「色気を出し始めると、敵味方どちらも危険な吉田麻也」イングランド・プレミアリーグ第3節 ハダースフィールド-サウサンプトン

スポンサードリンク

開幕から2連勝とロケットスタートを決めたハダースフィールドには、明日対戦するオーストラリア代表のムーイがいると言う事で、昨日は吉田がいるサウサンプトンとの試合を見てみた。

サウサンプトンも一応は2試合で1勝1分で来ているのだが、前半の内容は完全にハダースフィールドが上回った。ハダースフィールドは4-4-1-1のフォーメーションで、とにかく前線の選手へのマークが素早く、サウサンプトンはほとんど縦にボールを入れる事ができず、攻撃をほとんど組み立てられなかった。

サウサンプトンはボールを持っても3人目の動きがなく、ボールホルダーとそばにいる選手のアイコンタクトだけでパスを繋げているような状況で、それも時々お見合いでタイミングが合わなかったりと終始ギクシャク。途中からトップ下のデイヴィスがボランチに降りてゲームメイクしていたが、そんなにパスセンスがあるわけでない彼がその役目をしているだけでお察しな状況。

前半36分にはサイドチェンジのミスからスローインを繋げられてミドルを打たれるがGKフォースターがギリギリセーブをするなど、サウサンプトンも何度か守備を崩されながらも吉田ら守備陣が最後の部分でかろうじて跳ね返し得点を許さない。

後半になると、サウサンプトンもようやく攻撃に縦へのスピードが見られるようになるが、サイドを突破しても両SBがほとんど上がって来ないのでなかなか攻撃に厚みを作れない。が、後半35分を過ぎるとハダースフィールドの足がピタリと止まり、そこからサウサンプトンの猛攻がスタート。

39分には相手のカウンターをウォード・プラウズが途中でカットしてゴール正面からシュートもGKに阻まれ、42分には吉田がドリブルで持ち上がり、ボールを預けてゴール前に飛び出してクロスに合わせるも足に当てそこねてファーに外れる超決定機。ロスタイムにもタッチライン際からのクロスをバートランドがフリーでヘディングするも、ボールがジャストミートせずDFがクリアと、数々の大チャンスを物に出来ず、まさに痛み分けのスコアレスドローで終了した。

ムーイはかつて中村俊輔とチームメイトだったハートソンを思わせる、フィジカルと運動量を兼ね備えたファイターで、展開力は無いがポジショニングは上手い。代表にとっては、彼のファーストプレスをいかに掻い潜れるかが重要になりそう。

吉田については、ヒーローになり損ねた攻め上がりはあったが、逆に自陣で単独で前に出たりボールキープした時にボールを奪われてピンチを招くなど、色気を出すととたんにプレイが不安定になっているのが気になった。イラク戦でやらかしているだけに、オーストラリア戦では安全第一でプレイしてもらいたいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「ベトナム、中国の赤い旋風が吹き荒れる?」アジアカップ準々決勝の展望

残念ながら日本戦はしょっぱい内容と結果ばかりで残念だけど、アジアカップ...

記事を読む

「サウジ相手にボールポゼッション率が23.8%のサンドバッグ、見たかこれが”ジャパンズウェイ”だ!」アジアカップ ベスト16 日本-サウジアラビア

中3日で迎えた決勝トーナメント1回戦。日本の先発は、GK権田、DF長友...

記事を読む

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「まざまざと見せつけられた鎌田との立ち位置、関根はゼロから積み上げるしか無い」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-ゲンク

今週からウィンターブレイクとなったベルギーリーグ、シント・トロイデンは...

記事を読む

「前がかりになって、カウンターとセットプレイで沈むのは日本だけでは無かった」アジアカップ グループE サウジアラビア-カタール

次の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるチームがサウジに決まったので、...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑