「優勝候補をPK戦まで追い込んだ、その運をつかみ取れなかったのが残念」U-17ワールドカップ ベスト16 日本-イングランド

スポンサードリンク

正直言って、試合前の予想通りにイングランドと日本では力の差はあったと思う。ピンチの数だけで言えば、日本は前半の内に2点を取られてもおかしくない展開だった。が、それだけにPK戦まで持ち込めたラッキーをモノに出来なかった事は残念だった。

日本は個人で相手のボールを奪う能力に欠け、特にボランチのところで止められずいいようにボールを繋がれ、4バックの横に出来るスペースを使われて、イングランドFWブリュースターやカラム・ハドソン=オドイのスピードに何度もぶっ千切られ、ラインがずるずる下がってしまうので前線が孤立、1トップ気味の宮代は全くボールに絡めずと、相手にやりたい放題される始末。

それでも何とか相手の決定力不足と、最後のところでギリギリ体を張る守備で日本が耐えていくうち、後半25分頃になってようやくイングランドの運動量が落ちてプレッシャーが弱まり、そこからは日本が持ち前の技術を活かして素早くパスを回し、サイドで基点を作って久保らがゴールに迫ったが、何度か放ったミドルシュートやCKのチャンスをものに出来ず、結局90分でどちらにも得点が入らずPK戦。

日本のGK谷は、1度セーブするチャンスはあったが脇の下を通されてイングランドに5本とも決められてしまったのに対し、日本は3番目のキッカー喜田が甘いコースに蹴ってしまってセーブされ、何故か日本は技術の高い平川、久保が1度もキッカーを務める事が無いまま試合終了。決勝行きを期待された日本は、久保、平川、中村らのタレントが力を出しきれず、ベスト16で敗退する事になってしまった。

やはり大会初戦のホンジュラス戦で危惧していたように、FWの強さとボランチの守備力、SBの身体能力という日本の弱点は大会中で劇的に改善されるはずも無く、フィジカルプレッシャーを受けると日本は本来の技術が出せなくなるという、日本サッカーが長年抱え続けている宿題は、タレントぞろいのU-17代表でさえも覆す事が出来なかったのは残念である。

ゾーン・ディフェンスのポジショニングやビルドアップ、パススピードとトラップといった現代サッカーで必要な基本スキルは出来上がりつつあるが、やはりそれだけでは世界トップレベルには通用しない。ポジショニングがマシになった分、今までひたすら右往左往する守備しか出来なかった事に比べるとそれなりに見られる試合が出来るようにはなったが、これでやっとスタートラインに立てたかというところだ。

これからはいかに個人でボールを奪い切るか、相手のプレッシャーがある中で正確にボールを扱えるかという対人スキルの部分をどうやって向上させるかが、日本の育成にとって問われる部分になるだろう。この悔しさを活かして、彼らには是非とも東京五輪のメンバーに食い込んでもらい、リベンジしてもらいたいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/10/18 | ユース代表

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑