「トゥヘル時代を象徴するバカ試合で、チャンピオンズリーグのストレートイン確定」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ボルシア・ドルトムント-ブレーメン

スポンサードリンク

最終節のホーム戦で、8位のブレーメンに勝てばチャンピオンズリーグのストレートインが確定するという、ドルトムントにとってはイージーなミッションのはずだったが、相手に3点を奪われて逆転され、2つのPKで何とか再逆転勝利をするというバカ試合になってしまった。

ドルトムントのフォーメーションは、相も変わらずトゥヘル監督お好みの3-1-4-2で、香川はデンベレと並んでインサイドハーフとして出場、ブレーメンも同じ3-1-4-2だがこちらは5バック気味に固く守ってカウンター狙い。

いつも通りドルトムントの3バックはカウンターとクロスに対して脆弱で、前半6分にサイドをスルッと破られてのクロスに合わせたシュートはビュルキがセーブ、そのこぼれ球を押し込まれたボールもまたビュルキが防いだものの、ゴールラインを割ったと判定され、ブレーメンに先制点を許してしまう。

その後は、前半の32分に香川のスルーパスでオフサイド気味だったがロイスが抜け出し同点に追いつくと、42分には香川が相手の逆を取るターンでデンベレにパス、ライン裏に浮かしたパスをオーバメヤンが振り向きざまにボレーを決めてドルトムントが前半のうちに逆転する。

しかし後半もドルトムントのスカスカぶりは変わらず、後半開始直後にガルシアがサイドをドリブル突破、中に走り込んだバルテルスもフリーで簡単にクロスからのシュートを決められると、22分にはまたもカウンターから抜け出したクルーゼに浮き球のシュートを決められ再逆転を許してしまう。

さすがにここから挽回するのは厳しいかと思われたのだが、幸運な事に(?)この試合は審判のアシストがあった。30分に左サイドからのパスをPA内で受けたロイスが背後から倒され1つ目のPK、試合終了間際の44分には中央に飛び込んだプリシッチがドリブルで切れ込み、微妙な判定だったがバルクフレーデが足をかけたと判定され、オーバメヤンが得点王がかかったPKを決め試合終了。

終わってみればチャンピオンズリーグのストレートイン、オーバメヤンは31点でリーグの得点王と、結果だけを見れば万々歳の試合ではあったのだが、ロングボールのカウンターとクロスに弱いレッテルを知らしめるような、お寒い中身の最終節だったかなと。トゥヘル監督は今期で退任が噂されているが、香川の扱い云々だけではは無く、今期以上の結果を求めるなら退任はやむを得ないかなという気はする。

香川は後半のミドルシュートは外したものの、アシストを含む最初の2点に絡む好調ぶりを見せて勝利に貢献。来期はザル3バックのインサイドハーフではなく、コンパクトで強固な守備が後ろにいるトップ下としてのプレイが見たいところだね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィッ...

記事を読む

「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとその...

記事を読む

「やっぱり今のバイエルンには、あの人の”整い力”が欠けている」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 バイエルン・ミュンヘン-デュッセルドルフ

昨日は、宇佐美にとっては先発での古巣対決となったバイエルン・ミュンヘン...

記事を読む

「あまりにも潔すぎる長谷部の”見切り”、半年前にいったい何があったのだろうか?」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 アウクスブルク-フランクフルト

昨日は2ヶ月に1度の恒例イベントがあり、酔いと疲れで半分寝ながらの観戦...

記事を読む

「守備に専念する酒井高徳は世界レベル? 果たして日本代表復帰は現実となるのか」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第13節 エルツゲビルゲ・アウエ-ハンブルガーSV

第9節の後でティッツ監督が解任され、ヴォルフ監督が就任してからは3連勝...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑