「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

スポンサードリンク

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分かっている試合をわざわざ見る事はしないんだけど、昨日はこれ以外に選択肢が無かったので、レスターがチェルシーに0-3で完敗した試合を選んでみた。

最近の流行をラニエリ監督もキャッチアップしたのか(笑)、レスターのフォーメーションは3-1-4-2の5バック。とは言え、3バックの左がSBで高さのないフクスで、左WBが若手のチルウェル、アンカーが初先発のエンディディと狙いが良く分からない選手起用。

実際に試合が始まってみても、エンディディはしょっちゅうCBに吸収されて4バックのようになり、チルウェルとオルブライトンのWBも下がって6バックになったりする場面も多く、序盤こそPA内に攻め入る場面はあったものの、その後はムサが消えてヴァーディが孤立し、ひたすら守るだけの展開に終始。

ところが前半の6分に、案の定エンディディがDFラインに入るのかバイタルをカバーするのかポジショニングで迷ったところにクロスを入れられ、競り合った混戦からマルコス・アロンソに押し込まれてチェルシーが先制、専守防衛のレスターのゲームプランはあっという間に崩壊する。

ただチェルシーの方も1点を取ってからは攻撃がパッとしない。1トップでスタメンを張っていたジエゴ・コスタがコーチと対立したという噂でベンチ外、3トップはアザール、ペドロ、ウィリアンというメンバーだったが、5~6バックで守り倒すレスターの前に前線でなかなか基点が作れず、遅攻からサイドに展開してはクロスを跳ね返されるというループ状態。

そんな悪い状態のがっぷり四つが動いたのは後半6分。右サイドのFKからこぼれたボールをマルコス・アロンソがシュート、コースはGK正面へと飛んだが間に入ったモーガンの足に当たってコースが変わり、GKシュマイケルもさすがに反応できずチェルシーが2点目。

レスターは後半15分に岡崎を投入して4-3-3にフォーメーションを変更するが、逆に4バックがボールサイドに寄った反対のスペースを使われる機会が多くなり、26分にワンツーから右サイドを抜け出したウィリアンのクロスがシュマイケルに当たって浮いたボールをペドロに押し込まれて3点目。これで完全に勝負は決まってしまった。

ラニエリ監督は3バックの採用に手応えを感じていたようだが、3バックの前のアンカーという難しい役割を与えられたエンディディのプレイはぶっちゃけ「そこに漂っていた」だけだし、それだけ人数をかければジエゴ・コスタが居ないチェルシーならそこそこ守れるのは当たり前。4-3-3もとりあえず攻めることは出来たがサイドの守備がおろそかになったし、結局攻守のバランスは最後まで取れていなかった。レスターにとっては残念ながら、”ティンカーマン”・ラニエリの迷走はまだまだ続きそうである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「ギグスとベッカム、ファーガソン第1次黄金期を作った攻撃の万能性」1998-99シーズン イングランド・プレミアリーグ最終節 マンチェスター・ユナイテッド-トットナム・ホットスパー

首位のマンUが2位のアーセナルに対して勝ち点1、得失点差も1という状況...

記事を読む

「ユナイテッドの歴史的ターニングポイントは、エヴァンスの退場から始まった?」2011-2012シーズン イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-マンチェスター・シティ

残念ながら、土曜日に行われる予定だった松本山雅の親善試合が中止となって...

記事を読む

「南野はフィルミーノではない、ならばこれからどうするべきか」FAカップ5回戦 チェルシー-リバプール

前節はあまり良いところが無く、下位のワトフォードに0-3で敗れ、今シー...

記事を読む

「南野は10分間の出場で絶好機を外すが、着実に歩みは進めている」イングランド・プレミアリーグ第25節 リバプール-サウサンプトン

昨日はとある事情で24枚の書類に署名をして複数のハンコを押しまくる仕事...

記事を読む

「香川の轍を踏まずに、南野が筋肉を増やす事は可能なのだろうか」FAカップ 4回戦  シュルーズベリー・タウン-リバプール

絶賛過密日程中のリバプールは、リーグのウルブズ戦から全員メンバーを交代...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑