「大迫が活きて活かされる、頼もしい相棒が帰って来たケルン」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 ライプツィヒ-ケルン

スポンサードリンク

2018年は新加入のテロッデの活躍もあって連勝スタートを切ったものの、肺炎から復帰した大迫の調子が上がらないのもあって、ここ4試合は2分2敗とまた最下位に沈んでいるケルンだったが、何と今節はチャンピオンズリーグ争いをしている上位のライプツィヒにアウェイで勝利という大金星。大迫もしっかり存在感を出したという事らしいので、まずはその試合を見てみた。

ライプツィヒのフォーメーションは4-3-3で、ケルンはテロッデ1トップに大迫とヘクターが2列目に並んだ3-4-2-1だが、大迫はウイングではなくシャドー的な位置取りで、前線の3人がワイドじゃなく中央に固まった布陣になっている。

試合開始5分にいきなりスコアが動く。ライプツィヒの右サイドからのクロスにルックマンが合わせ、シュートはゴールポストに当たって跳ね返ったが、オーギュスタンがそれを押し込みホームのライプツィヒが幸先よく先制点をゲットする。ケルンも9分に大迫のクロスからテロッデがヘディングを放つもライプツィヒGKグラーチがファインセーブ。

その後はライプツィヒがボールを支配してケルンが粘り強く守るという時間帯が続くが、前半の終わりごろになってようやく大迫に縦パスが入るようになり、ポストプレイからの展開でケルンが盛り返し始めると、44分にはCKをニアで飛んだ大迫がヘッドで流し、中にいたメレが押し込んだがオフサイドの判定、ライプツィヒが1点をリードして前半を折り返す。

後半になると逆にケルンがボールを保持するようになり、大迫も確実なポストプレイでリズムを作るのだが、サイドチェンジのキックが弱くて2度ほど相手にパスカットされるなど完全な本調子では無い様子。しかし後半16分、大怪我から復帰したビッテンコートが左WBに投入されると、早速ドリブルでライプツィヒの守備を引き付け、それで出来た右サイドのスペースを使ってリッセがオーバーラップと、ケルンの攻撃が一気にスピードアップする。

まず後半22分には大迫がパスを繋いでからのクロスにビッテンコートがシュート、そのボールはファーに流れてしまったが、後半24分には大迫のポストからヘクターが右へ展開、リッセのクロスからカンプルがクリアしたボールを拾ったコジエロが、見事なミドルシュートを決めてケルンが同点に追いつく。

これで勢いに乗ったケルンはさらに後半31分、右サイドでの大迫の飛び出しからレッセがサイドを突破、クロスの折り返しをビッテンコート合わせてケルンがとうとう逆転に成功する。しかしその直後の34分、大迫が抜け出したところで相手にタックルを食らい、おそらくモモカンになったのだと思うが交代してしまう。

その後は当然ながらライプツィヒが攻める展開になるのだが、決定的になりそうなところでミスになったりでゴールを決めきれず、結局試合は1-2のままケルンが逃げ切りで勝利。ライプツィヒは今季初の連敗、ケルンはまだ最下位ながら勝ち点でハンブルガーSVと並ぶ17まで盛り返した。

とは言え、プレーオフ圏のマインツとはまだ勝ち点で7の差があり、大迫も酒井高徳も2部落ちになる可能性は高いままである。ライプツィヒの撃破とビッテンコートの復帰、大迫の復調という好材料でこれからどれだけ快進撃を決められるか。まだまだ目が離せない。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ2部編)

ブンデスリーガ2部 ドイツ2部は、何と言っても昨年降格して今年は再昇...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ1部編)

ブンデスリーガ1部 U-20W杯の試合もあって飛び飛びのアップになっ...

記事を読む

「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはE...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

新着記事

「日本の土俵に上がってくれたスコットランドの”優しさ”を活かせるか」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-スコットランド

初戦は”格下”アルゼンチンに守り切られてまさかのドロー発進になってしま...

記事を読む

久保建英の行き先は、バルサではなく不倶戴天の敵レアル!

「マドリーが“日本の真珠”久保建英をバルサから奪う」とスペイン紙が報道...

記事を読む

「へっぴり腰の日本、失点してからちょっとだけ火がついてPK戦勝ち抜け」トゥーロン国際大会 準決勝 日本-メキシコ

トゥーロン国際大会の準決勝、日本の相手はグループCを2位で通過したメキ...

記事を読む

久保建英は小野というよりも中田の再来かもしれない

昨日は図らずも仕事が遅くなってしまったので、試合を何かまるまる見るのは...

記事を読む

「若い世代が空回り、横綱相撲で勝てる時代はとっくに終わっている」フランス・女子ワールドカップ グループH 日本-アルゼンチン

フランス女子ワールドカップが開幕、なでしこジャパンの初戦はアルゼンチン...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「日本の土俵に上がってくれたスコットランドの”優しさ”を活かせるか」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-スコットランド

初戦は”格下”アルゼンチンに守り切られてまさかのドロー発進になってしま...

久保建英の行き先は、バルサではなく不倶戴天の敵レアル!

「マドリーが“日本の真珠”久保建英をバルサから奪う」とスペイン紙が報道...

「へっぴり腰の日本、失点してからちょっとだけ火がついてPK戦勝ち抜け」トゥーロン国際大会 準決勝 日本-メキシコ

トゥーロン国際大会の準決勝、日本の相手はグループCを2位で通過したメキ...

久保建英は小野というよりも中田の再来かもしれない

昨日は図らずも仕事が遅くなってしまったので、試合を何かまるまる見るのは...

「若い世代が空回り、横綱相撲で勝てる時代はとっくに終わっている」フランス・女子ワールドカップ グループH 日本-アルゼンチン

フランス女子ワールドカップが開幕、なでしこジャパンの初戦はアルゼンチン...

→もっと見る

PAGE TOP ↑