこ出場時間を得ていたが、そこで結果を出せず監督がヴォルフからコルクト監督に交代、FWをマリオ・ゴメスとギンチェクの2トップに固定したため、浅野は完全に戦力外になってしまった。来期はアーセナルには戻らずハノーファーへのレンタル移籍が決まっているが、裏抜け以外のプレイ幅を獲得できなければ、ここからのステップアップは厳しいだろう。W杯切符も得られなかったので、早くチームに帯同して溶け込んでほしいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

記事を読む

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

記事を読む

「チャンスをモノに出来ない浅野、チャンスをもらえない原口」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ライプツィヒ-ハノーファー

リーグ戦は2戦して2引き分けと煮え切らないスタートとなったハノーファー...

記事を読む

「まさにニュルンベルクにとっては第2の清武となりつつある久保」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ニュルンベルク-マインツ

昨日の深夜には北海道に震度6の大地震が起こってしまったが、台風の被害に...

記事を読む

「どこでも何でも出来てしまう、それゆえに残るモヤモヤ」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 フランクフルト-ブレーメン

昨日は関西地方に台風21号が直撃、我が家もベランダの木が折れたり、駐車...

記事を読む

新着記事

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

記事を読む

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

記事を読む

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

記事を読む

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

記事を読む

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑