「セレッソの苦戦は、ユン・ジョンファン監督の融通の無さゆえなのか」J1第5節 セレッソ大阪-湘南ベルマーレ

スポンサードリンク

昨日はとある発表会があって、夜はワインを飲んで酔っ払った状態での観戦だったので簡単に。

今シーズンは確実に優勝争いに加わるかと思われたのだが、開幕から3分1敗と完全にスタートダッシュを失敗してしまったセレッソ。

その理由は、ACLを並行して戦っているための疲労やターンオーバーがうまく機能していない事もあるが、Jリーグではユン・ジョンファン監督の戦術が研究されている事も大きいと思っている。

この試合ではセレッソのフォーメーションは4-4-2、湘南は5-4-1の形で、湘南はセレッソの中盤に対してほぼきっちりと同数で抑える形になっていた。こういう場合、ボランチの1人が降りて3バックのようになり、高めに上がったSBを使ってビルドアップするのが定石なのだが、なぜかセレッソは頑なにそれをやらない。

そうやって攻めあぐねるセレッソに対し、湘南の攻撃は単純明快で、前線に素早くボールを当ててから3人ぐらいでパスを繋いで攻め切ってしまう。これは今回もセレッソは苦労するだろうなと思っていたら、前半13分にGKからサクッとヤン・ドンヒョンが抜け出しセレッソ先制。しかし湘南もダイレクトでパスを繋ぐ得意の形から、36分に岡本が決めて同点。

後半は序盤に松田のクロスから柿谷のシュートというチャンスはあったが、その後はボールを保持しながらも攻め切れない展開が続き、後半も25分を過ぎると全体的に運動量が落ちてしまい、すっかり試合は膠着状態に。

しかし、後半31分に交代で入った代表帰りの杉本がチームを救う。41分にロングボールを右サイドで受けてマークをスルッと抜け出すと、そのままPA内までドリブルで持ち込み角度のないところからシュート、これがファーサイドにあっさり決まってセレッソ逆転、そのまま2-1で試合終了。

セレッソはリーグ戦初勝利だが、シュート数の割には少なかった決定機をモノにしたという感じで、何か大きな光明が見えたという様子ではない。山口とボランチコンビを組んだ新加入のオスマルが無難にこなしてくれたので、ここからブレイクすれば流れが変わるかもね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシー...

記事を読む

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同...

記事を読む

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑