「レスターとブライトンの差は、”岡崎の有無”にあるとも言える」イングランド・プレミアリーグ第2節 レスター・シティ-ブライトン

スポンサードリンク

シーズンの初戦は残念ながらアーセナルに逆転負けを食らってしまったレスター。しかし昇格組のブライトンをホームに迎えた第2節は、シュート数15対4で2-0と内容も結果も完勝、格の差を見せつける試合になった。

ブライトンのフォーメーションはレスターと同じ4-4-1-1で、やってるサッカーも低めの位置にゾーンを組んでカウンター習いと全く同じスタイルなのだが、両チームのクォリティを分ける最も大きなポイントは「カウンターに対する自信」だと言える。

レスターの場合、自分たちがボールを持っている時よりも、守備をしている時のほうが自信に満ち溢れいていて、とにかくボールを奪ったら岡崎やヴァーディのどちらかが必ずポストを受けに来て、マフレズとオルブライトンは躊躇なくサイドを駆け上がって中盤からまたパスを受ける、そういう一連の流れが完成されていて全く迷いが無い。

開始1分に岡崎が決めたゴールも、カウンターからヴァーディがボールを落とし、マフレズがドリブルと切り返しからシュート、GKが弾いたボールを岡崎が押し込んだもので、ごっつぁんゴールではあるけども攻撃の流れが全く切れない形での得点であり、この得点だけを見ても、どこかに判断やプレイのミスが出てカウンターで攻め切れないブライトンとは大きな差があったと言える。

そしてもう1つのポイントは、岡崎のように前線からハードワークする選手がブライトンに欠けている事。岡崎やかつてのカンテのように、1人で2人分の働きをしてセルフ数的優位を作り出す選手がいないと、単に4-4-2のゾーンを組むだけではそう簡単にカウンターをさせてくれないのがプレミアリーグである。ブライトンは原口の獲得に動いたものの移籍金の問題で交渉は進んでない模様だが、彼のようなハードワーク出来る選手こそが必要だと思うんだけどねえ。

岡崎は、先制ゴールを挙げた後も、16分に岡崎のプレスでボールを奪ってチャンスを作り、40分にもヴァーディのクロスに合わせたもののシュートは枠外と見せ場を作り、最後はさすがに疲れは見えたが、いつもより長めの76分で観客からスタンディングオベーションを受けながらスリマニと交代。

岡崎が下がるとやられっぱなしになるのがレスターの弱点だが、この試合ではスリマニが1トップでヴァーディが岡崎の位置に入って、相手も相手だがいつもよりは安定した試合運びになっていた。ヴァーディの負担は重くなるけど、これからはこのパターンが多くなりそうな感じである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「吉田の場合、”肉を切らせて骨を断つ”はたまたまに思えてしまう」イングランド・プレミアリーグ第30節 サウサンプトン-トットナム・ホットスパー

今期のサウサンプトンは、チャンピオンズリーグではドルトムントを破り、現...

記事を読む

「吉田は何度かやらかしながらもクリーンシート、この運を次に繋げられるか」イングランド・プレミアリーグ第28節 サウサンプトン-フラム

今節は、18位のサウサンプトンと19位のフラムという降格圏同士の裏天王...

記事を読む

「森保ジャパンのカタール戦と同じ、エメリ監督の戦術的な自滅」イングランド・プレミアリーグ第25節 マンチェスター・シティ-アーセナル

現在、リバプールが首位に立っているイングランド・プレミアリーグ。先...

記事を読む

「戦術よりも執念、グアルディオラが今期初めてクロップに土を付ける」イングランド・プレミアリーグ第21節 マンチェスター・シティ-リバプール

リーグ戦はここまで無敗、前節はアーセナルを5-1で粉砕して首位を快走し...

記事を読む

「ますます長谷部化が進む吉田、今度はアウェイでチェルシーを完封する」イングランド・プレミアリーグ第21節 チェルシー-サウサンプトン

相変わらず年末年始は過密スケジュールのプレミアリーグ。1月2日に行われ...

記事を読む

新着記事

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシー...

記事を読む

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同...

記事を読む

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑