「HSVの初降格に発煙筒が投げ込まれるも、伊藤を筆頭とした選手の奮闘には温かい拍手」ドイツ・ブンデスリーガ 第34節 ハンブルガーSV-ボルシアMG

スポンサードリンク

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。他力本願ではあるがわずかに1部残留の可能性が残っているHSVは、ホームでボルシア・メンヒェングラートバッハとの対戦。HSVのフォーメーションは前節と同じ4-1-4-1で、酒井は右SB、伊藤は左SHの位置で先発。対するボルシアMGは4-4-2の形。

試合はホームのHSVが押し気味に試合を進め、それでもなかなか決定的なチャンスまで行かないなと思っていたら、前半9分にホルトビーのシュートをボルシアMGのザカリアが腕に当ててしまい、いったんは判定を流されたものの、その後にVARでPKと判定され、これをハントがゴールに蹴り込みHSVが先制点をゲットする。

その後はボルシアMGがボールを支配、HSVはカウンターを狙う形になって伊藤がサイドからドリブルを仕掛ける場面を何度か作るが、クロスなどラストプレイが味方と合わず、追加点のチャンスを生み出せない。すると前半27分にコスティッチのファールをもらいに行ったプレイが流され、いつものように(笑)酒井が上がったスペースを突かれ、そんままドルミッチにカットインからシュートを決められ同点に。

監督の指示なのか試合の流れからかは不明だが、前半35分頃から伊藤はコスティッチと左右を入れ替え右SHに入り、43分にはカウンターから右サイドでボールを受け、そこからPA内まで鋭いドリブルで入り込むも最後はギリギリ相手にクリアされてシュートならず。そして前半を同点のまま終了する。

後半4分には、左サイドでボールを受けた伊藤がカットインからシュート、ボールは相手に当たってコースが変わりGKゾマーにギリギリセーブされる。そのすぐ後にも右からのクロスに伊藤が飛び込み、シュートまでは行けなかったが体に当てた場面を作ると、9分にも伊藤がサイドをえぐってからコスティッチと、伊藤の積極性が目立つ後半戦。

さらに後半13分に、CKから右サイドに流れたボールをフリーのコスティッチが拾い、GKとの1対1になったがゾマーがまたファインセーブでHSVの得点を許さない。逆に15分、HSVはゴール前で完全に崩され、最後はラファエルのクロスにベントが合わせるも、ゴール前にいた酒井が腕を畳んだ肘に当たって難を逃れる。

そして後半17分、相手のクリアを拾ってから左サイドに張っていた伊藤にボールが回り、そこからホルトビーへ折り返したクロスをダイレクトでコースに決めてHSVが2-1でリードする。が、ちょうど同じ時間に裏の試合でヴォルフスブルクがケルンからリードを奪い、この時点でHSVが降格圏に。

24分にもカウンターからコスティッチにグラウンダーのクロスが行くもタイミングが合わず。さらにその直後、ウッドがクラマーに対するファールで2枚目のイエロー、HSVが10人になってしまう大ピンチ。

それから試合は動かず、逆にヴォルフスブルクがケルンに2点をリードした状態で入ったロスタイム、HSVのゴール裏から発煙筒が投げ込まれ試合は中断。騎馬隊まで出る騒ぎになったが、それで何かが変わるはずもなく16分が経った後に再開したがすぐにタイムアップ。HSVが2-1で勝利をしたがクラブ史上初めての2部降格となった。

試合後、挨拶に行った選手たちにはサポーターから暖かい声援が送られ、酒井や伊藤の目には涙。来期は既に酒井はチームに残留する事を明言しているが、伊藤には1部からオファーが来るかもしれない。が、今はベンチでくすぶるよりもレギュラーで出続けて経験を積むことが大事であり、ティッツ監督も続投を表明しているので、個人的にはHSVに残ったほうが良いと思う。

まあ、伊藤の場合はこのインタビューを見ても若干二十歳とは思えないほど受け答えがしっかりしているので、どんな進路を取っても心配は無さそうだけどね。ロシアW杯は乾や宇佐美、中島を差し置いての選出は難しいと思うが、東京五輪では間違いなくエースに据えられるべき選手だと思うので、このまま順調に育って欲しいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「デュッセルドルフで宇佐美がベンチ外になった理由が見えた試合」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-フランクフルト

一時は降格圏にまで沈んでいたが、年末からはビッグクラブが注目するFWル...

記事を読む

「整わないダーク長谷部、ナーゲルスマン監督に負け惜しみを吐かせる勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 フランクフルト-ホッフェンハイム

現在6位のフランクフルトは、勝ち点3差で8位に付けているホッフェンハイ...

記事を読む

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いている...

記事を読む

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノ...

記事を読む

新着記事

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシー...

記事を読む

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同...

記事を読む

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑